人気ブログランキング |

うつし世は夢、夜の夢こそまこと

Felipe Continentino / Felipe Continentino / Ais

d0157552_22203367.jpgFelipe Continentino / Felipe Continentino / Ais

Breno Mendonca (ts)
Pablo Passini (g)
Frederico Heliodoro (b)
Felipe Continentino (ds)
リリース:2012.7





ミナスジェライス出身のFelipe Continentinoのリーダー盤。
シズル感溢れるシンバルワークが大好きです。
こちらのCDよりもLive音源で良いのがありますのでぐぐってみてください。

冒頭曲は新しいリズムで今時がいっぱい詰まった演奏で、3曲目からはすべて、アンニュイな色合いのコンポジション。
内向的な火花が散る3曲目。さらに俯き加減のVoando pra Casa I。
Voando pra Casa IIで即興と抑鬱が織りなす独特な感性が光ってます。

ラスト曲「Fractal」はFelipe Continentinoのコンポーザーとしての才能が発揮されてる、
2010年代のミナス・コンテンポラリー・ジャズを代表してもいい名曲です!

ちょっと先が見えにくい、時代の空気感が漂ってて、
このヘンが古えの表現と隔絶的にちがうんではと思います。


d0157552_22225616.jpg




演奏曲
1. Open Space
2. Space Between Glass
3. Valnilla
4. Voando pra Casa I
5. Voando pra Casa II
6. Fisheye
7. Fractal
by kuramae2010 | 2015-07-02 22:37 | jazz | Comments(0)