うつし世は夢、夜の夢こそまこと

Nick Vayenas / Synesthesia / World Culture Music

d0157552_23295111.jpgNick Vayenas / Synesthesia / World Culture Music
Nick Vayenas (valve trombone,trombone,Rhodes,synth bass,programming,voice,percussion)
Patrick Cornelius (as,ss,ts)
Aaron Parks (piano,Rhodes (3,8,11), synth (1,5))
Matt Brewer (b)
Janek Gwizdala (b) 2,3,6,8
Kendrick Scott (ds, congas)
Oliver Manchon (strings) 5, 11
Gretchen Parlato (vo) 11

リリース:2009.1




パトリック・コーネリアスがプロデュースした、ニック・ヴァイナス(カナ?)の2009年リーダー盤。
メンバーは、パトリック・コーネリアス、アーロン・パークス、ケンドリック・スコット、マット・ブリューアーと錚々たる顔ぶれ。

面子買いです。

ボーカルトラックにはグレチャン・パーラト。ニック・ヴァイナスはトロンボーン奏者でスライドレスのヴァルヴ・トロンボーンも吹きます。粘りがありつつ速いフレーズはヴァルヴ・トロンボーンだと思われます。他にはシンセ、打ち込み、パーカッションなども。コンポジションも全てニック・ヴァイナスです。

1~2曲目はハード目なフローで、サンプリング、ヴァルヴtb、変拍子ありの2008年のコンテンポラリー。3曲目「 Synesthesia 」ではコルネットのようなヴァルヴtb、スライドtbと使い分け、ヴォイスも重ねたバラード系。
4曲目はオーソドックスな4ビートでキーボードレスの演奏。ヴァイナスソロ、パトリック・コーネリアスのソロ、アンサンブルが60年代っぽい雰囲気。録音ミックスのオフっぽさもいい!マット・ブリューアーのウォーキングベースやケンドリック・スコットのタイトなリズムとアクセントも光るトラック。
続く「 Along the Way 」はアーロン・パークスのピアノとシンセではじまるミステリアスなコンポジション。ヴァイナスとコーネリアスの稠密なユニゾンがミステリアスさに厚みで今っぽい響き。
6曲目の「Circuit Dialog」は骨太なグルーヴはジャネック・グイッツダーラ(カナ?)とヴァイナスのシンセでフュージョン的なサウンドに。たぶんヴァルヴtbで音色がかなり軽くなってます。
ゆったり展開していく9曲目「Dissolution」、ソプラノのパトリック・コーネリアスとアーロン・パークスがクール。

・・・トロンボーンの音色。
ちょっとエキセントリックで雅wなアーロン・パークスのピアノとヴァイナスのトロンボーンは「ヌル目」な温度感でとらえどころのない空気感が印象的な一枚。



演奏曲(全コンポジション:ニック・ヴァイナス)
1, Voyager
2, Assembly Line
3, Synesthesia
4, Odeon
5, Along the Way
6, Circuit Dialog
7, Staircase
8, The Essence
9, Dissolution
10, Soaring
11, Gone From Me
by kuramae2010 | 2013-03-09 23:56 | jazz | Comments(0)