うつし世は夢、夜の夢こそまこと

Ornette Coleman And Prime Time / Virgin Beauty / PORTRAIT・CBS

d0157552_059452.jpg


オーネット・コールマンがグレイトフル・デッドのジェリー・ガルシアと共演した「ヴァージン・ビューティー」。
アフロなビートと80年代オーネットのトーンが生み出した開放系ミニマル・グルーヴの傑作。
特にガルシアが参加している1曲目「 Wishes 」はカッコよすぎる。他には「 Desert Players 」とか。

50年代後半から60年代にかけてフリー・ジャズとかで脚光を浴びましたが、本人のアルトは不変wですね。
フレーズすら同じだったりするので、オーネットの意識はそういうトコロにないのかもしれませんw
「 Virgin Beauty 」 は1980年代中盤、アメリカ合衆国社会に溶け込んだブラックカルチャーがよりしなやかに軽く飛んでいく雰囲気に満ちている。

ヴァージン・ビューティーの演奏は軽いジャムった感じだけど、音作りは実はひじょうに緻密に造りこんであります。。
録音当時、オーネット・コールマンは57歳!ジャズ以外でもこんなオッさんはそういない。
外へ、宇宙へ、時空を超えてと軽々クールに飛びまわったアルト。





d0157552_0373766.jpgOrnette Coleman And Prime Time / Virgin Beauty / Portrait
Ornette Coleman (as,vln,tp)
Jerry Garcia (g)    Charlee Ellerbe (g)
Bern Nix (g)
Al McDowell (el-b)  Chris Walker (el-b)
Calvin Weston (ds) Denardo Coleman (ds,key,per)

リリース:1988.6





演奏曲
1. Wishes
2. Bourgeois Boogie
3. Happy Hour
4. Virgin Beauty
5. Healing The Feeling
6. Singing In The Shower
7. Desert Players
8. Honeymooners
9. Chanting
10. Spelling The Alphabet
11. Unknown Artists




関連動画
Ornette Coleman & Prime Time w/Jerry Garcia - Desert Players


ゲスト参加のジェりー・ガルシアのタフなライブを支えるステージモニターはJBLのE140とか2発。



98万円程で宇宙旅行へ行けそうな2048年?あたりのクラブとかでリミックスされてるかも、
と想像したくなるサウンド。
[PR]
by kuramae2010 | 2012-08-26 23:42 | jazz | Comments(2)
Commented by J works at 2012-09-02 18:28 x
kuramae さん こんばんは

ジェリー・ガルシア、なつかしい名前ですねぇ。
私とガルシアとの接点は少年時代。
新しいロックに目覚めた時期でした。
ガルシアのグレイトフル・デッドの他、同時期には
ジェファーソン・エアプレイン、ドアース゛、ジャニス・ジョプリン
..........等々、いましたねぇ。
そして、ダーティーなブルースの世界へと.................

80年代のガルシアの活動は、あまり知りませんでしたが、
ちょっと昔を思い出し、脳内が活性化された感覚があります。
Commented by kuramae2010 at 2012-09-03 21:34
リアルタイムではないですが、ジミ・ヘンドリクスや
キング・クリムゾン、ヴェルベッド・アンダーグランドなどハマりました。

ガルシアとオーネットのコラボはグレイトフル・デッドの「Eyes Of The World」っぽい
雰囲気のまま進化してる感じでよいです。

ジミヘン、ルー・リードは今でも聴きますw