人気ブログランキング |

うつし世は夢、夜の夢こそまこと

Live な音

d0157552_23264459.jpg


一度はライブで聴きたかった人がOrnette Coleman。
Albert Ayler、John Coltraneもですが、生まれたときには時すでに遅し。Ornette Colemanは昨年の東京ライブがラストチャンスになるかも知れないと思っていたら間際で延期。そして今年の梅雨時期に知った訃報。あのオーネット・コールマンが............音楽を聴いていると不死身のような気でいました。
ただ昨年Youtubeでみた姿はなんとはなしに予感があるものでした。John Coltraneが生涯尊敬したサックス奏者はSonny RollinsとOrnette Coleman。


17,8歳の時に初めて聴いた「At The Golden Circle」。
『なんじゃ、コレ?』と思いましたけど、しばらくして、また聴いた時の解放感とジンジンきまりまくるCharles Moffettの鮮烈なシンバル。フリーフォームとは言えど、堅苦しくないメロディックな音楽。録音は1965年の12月3,4日ストックホルム。ちょうど50年前の今日。。「At The Golden Circle」が好まれるかどうかは別れるところですが、オーネットの影響をモロ受けたせいか中古のアルトも仕入れてレコードに合わせて吹きまくるとやたら気分がハイになった。プライム・タイム時代の盤は今聴いてもラディカルでポップで、ユーモラス。例えば1982年の「virgin beauty」も音が出た瞬間から色褪せないポップなサウンドとうねるグルーヴ。そしてOrnette Coleman以外の何者でもない音。

学生の頃、聴く装置の方も「At The Golden Circle」がもっとLiveにカッコよく底光りするように鳴って欲しいと思い、D130に2445と2350、2402とかにしてしまい、ジャズ喫茶と焼肉屋のバイト代の大半をつぎこんだような気がします。。その当時は375などのアルニコのドライバーはやたら高かった。。当時気軽に聴けたライブの多くは、アングラな国内のジャズマン(今は有名かな??)や在住していたJohn zorn。酷い時期は毎晩どこかへ出かけていたと思いました。たしか知合いのK君はJohn zornとラーメン屋だか定食屋で仲良くなって共演できた、と言っていた記憶。前衛的な人だったけど今は会社員としても音楽を作っているらしい。

以前もログしましたがMiles Davisは2度ライブを観る機会があって、鮮明な記憶は近くで聴けた赤城さんのクラブではなく青空の下のイースト。他の曲目は記憶はなく、あるのは「Time after time」。一音、一音が強烈な印象で、Milesが一体何者なのかがフレーズやソロではなく、一音だけでで伝わってきたライブ。ああいう経験は極ごく稀。

Ornette Colemanの「At The Golden Circle」のあの場に居合わせることができたなら、Milesとは全く逆の"同じ"経験をしたんじゃないかと思います。もうLiveでは聴くことができなくなった2015年。


d0157552_23321163.jpg


聴くならオーディオで聴くしかない。
by kuramae2010 | 2015-12-03 23:39 | Comments(0)