うつし世は夢、夜の夢こそまこと

Le Boeuf Brothers / House Without a Door / LE BOEUF BROTHERS MUSIC

d0157552_1932351.jpgLe Boeuf Brothers / House Without a Door / LE BOEUF BROTHERS MUSIC

Remy Le Boeuf (as, ft, bass clarinet)
Pascal Le Boeuf (p, Fender Rhodes)
Ambrose Akinmusire (tp)
Marcus Strickland (ss,ts)
Janelle Reichman (ts)



Matt Brewer (b) 3, 4, 6-9, 11,12
Billy Norris (b) 1, 2, 5, 10
Clarence Penn (ds) 3, 4, 6-9, 11, 12
Greg Ritchie (ds) 1, 2, 5, 10


リリース:2009.5




2000年代の20代前半ぐらいのブルックリン・コンテンポラリーを代表する感性。
世界で最も敏感な若者達の音楽、と、言っても過言ではありません!?
・・・リリースが2009年なので、当時は話題になってたんだろうと想像します。

年末にようやっと聴いたアメリカ合衆国出身のレミー・ルブッフとパスカル・ルブッフ初リーダー盤です。

演奏曲12曲中、8曲がパスカル・ルブッフのオリジナル、4曲がレミー・ルブッフ。プロデュースはパスカル。特にパスカルがサウンド全体の方向性を創造してるんだと思われます。参加メンバーはこの辺りのジャズでは有名なグレッグ・リッチーが参加。またクラレンス・ペンも参加。フロントにはマーカス・ストリックランドとアンブローズ・アキンシムーレという隙のなさ。アルバムは2009年盤ですが、現在進行形だなぁ、と感じさせる音楽。



d0157552_036758.jpg



1曲目「Code Word 」はもろ現代ブルックリン・コンテンポラリーで、同世代ではジョン・エスクリートなどが20代のメンツと組んだユニットと近く、一聴して、新しい音を感じさせる演奏です。
2曲目以降は、メロディがわかりやすくアンニュイなトーン。パスカルの甘く醒めたピアノが印象的だったり、凝ったアンサンブルからめまぐるしくかわるリズム、うねる抑揚、沁みるハーモニーなど、とても凝った構成の楽曲が目立ちます。

・・・カリフォルニア生まれの20代 アメリカ人、生意気すぎてかっこイイ。

個々人のソロというよりユニットでの一体感やコンセプトの具現化を重視することは珍しくないですが、そのコンポジションは意外性やスリル感がとても高い。55Barが好きだという彼等はライヴ演奏ではガラッと変わるような気がします。
6曲目レミーの「Tabula Rasa」とかは、クラシックの弦楽四重奏っぽい展開?から駆け上がるアルト、変拍子など新鮮!!パスカルは、アーロン・パークス、ジェラルド・クレイトン、テイラー・アイグスティとかと近い感じだろうか。レミーのサックスはシャープなエッジ、マイロン・ウェルデン的な咆哮。。。 All about だったかのインタビュー・レビューにブライアン・ブレイド・フェロウシップをリスペクトしているとありましたが、グループ全体としては"感触"というか感性がかなりちがいます。

同じインタビューで印象的だったのは、彼等が世代間によって音楽を聴くスタイルや情報量が異なることに着目していること。
二世代前はライブ演奏を観ながらアルコールを飲む聴き方。一世代前はレコードとアルコール。。(スタイルをパターン化したものだと思います。) 現代は、通勤時間でもどこででもヘッドフォンで、あらゆる音楽にアクセスできるため、ヘッドフォンで聴くリスナーも意識したエフェクトやミキシングなどの音作り。 __ だそうです。

ヘッドフォンで聴くから音楽が軽くなるのではなく、より近くなる、という感覚だと思います。
装置から解放されることで、音楽の根本により近くなるのかもしれません。

普段はあまりヘッドフォンで聴かないので、そこまで意識するか、と思うけど、
時間つぶしに聴く人も多いでしょうが、ヘッドフォンで聴くというのは、個人の刻一刻と過ぎる日常とかなり近い音楽で、その瞬間の心情に必要だから聴くとも言えます。彼等はカテゴリー問わず音楽をヘッドフォンで普通に聴く世代だろうから、骨董品のようなスピーカーを弄繰り回して聴くより、スマホのHDにアデルやレディオ・ヘッドなどと一緒に入れて、リスナーが欲しい瞬間に聴けるように、というおもいがあるのかもしれません。





演奏曲
1. Code Word
2. Wetaskiwin
3. Morning Song
4. House Without a Door
5. Siddhartha in California
6. Tabula Rasa
7. Save Me from Myself
8. Coffee Suite I: Do Drink, No Think
9. Chocolate Frenzy
10. Valentine
11. Coffee Suite III: Exhaustion
12. Introspective Moment




パスカルは他にケイト・デイヴィスとハーレム系トリップ・ホップ・デュオ?の活動も行ってます。

d0157552_0384140.jpg

[PR]
by kuramae2010 | 2013-01-06 01:01 | jazz | Comments(0)