人気ブログランキング |

うつし世は夢、夜の夢こそまこと

Phronesis / Life To Everything / Edition Records

d0157552_2351534.jpgPhronesis / Life To Everything / Edition Records
Ivo Neame (p)
Jasper Høiby (b)
Anton Eger (ds)
リリース:2014.3





現代最強のトリオじゃないかと思ってるジャスパー・ホイビー率いるPhronesisのライヴ盤。
新譜がでたときに即入手しました。っても半年前か。

このライヴ盤は、2013年のロンドン・ジャズフェスの合間に収録された盤だそうです。
ガチャガチャした感じもしないでもないのですが、溢れ零れ飛び散るエネルギー、三人の尋常ならざる斬り合い、目まぐるしく変化するリズムは美しくはないけどピアノトリオの究極、のような様相。

味わいとかリリシズムが彼らの眼中にあるか、知りませんが、男くさい超辛口のビタートリオ。
内省的な憂鬱さや生ヌルさ一切なし!!聴く時も対峙を迫られますw

細胞で浴びるジャズ?


d0157552_015326.jpg



オーディオに凝ってられる方にも面白い盤かな?調子悪いとガサツなんですが、
良いと、おそろしく濃密な3次元の宇宙、音のビッグバンが体験?できますのでチャレンジください。


過去盤はほぼ入手してるPhronesisですが、スタイルは変わってません。
今年デビッド・ビニーとニアミスしたようですが誰かと"核"融合すると面白そうです。




演奏曲
1. Urban Control
2. Phraternal
3. Behind Bars
4. Song For Lost Nomads
5. Wings 2 The Mind
6. Nine Lives
7. Deep Space Dance
8. Herne Hill; Dr Black


Recorded by Matt Robertson between 16th – 17th November 2013 over three shows at the EFG London Jazz Festival.
Mixed by August Wanngren in Copenhagen in December 2013.
Mastered by Thomas Eberger in Stockholm in December 2013.


d0157552_23513636.jpg

by kuramae2010 | 2014-11-25 23:54 | jazz | Comments(0)