うつし世は夢、夜の夢こそまこと

タグ:Matteo Sabattini ( 2 ) タグの人気記事

Matteo Sabattini / Metamorpho / Fresh Sound New Talent

d0157552_145424.jpgMatteo Sabattini / Metamorpho / Fresh Sound New Talent

Matteo Sabattini (as)  Chris Potter (ts) 4
Mike Moreno (g)
Aaron Parks (p)
Matt Clohesy (b)
Obed Calvaire (ds)
リリース:2012.7.21



米国の建築家、フランク・ロイド・ライトは、

『 すぐれた建築家の建築は、その時代を代弁する 』

みたいなことを言っていましたが、ニューヨーク、ブルックリンを中心にリリースされる、
アルバムでよく聴こえてくる調和感あるアンニュイさは時代の空気感なのかな?




マッテオ・サバティーニの今年7月にリリースされた新譜。昨年リリースしたFSNT「Dawning」はマイク・モレノ、ラーゲ・ルンドに注目し仕入れましたが、今回は、アーロン・パークスとマイク・モレノが参加で購入。 前回リンクした、MSNYQユニットでのパッケージとなるようです。


1曲目から『今』を感じさせるリズム、コンポジションの「 Like A Butterfly 」。「 Dawning 」の「 Dawning 」と似てる感覚。フロントの調和感が際立つ「Tears Inside」なども旬なスタイルで変拍子や奥へと展開し燃焼していくダークなコンポジとション。サバティーニのソロ終わりから展開するアーロン・パークス、マイク・モレノソロの抑制された温度感は絶品。タイトに決まるオベド・カルヴェールもカッコいい。モレノソロにゆるーくあわせてくるサバティーニの協調性も絶妙。
3曲目の「Invisible Shield」」は、どこからともなく漂うアルトとモレノの浮遊感の相性が良い感じ。アルバムタイトル曲の「Metamorpho」はyoutubeにアップされていたライブ演奏はチープな印象でしたが、今回クリス・ポッターが入り、ハーモニーに厚みが出てます。アーロンの醒めた音からモレノ、サバティーニのユニゾンはライブ盤より数倍良い演奏。後半のテンション上がっていくパートはクリス・ポッターも入り熱めなソロ、安定感、巧さでクリス・ポッター。スタンダード「 Body&Soul 」はサバティーニのアレンジ。ミステリアスでわりとストレートな演奏。
「 Fooling The Mirror 」アコギのモレノとのデュオ。9曲目「 Dreaming Loud 」はアーロン、モレノソロがじっくり聴ける演奏。わりとオーソドックスなコンポジション。ラスト「 Qq 」はゆったりしたアンニュイさが空間を満たしますw

前作は聴きやすいテーマとオベド・カルヴェール(カナ?)のテンション、ランダルのストレートなプレイが印象的でしたが、本盤は前作に残っていた「 Sons Of A Mitch 」 などのハードバップ色が一層うすくなり、サバティーニ、モレノとアーロンのユニゾンやハーモニーの綾が際立つ仕上がり。アーロンのバッキングは魅力的で"補間"する音が堪んない感じ。



サバティーニのコンセプトなのかMSNYQの方向性なのかわかりませんが、"和"を無視したエネルギッシュで全速力で駆け抜けるようなトラックが1つ、2つあってもいいと思うけど、そんな空気はながれてないのか?
そぉーいうのは他にあるでしょ的な感じw


フランク・ロイド・ライトは『一流の暖炉を造れてこそ、一流の建築家』とも言っていました。
リビングの定番(米)。家族が集まる場所。火を操るヒトの根源的な所作。日本では囲炉裏・・・

たまには、彼らがつくる一流の暖炉も聴いてみたい。




演奏曲
1. Like A Butterfly
2. Tears Inside
3. Invisible Shield
4. Metamorpho
5. Painted Hills
6. Body&Soul
7. Yuna
8. Fooling The Mirror
9. Dreaming Loud
10. Qq



d0157552_133846.jpg

[PR]
by kuramae2010 | 2012-08-06 22:18 | jazz | Comments(0)

Matteo Sabattini / Dawning / Fresh Sound New Talent

d0157552_1592588.jpgMatteo Sabattini / Dawning / Fresh Sound New Talent

Matteo Sabattini (as)
Mike Moreno (g)    Lage Lund (g) 7
Kristjan Randalu (p)
Matt Clohesy (b)
Obed Calvaire (ds)
リリース:2011.1




マッテオ・サバティーニというイタめし屋っぽい名前のアルト奏者のリーダー盤。
ギターでマイク・モレノ、ラーゲ・ルンドが参加。


ファースト・インプレッション
1曲目はイタリアのブルーノ・マルティーノの「 Estate 」。クリスティアン・ランダルのミステリアスなピアノとマッテオ・サバティーニの内省感漂うフレージングが印象的。途中、リズムがガラッと変わり、モレノのソロ。音量も大きく弾むいいプレイ。モレノのソロをオベド・カルヴェール(カナ?)が独特なバスドラでプッシュ。原曲の良さをストレートに活かしつつもベースとピアノが連携したアプローチ、全体的なトーンは今どきなサウンド。ピアノのクリスティアン・ランダルはパトリック・コーネリアス主宰のTransatlantic Collective / Traveling Song でもいいプレイしていました。

アルバムタイトル曲「Dawning 」はサバティーニとモレノのハーモニーがしなやかで美しい。ベースのマット・クローシーと連携したランダルのバッキングも今ドキ感バリバリ。最初のソロはマイク・モレノ、なんともヌケた音で1曲目同様いいプレイ。この盤のモレノは良い!サバティーニのソロ、、、中体温感でぬるい仄暖かさ加減で。カルヴェールの手数がハンパない。バスドラがジャズっぽくない感じで独特なグルーヴ感。

3曲目「Prism 」は聴きやすいメロディでサバティーニのハスキーなブロウが決まる。・・・どっかで聴いたようなテーマではあります。7分以降から緩急ある展開、ランデルとサバティーニ、モレノのユニゾン、10分以降からのモレノのソロにカルヴェールの猛烈なプッシュは聴き応えあり。ドラムに応じるモレノ、一瞬カート・ローゼンウィンケルっぽい感も受けますが、カッコいい演奏なのでイイです。同時代の若手がリスペする影響度があるということで。。。地味な美メロの「My Journey」、何気なく憂いがあるいいテーマ。熱いサバティーニ、カルヴェールvs沈静感あるランデルの対比が面白い。モレノのクールなアーティキュレーション!速くて滑らかで活き活きしている。カルヴェール、ここでも激しく絡むw

6曲目は唯一、オーソドックスなハード・バップ「Sons Of A Mitch」。ラーゲ・ルンド参加の「The Quiet Before Sunrise 」1曲目にも同じようなシンセっぽい広がりあるを使ったパートがあったので登場しているのかもしれません。ラーゲ・ルンド、ソロ、これまで聴いた音源ではメカニカルなフレージングで今イチ引き込まれ感が薄目。この曲、この盤では1分程のソロ。一瞬なめらかで歌う速いフレーズを披露。ラスト曲「The Nearness Of You 」ベースとピアノがリンクして進んでいく、この盤で頻繁に取り組んでいるアレンジ。この曲だけではないですが、サバティーニのアルトはソプラノっぽく高域が澄んだ音色。


マッテオ・サバティーニは陰影感ある音ですが、存在感は若干希薄。コンポーザーの比重が高いのでしょうか。ランデル、モレノのよく歌うプレイが聴けるアルバム。昨年ぐらいから自身のユニット、MSNYQはメンバーにアーロン・パークスを迎えニューヨーク、イタリアでライブをやっているようです。


演奏曲
1. Estate (Bruno Martino)
2. Dawning
3. Prism
4. My Journey
5. Distensions
6. Sons Of A Mitch
7. The Quiet Before Sunrise
8. The Nearness Of You ( Hoagy Carmichael)

All compositions by Matteo Sabattini








MSNYQ - Metamorpho Teatro Eden, Treviso Italy 2011
matteo sabattini, alto sax
mike moreno, guitar
aaron parks, piano
matt clohesy, bass
obed calvaire, drums


サバティーニのテーマ、ソロが終わって、マイク・モレノ、アーロン・パークスに移るとガラッとかわる。
※音質が悪いですが、CDではここまでチープなサックスではありませんw
[PR]
by kuramae2010 | 2012-04-17 01:36 | jazz | Comments(3)