うつし世は夢、夜の夢こそまこと

e.s.t. Esbjörn Svensson Trio / 301 / Act

d0157552_0364057.jpge.s.t. Esbjörn Svensson Trio/ 301 / Act

Esbjorn Svensson (p,electronics,transistor radio)
Dan Berglund (b,electronics)
Magnus Ostrom (ds,vo,electronics)


リリース:2012.4.30(録音:2008.1.9)



永久転送、リダイレクト。

このアルバムはたしかに「301スタジオ」で録音された、
最後の音源ということもあるけど、聴き終わった後に感じたのは「リダイレクト」。
リダイレクトは、Webサイトのドメインを換えたりした時に使うコード。ドメイン変更はそれなりの変化を意味しつつ、それまでのサイト資産をある程度、引き継いだまま次に移る感じなので2人の意思もそんなかな?

「301」はラストアルバム「 Leucocyte 」の音源をダン・ベルグルンドとマグナス・オストロム、e.s.t.サウンド・エンジニアのアケ・リントンの3人がまとめた『ラストアルバム』。


疾走感とクールさ、ビターなグルーヴ感。
サンプリングによる奥へのスケールとディープな世界観は彼らならでは。2曲目の「Inner City, City Lights」は今は亡き、エスビョルン・スヴェンソンの音だけを歪ませています。。ある意味で象徴的なトラック。「The Left Lane」などスヴェンソンの速いボイシングを核に3人の絶妙なテンションと連携が生みだすグルーヴ感はピアノトリオの極み。「Three Falling Free Part Ⅰ・II」 などの無国籍でカテゴリーを横断したコンポジション。静と動、陰と陽、スケール感、、、聴く都度にエスビョルン・スヴェンソンの早すぎる死が惜しまれる。

ラスト曲「The Childhood Dream」3人の子供の頃の夢か若き日のヒーローを演奏しているんじゃないかと思いますが、スヴェンソンは聴けば誰かわかるんじゃないかと思います。



演奏曲(全コンポジションe.s.t.)
1. Behind The Stars
2. Inner City, City Lights
3. The Left Lane
4. Huston, The 5th
5. Three Falling Free Part I
6. Three Falling Free Part II
7. The Childhood Dream

d0157552_155916.jpg




鋭いジャズマンやアーティストは表現を通じて、今とリンクしていたり、ちょっと先に居てますが、
これから「4人」の表現はリアルタイムで聴けなくて、各々の演奏・仕事へとリダイレクトされます。
過去と言うには、未だ影響が大きそうですが、突然終わりを迎えた幻影から永久転送中の2人。
[PR]
by kuramae2010 | 2012-06-21 00:28 | jazz | Comments(0)