うつし世は夢、夜の夢こそまこと

John Patitucci / Line by Line / Concord Records

d0157552_1854356.jpgJohn Patitucci / Line by Line / Concord Records
Adam Rogers (g)
John Patitucci (b, 6-string,eb)
Brian Blade(ds)
Chris Potter(ts)
Richard Wood(vln)
Elizabeth Lim-Dutton(vln), Lawrence Dutton(vla)
Sachi Patitucci(clo), Jeremy MacCoy(b)






John Patitucciの2006年盤。ずいぶん昔にライヴへ行った記憶。
当時、あまりの凄さにぶっ飛びました。

先日ちゃんと聴いてない盤を分けるためCD棚を整理したところ.....
約4年で1,100枚程増加。。。久しぶりに見つかった『Line by Line』^^/

「Line by Line」を入手したのは3年ほど前で、当初はその変貌ぶりに放置してたのですが、
ある時期から「The Root」にはまりヘビロテ盤になってたのですが、紛失。。
弦楽四重奏が入ったトラックもちょっとエキゾチックで6-stringベースとのアンサンブルはゾクッとする演奏。

入手したのはAdam RogersやBrian Bladeの参加が決め手だったと思います。
ヘビロテになった最初はヨコシマですが「音」が良かったッ。深い時間帯に聴くとちょうどよくて、
夜な夜な聴き浸りする盤にはもってこいのテンション。
ですが、7,8曲目でだんだん眠くなる魔法でもあるのか全曲通しで聴くのは久しぶり。
良い曲と職人のような演奏でクオリティ感漂う盤。



演奏曲
1. The Root
2. Agitato
3. Circular
4. Folkore
5. Dry September
6. Nana
7. Theme And Variations For 6-String Bass And Strings
8. Line By Line
9. Evidence
10. Jesus Is On The Mainline
11. Incarnation
12. Soaring
13. Tone Poem
14. Up With The Lark
by kuramae2010 | 2015-03-29 18:57 | jazz | Comments(0)