うつし世は夢、夜の夢こそまこと

Federico Casagrande / The Ancient Battle Of The Invisible / CAM Jazz-Harmonia Mundi

d0157552_2361542.jpgFederico Casagrande / The Ancient Battle Of The Invisible / CAM Jazz-Harmonia Mundi
Federico Casagrande (g)
Jeff Davis (vibes)
Simon Tailleu (b)
Gautier Garrigue (ds)
リリース:2012.5




1980年イタリア出身の年Federico Casagrande 2012年盤。
アルバムは戦う世界の男達に向けた(自身にも??)コンセプチャルなものらしい。

前作の「Spirito of the Monuntains」 にも通じる世界観。
コンポジションはビター&ダーク。めちゃ馴染むサウンドです。

「Arrowhead」で聴かせるギター、ベース、ヴィブラフォン三つ巴、四つ巴の即興はハーモニックでスリリング。6トラック目の「Battlefield」なんかもテーマのアンサンブルが決まって、カーサグランデのソロバックに奔る、Gautier Garrigue のシンバルのシズル感もたまんないサウンド。
「Release」はJeff Davisのソロ、カウンターパートの展開やテンポの緩急、浮遊感あるコンポジションがいい。ツンツンいくSimon Tailleuのベースもカッコいい。後半の歌うギターとかカーサグランデの魅力がギュッと詰まった演奏。スローなラスト曲「Twilight 」。タルくならずにベタッといかなくて旨いです。

たしかほぼ同時期ぐらいにリリースされた、Mike Moreno / Another Way や Julian Lage / Gladwell の"感性度"と同一線上にある盤ではないかなと思います。とっつきにくさやモノトーン感はカーサグランデかもしんないですが、ヨーロッパを代表する旬の若手ギタリストを一聴してみてください。

The Ancient Battle Of The Invisible 1曲、1曲が粒立ちつつも全体のトーンが統一されたコンテンポラリー。
先月新譜のレコーディングが終わったらしい。



演奏曲 (Federico Casagrande )
1. 7 Roses
2. Breeze
3. Restless
4. Arrowhead
5. Speech
6. Battlefield
7. Fireplace
8. Release
9. Twilight


d0157552_23232992.jpg


https://myspace.com/federicocasagrande/ から
by kuramae2010 | 2014-03-16 23:44 | jazz | Comments(0)