うつし世は夢、夜の夢こそまこと

kurt rosenwinkel , Avishai Cohen

名古屋の知り合いと会った帰りに東京駅で観て来た、
kurt rosenwinkel , Avishai Cohen Triveni の野外ライヴ。

d0157552_23374587.jpg

kurt rosenwinkel はワークショップで、一緒に観てた人が、
『この環境でこんなに綺麗な音が出せるんだ・・・』と驚いてましたが、真横位置で観てたせいか、
指が素晴らしく滑らか。フォーラムの天井ガラスと雨のせいか詩的でもありました。。


d0157552_23405250.jpg


どしゃ降りでしたけど、テルアビブ出身のAvishai Cohen Triveni はかっこよかった。
アヴィシャイ・コーエンの出で立ちがアーミッシュにも見えました。

スタッフ席の真横から見てたので、じつはドラムスが誰か不明でしたけど、
1曲目から、只者じゃない雰囲気。音もパワフルで抜け感がまるでちがうし、疾走感、緩急、緩みそうな時のアクセントが鮮やか過ぎて、ニヤケた・・・・後で聞いたらkendrick scott。ちゃんとしたライヴを観たいですね。

ファラオ・サンダースがキャンセルになったHALLプログラムよりこっちじゃないかと。



どなたかがUPした音源(聴いていた場所が違うので印象が変わります。)



Kurt Rosenwinkelの新しいユニットの2015年音源ですね。





Avishai Cohen Triveni:トリヴェニの定義だそうです。
インドの伝統でトリヴェニ・サンガムとは3つの川の合流点を意味する。サンガマとはサンスクリット語で合流点という意味。何かの合流点こそが“聖なる場所”とインドでは信じられている。そこで沐浴する者は、すべての罪を洗い流され、再生のサイクルから解き放たれるそうだ。

このメタファーを音楽にたとえるのが好きなんだ。
ステージ(あるいはスタジオ)こそ、3つの川(3人のミュージシャン)が出会い、そこで音楽が聖地となる。水のように、我々は混ざり合い、ひとつになるんだ。

トリヴェニは、誰と一緒に演奏しているかにかかわることなく、僕のトリオの名前。
(ドラムが)ナシートでもケンドリックでも、(ベースが)オメルでもヨニでも、バンドの名前は、同じで、Triveniなんだ。
(アヴィシャイ・コーエン/訳・内田由紀)
[PR]
by kuramae2010 | 2015-09-09 00:29 | jazz | Comments(0)