うつし世は夢、夜の夢こそまこと

Jordi Matas Organic Trio / Landscape / Fresh Sound New Talent

d0157552_15422457.jpgJordi Matas Organic Trio / Landscape / Fresh Sound New Talent
Jordi Matas (g)
Albert Sanz (B3 org)
David Xirgu (ds)


録音:Live at Jamboree(Barcelona), February 1&2, 2007




ジョルディ・マタス、オーガニックトリオのバルセロナでのライブ盤。
オルガンにアルバート・サンス、ドラムにスペイン出身のデビッド・クシルグ。この盤は松岡さんのフレーズ、『・・・アルバム「DEEP SONG」 (2005)あたりのカート・ローゼンウィンケルが好きな人におすすめの1枚だ。』で、ちょこっとyoutubeでチェックし購入。

かつてのカート・ローゼンウィンケルのような一聴してソソられるフレージングやテクニカルさはあんまり感じさせず、3人の絡み度や浮遊感が濃いサウンド。サンスのオルガンは全曲凝ったプレイです。たぶんはじめて聴くドラマーのクシルグが、けっこうプッシュするドラミングでスパイスたっぷり。アルバムの中でも「Landscape」はコンポジションがクール。カートっぽい響きが出てる感もあります。彼のライブ動画の中で、ソロ途中からカート節が出て、一端プレイを仕切りなおしたのが印象的でしたw



演奏曲(All composition Jordi Matas)
1. Landscape
2. Geminis
3. Seguint La Pista A La Vida
4. Nuvol
5. Malson A La Cova
6. Raco
7. Time's Up
8. Belleza Oculta


Belleza Oculta" Jordi Matas ORGANIC TRIO

[PR]
by kuramae2010 | 2012-12-30 16:20 | jazz | Comments(2)
Commented by J works at 2012-12-30 21:27 x
kuramaeさん こんばんは

このアルバムを聴いていると、Matasのギターの
音使いに独特のものを感じていたのですが、
ピッキング時のみアタック音をかすかに弱めた
ちょっとホーンライクな持続音的雰囲気を感じて
いたのですが、
よくピッキングの音を完全に消して、直後に
ボリュームを上げる手法は、他のギタリストも
よく使いますが、それとは全く違う種類のものです。

ピッキング時に、手のひらで弦を抑えてコントロール
しているのか? ちょっとナゾでした。
そんな音は、感じませんでしたか?
Commented by kuramae2010 at 2012-12-31 12:28 x
知り合いがこのマタスを聴いて、ピックのアタック感、フレットノイズを抑えるなど、、アラン・ホールズワースっぽいと言ってました。

ヌルヌルでホワ~ンとした響きや、あえて無機質なサウンドだなあ、という感じでした。
またミックスも本人がやってるようなので、ライブ音源であってもかなり弄ったのかな。。