人気ブログランキング |

うつし世は夢、夜の夢こそまこと

<   2014年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Ron Affif / 52nd Street / Pablo

d0157552_236398.jpgRon Affif / 52nd Street / Pablo
Ron Affif (g)
Essiet Essiet (b)
Jeff "Tain" Watts (ds)

リリース:1996




Quentin Angus、Francesco Cataldoと、本日聴いたなかで印象的だったのが、
1965年生まれブルックリン在住のギタリストRon Affifの1996年盤。父はプロボクサー、母はレバノン出身。Ron AffifはJoe Passに師事。

1曲目の「Bohemia After Dark」から明快なピッキングに、速いパッセージで音の輪郭を太めに彫り込んでいくギタリスト。ギタートリオの王道のような演奏。
タイトなドラミングでグルーヴさせるJeff "Tain" Wattsもカッコいい。

スタイルは全演奏50年代を彷彿とさせるオーソドックスで懐かしい香り。。小気味いい4ビートに骨太な太さ。
Eric's Zinc Bar Bluesのみオリジナル。ですが、路線は変わりません。


演奏曲
1. Bohemia After Dark
2. Stompin' at the Savoy
3. Moonray
4. Nightingale Sang in Berkeley Square, A
5. I'll Be Seeing You
6. Yardbird Suite
7. You Don't Know What Love Is
8. Steeplechase
9. Tadd's Delight
10. Eric's Zinc Bar Blues


d0157552_236193.jpg

by kuramae2010 | 2014-09-24 23:12 | jazz | Comments(0)

Francesco Cataldo / Spaces / Alfa Music

d0157552_21431737.jpgFrancesco Cataldo / Spaces / Alfa Music
Francesco Cataldo(g)
David Binney (as,ss)
Salvatore Bonafede (p)
Scott Colley (b)
Clarence Penn (ds)
Erik Friedlander (cello) 7
リリース:2013.7



イタリア人ギタリストFrancesco Cataldoのメジャーデビュー盤らしいです。
これは、リーダー、ピアニスト以外のメンツ買い。David Binney、Scott Colley 、Clarence Pennが参加。
Scott Colleyへ声をかけたことがきっかけでアルバム収録になったとか。


13曲トータル75分のコンセプチュアルな大作。
テーマ、、メロディが印象的でハーモナイズしつつ、インプロしていくDavid Binneyらフロント陣。
Francesco Cataldoのギターは左(ch接続合ってれば^^)。David Binneyが右で絡み合う、、けど、
すっごい盛り上がるとか、ビビッドな要素がかなり希薄でしょうか。

全曲しっとりした印象で躍動感ある曲がもっと欲しいところですが、本盤でがカタルドの考える『スペース:スペーシーズ』というコンセプトがあるようです。Clarence Pennは手数も多くてプッシュしたプレイ、、ただ惜しいミキシング。ECMのManu Katché盤のようなサウンドだと光りそうです。




演奏曲
1. Our Jazz (Prologue)
2. Algerian Waltz
3 .Siracusa
4. Ortigia
5. Sunrise in Rome
6. Spaces
7. Vito (Intro), Raccontami
8. Why
9. Your Silence
10. Tourist in My Town
11. Perugia
12. A Phrygian Day
13. The Rain and Us (Epilogu)
by kuramae2010 | 2014-09-24 21:54 | jazz | Comments(0)

Quentin Angus / Perception / Aurora Sounds

d0157552_2128122.jpgQuentin Angus / Perception / Aurora Sounds
Quentin Angus (g)
Jo Lawry (vo)
Will Vinson (as)
Chad Lefkowitz-Brown (ss)
Shai Maestro(p)
Matthew Sheens (p)
Linda Oh (b)
Or Bareket (b)
Kenneth Salters (ds, per)

Yanni Burton String Quintet
Yanni Burton (b)
Sarah Koenig-Plonskier(vlⅠ)
Lavinia Pavlish(vl Ⅱ)
Jack Stulz (vla)
Leanna Rutt(vc)
リリース:2013.10



Quentin Angusの3枚目となる盤。Linda Oh、Will Vinson、Shai Maestro、Kenneth Saltersなど参加メンバーの興味から入手。

演奏曲はどれも凝ってます。
「Particular, Peculiar」から、現代ジャズから古典ジャズ、ロックまでを"スマート"に俯瞰した演奏。ギターのスタイルも変えつつ、どんどん拍子が変わってくコンポジション。一筆書きのごとく"Live"を表現したような鮮やかさ。

タイトル曲「Perception(知覚作用?)」は、Shai Maestroがフックに展開。1曲目の「陽」から「陰」へAngusとフロントが儚くも甘めなテーマをハーモナイズしながら、これも拍子が変わっていく複雑な構成。Linda Ohのベースソロがイイ。

「Nardis」のロックなアレンジにストレートなテーマ、Angusの速いパッセージやエキゾチックなトーンもまざってスリリングさあり。この曲でこんなソロって聴いたことがない。5分程度にかなりつめこんだ展開。

「Red and Yellow」はJo LawryとAngusがアンニュイなテーマをユニゾンやカウンターポイントを入れた、コンテンポラリージャズっぽさ溢れる仕上げ。Maestroのソロパート、エレガントなまま攻めていく感じがカッコいい。この後に輪をかけて泣かせるのがAngusとWill Vinsonのインプロ。演奏としては熱さはないんですが、クールに積み上げた感をどう折り合いつけるかが.......


d0157552_21275848.jpg



「Chernobyl」はチェルノブイリをテーマにしたMatthew Sheensの曲で、Chad Lefkowitz-Brownのソプラノが木漏れ陽のようで印象深い。Yanni Burton String Quintet(弦楽五重奏)との自然なアレンジも絶妙で入り方もナチュラル。状況をAngusと語り、Brownのソプラノが入りEND。切ないコンポジション。。

7曲目「Den Haag」は昨年、一昨年とASCAPヤングジャズ作曲賞やDownBeet誌でコンポーザー賞?を獲得しただけあって、巧みな作曲に聴きごたえある演奏。ストリングスも入れつつ、Angusの啼かせるフレーズで堕としどころも心得たニクさがあるプレイ。主役がギターになってるw どの曲も


師事はPat Martino、Jonathan Kreisberg、Adam Rodgers、Mike Moreno、Curtis Fullerだそうです。Quentin Angus、どの曲も飽きさせないし、演奏もいい。米国での評価は高いらしいのですが、だけど............なにか優等生がちゃんとやった感があって、ガツっと刺さってこないのがもどかしい。



演奏曲
1. Particular, Peculiar
2. Perception
3. Nardis(Miles Davis)
4. Red and Yellow
5. Chernobyl(Matthew Sheens)
6. Restoration
7. Den Haag
8. Bounce
by kuramae2010 | 2014-09-24 21:38 | jazz | Comments(0)

Thierry Lang / Serenity / Universal Music GmbH

d0157552_2373725.jpgThierry Lang / Serenity / Universal Music GmbH
Thierry Lang (p)
Heiri Känzig (b)
Andi Pupato (ds)
リリース:2014.8




Thierry Langの新譜。秋の夜長にじっくり聴き込める盤かと思います。
ベーシストにHeiri Känzig が参加。

ちょっと甘めでセンチメンタルな楽想を切り取って絵にしたような録音は秀逸ではないでしょうか。

来日してまして、先週、新宿Pitinnでライブがありました。



d0157552_23194058.jpg

by kuramae2010 | 2014-09-19 00:14 | jazz | Comments(0)

Pharoah Sanders / Pharoah / India Navigation

d0157552_2339176.jpgPharoah Sanders / Pharoah / India Navigation
Pharoah Sanders(ts,vo,perc)
Tisziji Munoz (guitar)
Jiggs Chase (org)
Lawrence Killian (perc)
Steve Neil (b)
Greg Bandy (ds)
Bedria Sanders (harmonium)
録音:1976.8,9



Pharoah Sandersの1976年盤。CD化は1996年に一度だけ。

「Harvest Time」でゆったりと展開する瞑想的な演奏で聴かせ引き込ませる力は圧巻!!
「Love Will Find A Way」 いなせなタイトルに、ドス黒いソウルネス。めちゃめちゃカッコいい
ファラオのボイスも、サックスの雄叫びもガツンと来る。
ムニョスのリフ、ギターもファンク。

この盤、、、残念ながらMP3音源で聴いてます。。


演奏曲
1. Harvest Time
2. Love Will Find A Way
3. Memouies of Edith Johnson




Love Will Find A Way
by kuramae2010 | 2014-09-16 00:02 | jazz | Comments(0)

Otis Redding / Otis Blue / Atlantic

d0157552_2336393.jpgOtis Redding / Otis Blue Sings Soul) / Atlantic
Otis Redding (vo)
Booker T. Jones, Isaac Hayes (key)
Steve Cropper (g)
Gene "Bowlegs" Miller*, Wayne Jackson (tp)
Floyd Newman(sax)
Andrew Love (sax)

Donald "Duck" Dunn (b)
Al Jackson, Jr.(ds)
Earl Sims (Vo)
リリース:1965.9.15



Otis Reddingの「Live in Europe 」を出張先の福岡で聴いて、あまりに良かったので仕入れた盤。
オリジナルが3曲でSam Cooke曲が3曲入ってます。オマージュでBlueなのかな。

収録からおよそ半世紀。
曲は誰もがどこかで聴いたことがあると思います。
スタイルも何もかもが古くさいのかもしれませんが、、、
「Down In The Valley」の節まわしとか絶品。

「I've Been Loving You Too Long」 、「You Don't Miss Your Water」も
乾いた時に沁みてきます。
スピーカーの真ん中でぼっーとしてるとグッと腑に落ちてくる声。


d0157552_23362472.jpg



演奏曲
1. Ole Man Trouble
2. Respect (Single/LP Version)
3. Change Gonna Come
4. Down In The Valley
5. I've Been Loving You Too Long (Single/LP Version)
6. Shake (LP Version)
7. My Girl
8. Wonderful World
9. Rock Me Baby
10. Satisfaction [I Can't Get No] (LP Version)
11. You Don't Miss Your Water
by kuramae2010 | 2014-09-04 00:02 | music | Comments(0)

Calvin Keys / Electric Keys / Wide Hive Records

d0157552_2254339.jpgCalvin Keys / Electric Keys / Wide Hive Records
Doug Rowan (sax)
Mike Rinta (tb)
Calvin Keys (g)
Matt Montgomery(p,key,b)
Tomas Mcgree (ds)
Josh Jones(ds)
リリース:2013.8


ファンクな仕上がりのCalvin Keys 2013年盤。

『Electric Keys』 というタイトルだけど 「Proceed With Caution!」 っぽい、
70年代のメロウなグルーヴ感も漂う7年ぶりの新譜。

プロデュースは「Detours into Unconscious Rhythms」と同じくGregory Howe。
昨年のリリース時、College Music Journal(米)チャートで4位を獲得。

d0157552_2304786.jpg


「Love and Innocence」 とかで聴かせるスモーキーな雰囲気はたまんない感じ。ホーンセクションのちょっと鈍めなファンキーなチューンもよくて、リズムセクションのグルーヴ感は鉄板!
タイトル曲「Electric Keys」がまさにディストーション効かせた響きだからかこのタイトル。Calvin Keysで人気ある演奏「Shawn-Neeq」の2012年版。浮遊感と自由なソロ。

「Rhubarb Jam」 カッコいい曲に黒いノリがガッツり効いて最高なセッション!
力がぬけたような単純なフレーズもリフも抜群にカッコいい。

Dolby社もホレる。



演奏曲
1. You Know the Game
2. Love and Innocence
3. Backyard
4. Electric Keys
5. Rhubarb Jam
6. Senior Moment
7. Telegraph Blues
8. Shawn-Neeq
9. The Hernia
10. Touch



d0157552_22541120.jpg


Dolby社の広告ですが、飾りたいですね~
by kuramae2010 | 2014-09-03 23:55 | jazz | Comments(0)