うつし世は夢、夜の夢こそまこと

Miles Davis & Robert Glasper / Everything's Beautiful /Columbia,BLUENOTE

d0157552_23315411.jpgMiles Davis & Robert Glasper / Everything's Beautiful /Columbia,BLUENOTE
Miles Davis  Robert Glasper
Erykah Badu Bilal
John Scofield Stevie Wonder
Hiatus Kaiyotetist Illa J
King Ledisi Georgia Anne Muldrow
Laura Mvula Phonte
2016.5.20



マイルスの新譜です。



Robert Glasperがマイルスの過去音源をリミックスした盤ですが、共同リーダー・クレジットです。マイルス生誕90周年のリスペクトアルバム。グラスパーは上手い企画モノにのりますね。。。。3月頃に知って、眉唾ものと思いつつ予約してました。

昨日届いてリピート中。今ぐらいの時間に似合う音楽で、身体が揺れる音楽、すっごいグルーヴ感ある音づくり。カッコいいイカしたBGMですよ。即興が、、、盛り上がりが、、、とか期待してると全く見えませんw
かと言ってオーディオの真ん中でぢっと我慢して座って聴くこともなんだか。
サウンドはめちゃめちゃ質が高いです。

下記引用:
米コロンビア・レーベルのテープ保管庫にあったマイルスのオリジナル音源をベースに再創造したこの意欲作についてグラスパーは「マイルスがもし生きていたらエリカ・バドゥやナインス・ワンダーと一緒に演奏しただろうか。今回参加しているアーティストたちと、絶対やっただろうね」と確信をもって語っています。

 このアルバムにはスティーヴィー・ワンダー、エリカ・バドゥ、ビラル、フォンテ、ハイエイタス・カイヨーテ、ローラ・マヴーラ、キング、ジョージア・アン・マルドロウ、イラJ.といったマイルスの遺伝子を受け継ぐ多彩なアーティストたちがグラスパーの声がけにより名を連ねています。
「マイルスのスタジオ・セッションの様子を録音したマルチ・トラックを使う作業に取り掛かったとき、マイルスが曲間で、テイクごとにバンド・メンバーと言葉を交わしている内容を聞き、それに啓発された。録音されていた会話を聞くことで、彼の仕事の進め方を知ることができたし、自分が求めるサウンドをミュージシャンにリクエストする際にマイルスがどうやってそれを説明するのかがわかり、凄くためになったよ。つまり、今回学んだことは、スタジオ内でのマイルスの操縦役としての数々のアイディアだったんだ」


私的にErykah Baduが参加したトラックのダル揺れさはピカ一。 Violets” featuring PhonteのピアノはBill EvansのBlue in Greenの不協和っぽい歪ませた上にラップとメロウなコーラス。ラスト曲のRight On Brotha” featuring Stevie Wonder はミュート音源がリミックスされてまして80年代後半のマイルスを彷彿してくれます。でも、当時生で聴いた感動とかは蘇ってきたりはしません。

おそらくグラミーのなにかを獲得するアルバムじゃないかな。色々旨いです。
マイルスのサイトでも https://www.milesdavis.com/ 一押しです、というか映画もあるんですね。


演奏曲
1. Talking Shit
2. Ghetto Walkin” featuring Bilal
3. They Can’t Hold Me Down” featuring Illa J
4. Maiysha (So Long)” featuring Erykah Badu
5. Violets” featuring Phonte
6. Little Church” featuring Hiatus Kaiyote
7. Silence Is The Way” featuring Laura Mvula
8. Song For Selim” featuring KING
9. Milestones” featuring Georgia Ann Muldrow
10.I’m Leaving You” featuring John Scofield, Ledisi
11.Right On Brotha” featuring Stevie Wonder


d0157552_23321994.jpg

[PR]
by kuramae2010 | 2016-05-27 23:57 | jazz | Comments(0)