うつし世は夢、夜の夢こそまこと

Attila Zoller / Common Cause / ENJA

d0157552_1141656.jpgAttila Zoller / Common Cause / ENJA

Attila Zoller (g)
Ron Carter (b)
Joe Chambers (ds)
録音:1979.5




ハンガリー出身のギタリストAttila Zoller、1979年盤。
アッティラ・ゾラー、一音が魅力的で、それだけでグルーヴさせてくという!強烈なピッキングとコントロール力?!
太くて伸びて、艶も、しなやかさもあって、巧いですこの方。フレーズに稀に東欧の懐かしい響きもします。
曲によってはどこかカルヴァン・キイズっぽいトーンですが、巧い。その巧さが光るのは「Common Cause」のバラードで聴かせる速くて滑らかなパッセージ。しかも唐突感もなく音の輪郭もボヤけない。

「Tshitar」はゾラーのオリジナル曲でこの盤で好きなトラック。ちょっとBlack Jazzの名曲みたいなノリで起承転結もあり。Ron Carter のベースが珍しく?いい味だしてます。タイトでテンポもどんどん変わる。圧巻はゾラーの強靭なトーン。空間に彫り込んで行く様なピック捌きにホレます。「Hella」は広いスペースを自由に泳ぐようなコンポジションとRon Carter、Joe Chambersのソロもじっくり聴けます。

もう既に天国へいかれてるので過去盤をあつめてみたい筆頭の方。


演奏曲
1. Kaybee
2. Csardanova
3. Common Cause
4. Tshitar
5. Lady Love
6. Meet
7. Conjunction
8. Hella


d0157552_1141961.jpg

これは「Meetのスコア
[PR]
by kuramae2010 | 2014-12-21 01:05 | jazz | Comments(0)