うつし世は夢、夜の夢こそまこと

Altec Lansing

うちの4560が調子ぶっこいてイイので、さては、A5もいいんじゃないかと。

こちらも夏場のダレた音から脱出したようで以前の感覚に戻ったかなぁ~
戻るとJBlとAltecの差もちぢまったような.........その

d0157552_1940260.jpg


でも、音量上げるとわんわん鳴るトコロはそのまま。
わんわん鳴るのはウイングも鳴り捲る。ちなみにウイング込みだと横幅が130cmぐらいになります。
これの横の金具が、動いてくださいヨ、と言わんばかりでフロートしたような装着感

部屋の響き対策として、試しに聴いてる場所の後ろに板をナナめに設置。
不恰好だけど、だいたい3m60cm分の壁がナナめになった。



・・・その効果のほどは?

??




d0157552_19395027.jpg


ソースはCDなんですが、古めなジャズ。

Ray Bryant / Con Alma / Columbia  なかでもハイテンポでモーダル感も漂う「Milestones」が絶品。テーマのアレンジがストレートでクール!別曲フレーズも出る洒落。この盤、先週遊びにきたうっちゃん持参で、Bill Leeも参加してるということで入手。「Milestones」のブラシはArthur Harperでカッコいいプレイ。

こまいことはさておき、気持ちよくうたってる感じの初秋の夕暮れ。この前の調子なら凹むし。
by kuramae2010 | 2014-10-13 22:23 | jazz | Comments(0)