うつし世は夢、夜の夢こそまこと

Jesse Van Ruller / Jesse Van Ruller/ Bluemusic

d0157552_22592266.jpgJesse Van Ruller / Jesse Van Ruller/ Bluemusic
Jesse Van Ruller (g)
Julian Joseph (p)
Nic Thys-bass (b)
Marc Mondesir (ds)
Peter Weniger(sax)
録音:1996



おそらくこれがJesse Van Rullerのデビュー盤になるんでしょうか。
音色が艶ッ気たっぷりで一音々の表情が単調じゃなくてうまいっ!

演奏曲はスタンダード曲が多く構成もオーソドックスです。「I'll Be Seeing You 」とかはテーマをすらっと弾いて、原曲のイメージは保ちつつ今様な解釈。構成は定番。4ビートのオリジナル曲は往年のスタンダードに溶け込んだ出来。抑揚、キメ、スパイスが効いたオリジナル「Two Walk」とかは抜群な演奏。

いなせなオリジナル曲「Vienna Night Express」はグッとくるテーマ。
Jesse Van Ruller / Views / Criss Cross 「Amsterdam」にも通じる。「De Poesch 」も巧い曲作りにサックスと絡んだ時のバッキングの冴え、ワザはデビュー盤とは思えない引き出しの多さ。


久しぶりのJesse Van Ruller。
ここ2年程、Joris Roelofs との「Chamber Tones Trio」以来、リーダー盤が出てないようで残念です。
自身のサイトも更新されてない。。




演奏曲
1. Debits 'n Credits
2. Bewitched
3. The Ruler
4. De Poesch
5. I'll Be Seeing You
6. Two Walk
7. Green's Greenery
8. Vienna Night Express
9. You're My Everything
10. This Could Be The Start Of Something Big


d0157552_2259078.jpg

[PR]
by kuramae2010 | 2014-10-03 00:23 | jazz | Comments(0)