うつし世は夢、夜の夢こそまこと

タグ:James Muller ( 1 ) タグの人気記事

Linda Oh / Sun Pictures / Greenleaf Music

d0157552_033452.jpgLinda Oh / Sun Pictures / Greenleaf Music
Ben Wendel (ts)
James Muller (g)
Linda Oh (b)
Ted Poor (ds)
リリース:2013.8.27





Linda Ohのリーダー盤。どっかで聴いたことあるような、ないような"匂い"
かなり必死(笑)に思い起こそうとしてるんですが、いろんな名前が浮かんでは消えるという。
Ben AllisonとかKurt Rosenwinkel、Mary halvorson.....でも、凡庸じゃないセンスでなんとも言えない魅力がある盤。そして、ベーシストらしいリーダー盤でもあります。昨今Linda Ohはブルックリンでとても人気があるらしくライヴや参加盤も多数。

Linda Oh参加盤で記憶にあるのが、Pascal Le Boeuf のPascal's Triangle / Nineteen Eight Recordsです。
この盤、これまで入手しなかった理由が参加メンバーのBen WendelとTed Poor。。。

イチオシの演奏は「Polyphonic HMI」。Linda Ohを起点にTed Poorとテンポがガンガン変わってテンションが張ったり緩んだりする感覚が新鮮。James Mullerがインパクトあり!サックスソロのバッキングがとんでもなくカッコいい。「Footfall」や「Yoda」でもMullerが出すニュアンスというかアーティキュレーションが抜群で存在感がすごい。Wendelのソロはなんとなしに同じようなオチに感じるのは気のせいかな。
「Blue Over Gold」曲入りのリフがメチャカッコいい展開。ここでもMullerの速いソロは聴き応えあり。

どの演奏も曲・演奏アタマのアイデアが斬れてるOh嬢。
シーンをざくっと切り取ってきたような感覚。どの曲もリズムが潜航しているところが、やはりベーシストのリーダー盤。この切り口が新鮮で癖になる要因。



演奏曲
1. Shutterspeed Dreams
2. Polyphonic HMI
3. Footfall
4. Blue Over Gold
5. Yoda
6. Terminal 3
7. 10 Minutes Till Closing


クレジットに録音場所がコロンビア大学?らしいです。マスタリングにNate Wood!です。


d0157552_0331249.jpg

[PR]
by kuramae2010 | 2014-08-18 00:47 | jazz | Comments(0)