人気ブログランキング |

うつし世は夢、夜の夢こそまこと

Javier Vercher & Ferenc Nemeth / Wheel of the time / Fresh Sound New Talent

d0157552_1124220.jpgJavier Vercher & Ferenc Nemeth / Wheel of the time / Fresh Sound New Talent
Javier Vercher (ts,bells)
Ferenc Nemeth (ds,per)
Lionel Loueke (g,vo) 2,5,6,7
Chip Taylor (read) 11
リリース:2006



2006年リリースのJavier Vercher & Ferenc Nemethデュオ盤。ゲストにLionel Louekeが参加。
Javier Vercherはあまり知らないですが、Jose Maria Carles / Travelling Forward でLogan Richardsonよりいい印象だったので入手。Vercherのプレイは体幹の強そうな、排気量があっても瞬発力ある太い声(サックス)が魅力的。ただし、音切れの伸びたフレージングに一癖あり。

2人は昨年、 Dreamer's Collective RecordsからDAVID KIKOSKIも参加した、JAVIER VERCHER / FERENC NEMETH, with the collaboration of DAVID KIKOSKI / IMAGINARY REALMが出てます。


「Wheel of the time」の第一印象は『音がいい』ですw
特にゲストのLouekeが登場しない曲は、打楽器とサックスだけ(和音楽器なし)のアコースティックなデュオで展開されるんですが、ここまで世界を広げられるか?という驚き!!鳴らす機械はあんまり関係なしでスーパーナチュラル。Nemethのドラムスやパーカッションのアタック、エアー感を背景にした、Vercherの音の彫り込み具合、浮き彫り感がハンパなく濃密さが濃い。録音・ミックスにMichael Brobyで、マスタリングが『Michael Perez Cisneros』。この人が関わった盤はこの3年で2,30枚は入手してしまっていると思います。

Michael Perez Cisnerosの最近の盤では、
Randy Ingram / Sky/Lift (Engineer, Mastering, Mixing)
Gilad Hekselman / This Just In (Engineer, Mastering, Mixing)
Omer Avital / Suite of the East、Third World Love / Songs and Portraits (Mastering, Mixing)とかもですね。
サウンドは「?」ですが、Nir Felder / Golden AgeではGuitar Engineerで参加でした。



d0157552_1261637.jpg




「Wheel of the time」は2人の演奏と対峙したり、濃密でエキゾチックな無国籍空間へワープできる。




演奏曲
1. Introduction
2. Second Choince
3. Andy's Song
4. Tabarka
5. Cosmic Serpent
6. Broken Shadows
7. Wheel Of Time
8. Nemeth Sketch
9. Als- Berebers Del Sud
10. Faviercher
11. Where Everything Is Music
by kuramae2010 | 2014-08-09 22:15 | jazz | Comments(0)