うつし世は夢、夜の夢こそまこと

<   2014年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Pedro Martins / Dreaming High / Adventure Music

d0157552_0521039.jpgPedro Martins / Dreaming High / Adventure Music
Pedro Martins (g)
Felipe Viegas (p)
Josue Lope (ts)
Andre Vasconcellos (b)
Alex Buck (ds)
Kiko Freitas (ds) 4, 7
Daniel Santiago (g) 3, 6, 8
リリース:2013.8



ブラジルのギタリストPedro Martinsのデビュー盤。
Frederico Heliodoroらの音源で気になったギタリストでリーダー盤を入手。実際の録音は2009年と2011年と別録り。全曲オリジナルで録音当時は16・18才の若き才能。アルバムリリースにはDaniel Santiago のサポートが大きかったようです。

Martinsの演奏における影響は、Kurt RosenwinkelやBen Monder、Gilad Hekselmanあたりらしい。ハッチャキ感やてんこ盛り感はなく、あくまでハーモニーやアンサンブルが際立ち、広いスペースでインプロしていて"あたり"も柔らか。楽曲・コンポジションはすべてオリジナルで、コンテンポラリー・ジャズ。ラテン、ボサノバ調などは一切なし。

d0157552_0521852.jpg


「Nas Nuvens」でなどで聴かせるサウンドは瑞々しく充分なスペースで各人がインプロしていく様が絵(風景)になってます。4曲目の「Ciclo Da Vida」は唯一、ラテンなリズムが登場するトラック。でもユニゾンが凝っていて一筋縄じゃない。

「Para O Amor Que Ficou」などのスローな演奏では「Letter From Home」あたりのPat Methenyを彷彿とするサウンドに今っぽいしなやなハーモニー。タイトル曲「Sonhando Alto」サックスJosue Lopeとのアンサンブルで聴かせる柔らかなフレーズラインは18才とは思えない。「Viagem Ao Rio」リズム&アレンジが凝ったコンポジションだけど、あたりが柔らかくて円い。でも、疾走感があるという。

アルバム全体のトーンがまとまっていて、ガチャガチャ言わない、ベタッとこない憂い感は心地いい。アートワークの屋上からの街のカットに彼が風になってるような、ちょっと十代がリーダーとは想像しづらい出来。次作も期待できるコンポーザー&ギタリスト。



演奏曲
1. Anos Luz (Light Years)
2. Caminhos (Pathways)
3. Nas Nuvens (In The Clouds)
4. Ciclo Da Vida (Life Cycle)
5. Para O Amor Que Ficou (For Love That Lasts)
6. Sonhando Alto (Dreaming High)
7. Terra Prometida (Promised Land)
8. Viagem Ao Rio (Trip To Rio)
9. Viva O Hermeto (Cheers To Hermeto)
[PR]
by kuramae2010 | 2014-08-31 01:04 | jazz | Comments(0)

Eric Harland voyager / Vipassana / GSI Records

d0157552_0105086.jpgEric Harland voyager / Vipassana / GSI Records
Walter Smith Ⅲ (ts)
Taylor Eigsti (p)
Julian Lage (g)
Nir Felder (g)
Harish Raghavan (b)
Eric Harland (ds)
Chris Turner (vo)
リリース:2014.8.11



新譜コーナーでずっと聴き込んでしまったEric Harlandの新譜。
参加メンバーで入手したんですが、ショップのヘッドフォンコーナーで試聴。
ついつい長居...

全曲Harlandのコンポジションでコンセプチュアルな盤。
Julian LageとNir Felderが5曲づつ参加!グッと来るメンツ。Walter Smithのサックスはタイトルをおもわせるトーン。フロントのユニゾンやEigstiピアノとHarlandドラムスとの"ハモり"などから聴こえてくる、旬なサウンドはカッコいいのでBGM的に聴いてる時の断片だけでもすこぶるクール。Harlandもこれでもかとタイトなビートを聴かせてくれます。が、演奏を浴びる快感、グルーヴ感というよりは、アレンジの妙やテーマなどのコンセプトが前に出てます。それでも私的に『Black Radio1,2』の数倍はカッコいい...もっとか。

Vipassana 
古典&現代ジャズも呑み込んで、彼らと同時代のスタンダードな表現で、さらに深いルーツへも逆流する。完全に拡張・覚醒している感じ。世代によって温度差が出る盤でしょうね。おそらく、わかりきった上で振り切ってるけどw
オッサン的にはガッツリ熱くジャズっぽくw イクところも聴きたい。


d0157552_0104578.jpg

[PR]
by kuramae2010 | 2014-08-31 00:33 | jazz | Comments(0)

Gianni Insalata / Work In Progress / Dodicilune

d0157552_1485923.jpgGianni Insalata / Work In Progress / Dodicilune
Antonio Tosques (g)
Danilo Gallo (b)
Marco Pacassoni (vib)
Gianni Insalata (ds)
リリース:2012.9



演奏者、、全員知らない。 イタリアのレーベル「Dodicilune」と楽器構成で入手。

リーダーはイタリアで評価が高いドラマー Gianni Insalata の2012年のデビュー盤(おそらく)。これでJAZZIT AWARDS 2012をとり、Top Jazz 2013(イタリア)の最優秀新人賞を獲得したとか。

『Work In Progress』は、全コンポンジションInsalata。
1曲目から生ぬるい風が部屋を満たす残響感。曲も昔の夏っぽいフュージョンみたいなノスタルジーさ。「Canta ancora」も夏っぽい、ヴィブラフォンとギターの即興にカリプソなリズム。
・・・・失敗かな、、と思いましたが後半はわりと正統なコンテンポラリー。。

印象的なのが、スロー曲での繊細でジンジンくるシンバルワークの録音。トップ、ライド、クラッシュ、エフェクト・シンバル類、スティックの充て方・響かせ方(ベルとかエッジ)が多種多彩で、かつ丁寧に録音されミックスされてます。タム類に残響があってタイトさに欠ける。。

1分半ほどの短い「Drilling Industry」ですが、ピーキーにグルーヴしていくいい演奏。アルバムタイトル曲「Work in Progress」は無調な疾走感がクールで辛口、はじめてドラムが全面に出るソロ。続く「Caleidoscopio」も無調で辛口かつ、シュール。

攻めた演奏のスリルさはいいですが、構成はわりとオーソドックスで正攻法なスタイル。
じっくり聴き込める盤ではあります。




演奏曲
1.Lucia
2.Canta ancora
3.18 Luglio
4.Drilling Industry
5.Il mare nei tuoi occhi
6.Work in Progress
7.Song for My Mother
8.Caleidoscopio
9.The Vibe Friend
10.Alborada
[PR]
by kuramae2010 | 2014-08-18 01:16 | jazz | Comments(1)

Linda Oh / Sun Pictures / Greenleaf Music

d0157552_033452.jpgLinda Oh / Sun Pictures / Greenleaf Music
Ben Wendel (ts)
James Muller (g)
Linda Oh (b)
Ted Poor (ds)
リリース:2013.8.27





Linda Ohのリーダー盤。どっかで聴いたことあるような、ないような"匂い"
かなり必死(笑)に思い起こそうとしてるんですが、いろんな名前が浮かんでは消えるという。
Ben AllisonとかKurt Rosenwinkel、Mary halvorson.....でも、凡庸じゃないセンスでなんとも言えない魅力がある盤。そして、ベーシストらしいリーダー盤でもあります。昨今Linda Ohはブルックリンでとても人気があるらしくライヴや参加盤も多数。

Linda Oh参加盤で記憶にあるのが、Pascal Le Boeuf のPascal's Triangle / Nineteen Eight Recordsです。
この盤、これまで入手しなかった理由が参加メンバーのBen WendelとTed Poor。。。

イチオシの演奏は「Polyphonic HMI」。Linda Ohを起点にTed Poorとテンポがガンガン変わってテンションが張ったり緩んだりする感覚が新鮮。James Mullerがインパクトあり!サックスソロのバッキングがとんでもなくカッコいい。「Footfall」や「Yoda」でもMullerが出すニュアンスというかアーティキュレーションが抜群で存在感がすごい。Wendelのソロはなんとなしに同じようなオチに感じるのは気のせいかな。
「Blue Over Gold」曲入りのリフがメチャカッコいい展開。ここでもMullerの速いソロは聴き応えあり。

どの演奏も曲・演奏アタマのアイデアが斬れてるOh嬢。
シーンをざくっと切り取ってきたような感覚。どの曲もリズムが潜航しているところが、やはりベーシストのリーダー盤。この切り口が新鮮で癖になる要因。



演奏曲
1. Shutterspeed Dreams
2. Polyphonic HMI
3. Footfall
4. Blue Over Gold
5. Yoda
6. Terminal 3
7. 10 Minutes Till Closing


クレジットに録音場所がコロンビア大学?らしいです。マスタリングにNate Wood!です。


d0157552_0331249.jpg

[PR]
by kuramae2010 | 2014-08-18 00:47 | jazz | Comments(0)

Felipe Continentino&Frederico Heliodoro





Video by Rede Minas, "Noturno".
FIV - Festival Internacional de Violão, November 2013.
Belo Horizonte (MG) Brazil
Mike Moreno - Guitar/ Compositions
Felipe Continentino - Drums
Marcus Abjaud - Piano
Frederico Heliodoro - Bass



現時点で再生回数300回程のこの動画、以前観て、Felipe ContinentinoとMike Morenoのプレイが好きで超ヘビロテしてたんですが、削除されました。これは同じ音源で Felipe Continentino本人から。(・・・以前のものより音質が落ちてる??)

この動画ですが、数多あるMike Morenoのベスト・パフォーマンスの一つじゃないかと。。。久しぶりに聴いてもコンポジションも、ミナスの若者達とのトーンも合ってるし、CDなどパッケージ化してほしいLive。

聴いてる環境がPC用SPでFrederico Heliodoro存在感が今イチ伝わってこないんですが、彼のリーダー盤も良くて、 ピアノは Marcus Abjaud という人でした。

国内では入手しづらい Felipe Continentino盤ですが、ミナスのギタリス Pedro Martins盤に参加したものをようやく予約。Pedro Martinsも若いけどいいセンス。
[PR]
by kuramae2010 | 2014-08-12 15:00 | jazz | Comments(0)

Javier Vercher & Ferenc Nemeth / Wheel of the time / Fresh Sound New Talent

d0157552_1124220.jpgJavier Vercher & Ferenc Nemeth / Wheel of the time / Fresh Sound New Talent
Javier Vercher (ts,bells)
Ferenc Nemeth (ds,per)
Lionel Loueke (g,vo) 2,5,6,7
Chip Taylor (read) 11
リリース:2006



2006年リリースのJavier Vercher & Ferenc Nemethデュオ盤。ゲストにLionel Louekeが参加。
Javier Vercherはあまり知らないですが、Jose Maria Carles / Travelling Forward でLogan Richardsonよりいい印象だったので入手。Vercherのプレイは体幹の強そうな、排気量があっても瞬発力ある太い声(サックス)が魅力的。ただし、音切れの伸びたフレージングに一癖あり。

2人は昨年、 Dreamer's Collective RecordsからDAVID KIKOSKIも参加した、JAVIER VERCHER / FERENC NEMETH, with the collaboration of DAVID KIKOSKI / IMAGINARY REALMが出てます。


「Wheel of the time」の第一印象は『音がいい』ですw
特にゲストのLouekeが登場しない曲は、打楽器とサックスだけ(和音楽器なし)のアコースティックなデュオで展開されるんですが、ここまで世界を広げられるか?という驚き!!鳴らす機械はあんまり関係なしでスーパーナチュラル。Nemethのドラムスやパーカッションのアタック、エアー感を背景にした、Vercherの音の彫り込み具合、浮き彫り感がハンパなく濃密さが濃い。録音・ミックスにMichael Brobyで、マスタリングが『Michael Perez Cisneros』。この人が関わった盤はこの3年で2,30枚は入手してしまっていると思います。

Michael Perez Cisnerosの最近の盤では、
Randy Ingram / Sky/Lift (Engineer, Mastering, Mixing)
Gilad Hekselman / This Just In (Engineer, Mastering, Mixing)
Omer Avital / Suite of the East、Third World Love / Songs and Portraits (Mastering, Mixing)とかもですね。
サウンドは「?」ですが、Nir Felder / Golden AgeではGuitar Engineerで参加でした。



d0157552_1261637.jpg




「Wheel of the time」は2人の演奏と対峙したり、濃密でエキゾチックな無国籍空間へワープできる。




演奏曲
1. Introduction
2. Second Choince
3. Andy's Song
4. Tabarka
5. Cosmic Serpent
6. Broken Shadows
7. Wheel Of Time
8. Nemeth Sketch
9. Als- Berebers Del Sud
10. Faviercher
11. Where Everything Is Music
[PR]
by kuramae2010 | 2014-08-09 22:15 | jazz | Comments(0)

西へ、東へ

おそらく全国的にお祭りだった週末。

d0157552_0172520.jpg


僕にとっては極めて少ない、アル中仲間のKさんのところへお邪魔。
Lotus Exigeでのレース参戦から、Altec 他という、わりとよく似通った境遇です。

知り合ったのがLotus Exigeに乗ってた頃で10年程前だろうか・・・
いろいろ指南を受けましたが、アレで競うのは、マジでタイヘンそう。ちょっとしたコトでクルンて回りそう・・・


d0157552_017276.jpg


御姉さんが交響楽団のコンサートマスターで、楽器の音は子供の頃から沁みているのか、、
A5の音も現代的で繊細、音数が豊富。

機器は一通りの説明は受けましたが、、、複雑系。音源⇒音場補正イコライザー(?)からの、マイクプリ&Luxプリメイン?&真空管パワーで鳴らしての4WayのAltec A5。繊細で現代的と言っても、基本はN500Cの「A5」なので、音量あげるとフロントロードらしさやマルチセルラの鳴きも伴ってグッと来る。

Norah Jones / Feels Like Home 盤が何気に心地よくて、後日参加メンバーをぐぐると Brian Bladeが参加でamazonで入手。レアなアナログ盤では「ASPEC Special」井上鑑のヨコハマタイヤCM音源に感激。当時、子ども心にキラキラした大人っぽさが印象的だった。



d0157552_1849352.jpg




...................その後、急遽、2時間程かけて、ウチのA5の住み家まで、移動。

ここもお祭りで、目の前の通りに神輿やら屋台で通行止め。人だらけでこ、この場所で、あんな人混みは初。


両極端なA5のサウンド。ウチのは部屋が鳴るし、外は御祭りだしでウルサイw









@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

友人のライヴ、映像&グラフィック&音楽で、めっさかっこいいそうです!! 
下北です 8/24 17:30/18:30
坂上良平1号店ワンマンライブ ~Let bygones be bygones~
■坂上良平1号店
尾上一平/ RYOJI
【ゲスト】
■奈良部匠平(Drum TAO)
■BON
■フッシー小林
■河合わかば
■庵原良司
■湊亜美
■マキアダチ







[PR]
by kuramae2010 | 2014-08-06 00:45 | Comments(0)

Daniel Popiałkiewicz / Solstice / Fonografika

d0157552_1585187.jpgPopiałkiewicz / Solstice / Fonografika
Daniel Popiałkiewicz (g)
Paweł Tomaszewski (p)
Jan Smoczyński (key)
Maciej Garbowski (b)
Krzysztof Gradziuk (ds)
リリース:2012.11




ポーランドのギタリスト、Daniel Popiałkiewiczの2012年盤。
レーベルはワルシャワのFonografika。


入手した時は1曲目の「Who Will I Be After」の冒頭軽めなサウンドであまり印象に残っていなかったですが、
じっくり聴くと意外とイイ。曲は全てオリジナルで、巧み。録音時はおそらく20代後半で、ポーランドの音楽学校で現代音楽・ジャズの講師をしている人、らしい。日本語読みでは【ダニエル・ポピャキェヴィチ】ってんですかね。

参加メンバーにベースのMaciej GarbowskiとドラムスにKrzysztof GradziukというRGGのメンバーですが、ああいう雰囲気の静謐さはありません。ピアニストのPaweł Tomaszewskiはソロがモーダル感あって曲の緩急、 Popiałkiewicz のザクッといくギターとあいまって聴き応えある盤。



演奏曲(all composed Daniel Popiałkiewicz )
1. Who Will I Be After
2. Frying Pan
3. Fork In The Road
4. Home
5. Early Dusk
6. No Answer









明日のMike Moreno NARUでやるライヴ、、ドラムレスだ。 
............びみょうそう
[PR]
by kuramae2010 | 2014-08-01 01:05 | jazz | Comments(0)

Libstems / Daydream Sounds / soak Records

d0157552_13382.jpgLibstems / Daydream Sounds / soak Records
和田陽介 (guitar,effects)
沢田俊祐 (piano,rhodes)
古木佳祐 (bass)
永山洋輔 (drums)
リリース:2014.514




Libstemsという日本の若者達のデビュー盤。
バランス感が絶妙で感度の鋭さは、2014年のブルックリン周辺からのアルバムと言われても不思議がない雰囲気があるかも。聴いていて思うのは、コンポーザーの和田さんのアンテナ。いろいろ聴かれてる人だなぁ。
サイトにあったスタジオのモニターがマニアックで泣かせます!




Libstems "Daydream Sounds" Recording Movie


ユニット名の意味は、〈Lib=adlib【即興】、liberty【開放、自由】 +stem=【茎、軸】〉だそうです。



演奏曲
1.Daydream Sounds
2.Float
3.Night Logic
4.Cyan
5.Memories
6.Interlude -- Initial Lies Intro
7.Initial Lies
8.Tales
9.Winter Morning
10.Night Logic - Mabanua Remix


d0157552_104638.jpg

[PR]
by kuramae2010 | 2014-08-01 00:41 | jazz | Comments(0)