うつし世は夢、夜の夢こそまこと

Ciancaglini | Kikoski | Nemeth / Second Phase / V.V.J.

d0157552_2356060.jpgCiancaglini | Kikoski | Nemeth / Second Phase / V.V.J.
David Kikoski (p)
Pietro Ciancaglini (b)
Ferench Nemeth (ds)

リリース:2014.4





DUの棚置きで「Ferench Nemeth」と「David Kikoski」の両名を見て即入手。聴くのがすっげえ楽しみなメンツ。
NemethとKikoski の音源はJavier Vercher盤やyoutbeで断片的に聴いたりしただけでトリオってのはたぶん初。おそらくレーベル的に実質的なリーダーはベースのPietro Ciancagliniなんだろうと思います。


まっとうで正攻法なトリオ盤。 終始・・・ 
スタンダード曲とCiancagliniのオリジナル曲で全コンポジションがCiancaglini。1曲目がアルバムタイトル曲の「Second Phase」 短めなストレートアヘッドな演奏で、のっけからKikoskiがいってます。左手とベースのハモリ、リズムがアクセントで右手は他の誰かが弾いてるような異次元ぶり。気になるのがNemethのシンバル........薄めで靄っとするところがかなり今イチ。
2曲目ガーシュイン「'S Wonderful 」 テーマのアレンジは新鮮。緩急ある「Discipline 」でKikoskiがアグレッシヴ。Nemethと2人で疾走してるような演奏ですがシンバルのアタックがボヤけるてるような?シズル感が出てない。


d0157552_23562287.jpg


6曲目はBill Evansも晩年も演奏していた、Scott Lafaroの「 Gloria's Step 」。ベースソロから前半はSundy at the Village Vanguard盤のBill Evans Trioを彷彿とさせるKikoski。このトラックはNemethのシンバルワークがいい雰囲気で、後半ガンガンにイクところがKikoskiですね。8曲目「Opening」三位一体感ある演奏。
全11曲と多作ではあります。



KikoskiとNemethが参加して下手なワケもなく、すごい、ハズなのに、何度か聴いても、このナニかもの足りなさはなんだろう。。。リーダー、伊盤を差し置いて妄想するのもなんですが、ベースがScott ColleyやMassimo BiolcatiでKikoski&Nemeth はキマりそう。ないんでしょうが、Jasper Høibyがベース&コンポジションというのは聴きたいです。次作があるなら3曲づつぐらいDavid KikoskiとFerench Nemethのコンポジションが欲しいですね~


せっかくのメンツなんで、録音・ミックスとか。
詳しくはないんですが、、、オーディオ的な音質のバランスが狂ってようが、空間的&低域のエアー感が録れてようがなかろうが、ぶっちゃけどうでもいい。。。演者の表現のツボが録音されつつ、演奏なり、盤コンセプトを表現しているミックス・マスタリングって重要ですね。「Second Phase」はいいメンツなのに、Nemethのツボが靄ってるし、Kikoskiが単調にも聴こえてしまってるような惜しさ。。

Ferenc Nemethで、録音・ミックスがいいなあ、と思ったのが「Night Songs / Dreamers Collective盤」。左右ワイドに振って不自然なんですけど、繊細かつ大胆なシンバルワークが録れてる気がします。サウンドはけっこうタイトでアグレッシブ。クオリティは、obliqsound盤のGilfema一連のサウンド。ナチュラルぎみでシズル感ある質感。どちらもミックスがjuan pablo alcaroです。この人、最近注目しているマルチリード奏者のOran Etkinの新譜にも参加です。他にはPatrick Cornelius、Massimo Biolcati盤など、好きなミュージシャンの盤に参加してました。




演奏曲
1. Second Phase
2. 'S Wonderful
3. Discipline
4. July
5. Bright Soul
6. Gloria's Step
7. Uprising
8. Opening
9. The Gift
10. I Love You
11. Together




Javier Vercher Quartet / Featuring: David Kikoski (キコスキソロ、ネメスのみ音源)at Jimmy Glass Jazz Club - Valencia Spain

Javier Vercher Quartet / Featuring: David Kikoski at Jimmy Glass Jazz Club - Valencia Spain
J. Vercher - saxophone
David Kikoski - piano
Tom Warburton - bass
Ferenc Nemeth - drums
by kuramae2010 | 2014-06-02 01:08 | jazz | Comments(0)