人気ブログランキング |

うつし世は夢、夜の夢こそまこと

Rotem Sivan / New Dance / Fresh Sound New Talent

d0157552_1143478.jpgRotem Sivan / New Dance / Fresh Sound New Talent
Rotem Sivan (g)
Haggai Cohen-Milo (b)
Colin Stranahan (ds)
Daniel Wright (v)8
Oded Tzur (ts)10

リリース:2015.9.28





エルサレム出身のRotem Sivanのリーダー三枚目の新譜。
どの演奏もとても凝ったコンポジションで緩急がかなりスリリングな盤。

しかし、印象的だったのはColin Stranahanのシンバルがエグいまでに良く録れてることで、センターのRotem Sivanより目立つような・・・シンバルフェチとしては本年度ベスト1のシンバルの"録音"ぢゃないかと思います。  厚く、熱く、繊細。

パッケージではドラムス全体ががワイドに展開するので、その辺はライブっぽさはないのですが、はじめて聴いた時はColin Stranahanのシンバルに釘付けっ(耳づけ?)!!エンジニアはこのブログで10回以上はログっていると思われるJames Farber。
スタジオはN.Y.CイーストリバーサイドのAtlantic Sound Studioでの録音。なんとレコーダーはStuder A827 2” 24 track やAmpex ATR 102というアナログ。マイクプリがNeve 1073やNeve Heritage DMA-73など。メインモニターはWestlake Audio BBSM-12他。

d0157552_1164916.jpg
↑サイトからのイーストリバー。

たまたま先週、趣味でスタジオを造ってしまった!曙橋のKさんのところへ遊びに行った時に 『・・・ドラムの録音なら自信あるよぉ!』 と言って、見せてもらった場所が天井高7mほどの専用ブースで、頭上には乱反射吸音材が設置。その天井近くにもマイクが設置できるのでドラムセット全体のハーモニーやエア感まで録れる理想的なブース、だそうです。
実際、叩いてもらった音も、すぐ近くなのに煩くないどころか、聴きやすい環境。ついついウチのhartsfieldの音を思い返しても、『シンバル、スネア』はオーディオでもイケてそうな気配。バスドラムはまだ比べられない、、、とか邪な妄想をしつつ、やはりドラムセットにマルチマイクでばかりだとおそらく、Liveで聴く生なドラムとはかけ離れてしまうので良さそうな環境でした。


さて、Rotem Sivan「New Dance」は、前作の印象とかなり変わりました。前作と音作りがちがうのか、Sivanがちょい窮屈な感じで絞りすぎでしょうか。ただ楽曲はおもしろい。7曲目の「In Walked Bud 」アルペジオからはじまり、アーシーな4ビートで細かくテンポとテンションが変わり、Rotem Sivanがギターでオルガンのようなエフェクトを混ぜながらスピード&グルーヴ感を出していくめちゃめちゃカッコいい演奏。「Fingerprints」は Gilad Hekselmanの新譜ともシンクロしているような演奏。。他でも随所でGilad Hekselmanと同ようなフレーズが出てくるのですが、イスラエルのナニかなのか、ダブってしまうという。

Colin Stranahanの録音は頭抜けてイイ盤です?



演奏曲
1. A New Dance
2. Sun & Stars
3. Angel Eyes
4. One For Aba
5. Yam
6. I Wish You Were Here
7. In Walked Bud
8. Almond Tree
9. Fingerprints
10. I Fall In Love Too Easily
by kuramae2010 | 2015-12-28 01:39 | jazz | Comments(0)