うつし世は夢、夜の夢こそまこと

Becca Stevens / Weightless / Sunnyside Records

d0157552_1395239.jpgBecca Stevens / Weightless / Sunnyside Records
Becca Stevens (vocal, guitar, charango, ukulele)
Liam Robinson (accordion, piano, harmonium, chamberlin, vocal)
Chris Tordini (b, vo)
Jordan Perlson (ds, per)

Gretchen Parlato (vo)
リリース:2011.5



ベッカ・スティーブンスの新譜です。テイラー・アイグスティのアルバムで雰囲気あるボーカルを聴き、
気になっていたボーカリスト。アルバムは灼熱怒風さんのサイトで知り仕入れました。英国から到着まで3週間。。。


ハートフル&センシティブ。
あったかで繊細w 


曲によっては先のマリア・ネッカムと非常に近くてメロディが空中分解して進行するようなフローもありますが、色合いや温度感がかなりちがい、アイリッシュなフォーク・ジャズ?レーベルは同じサニー・サイド。

ネッカム盤は楽器的な発声とフロント2管でアンサンブル、ユニゾンから、フロントソロやアーロン・パークスのピアノで展開。スティーブンス盤はキュートな声をベースにライアム・ロビンソンがハモリ、2,3人の声とギターやウクレレ、アコーディオンなどウォームな色付け。この色合いが懐かしいポップさで心地いい。アプローチも多彩。ネッカムのシュールで孤独感あるコスモポリタンとはちがう感じ。2人のジャケットのアートワークにも表れている感があります。ザ・スミスのカバー「 There is a Light That Never Goes Out 」とかは普通のチャートでも売れそうな演奏。
1曲のみゲストにパーラトです。

「Weightless」は選曲やアルバム全体の構成もいいし、あたら懐かしい。




演奏曲
1. Weightless
2. I'll Notice
3. There is a Light That Never Goes Out
4. Traveler's Blessing
5. The Riddle
6. Kiss From A Rose
7. How To Love
8. Canyon Dust
9. My Girls
10. No More
11. You Can Fight
12. Each Coming Night




関連動画

Becca Stevens Band "Traveler's Blessing" 09.29.2010




テイラー・アイグスティのアルバムで歌っていた「Magnolia」。
アルバムではドラムがエリック・ハーランドでギターでジュリアン・レイジ。
この動画はトリオ&スティーブンス。アルバムの演奏ではレイジの音の存在感が尋常ではない感じ。
アイグスティがピアノで気合い入れてますが・・・

Kulturparkette, near Zurich, Switzerland June 27, 2011.
Taylor Eigsti - Piano/Rhodes

Joe Sanders - Bass

Becca Stevens - Vocals

Clarence Penn - Drums


アルバム版





プレス素材だそうです。
d0157552_0565353.jpg
[PR]
by kuramae2010 | 2012-08-20 01:16 | jazz | Comments(2)
Commented by HamaVenturini at 2012-08-26 16:11 x
kuramae様
いい雰囲気のヴォーカルアルバムですね。
私はテイラー・エイグスティのアルバムで虜になりました。
Commented by kuramae2010 at 2012-08-26 23:57
いいアルバムをご紹介頂きましたっ。

リーダー作はこのアルバムしか聴いてませんが、
全体のまとまりの良さは次作も期待できそうですが、バンドがレギュラー化してそうなので、まったくちがうユニットでも聴きたくなるボーカリストです。

テイラー・アイグスティ盤のボーカルでは甘さ&切なさ&若さ?加減が良かったです。