うつし世は夢、夜の夢こそまこと

Ferenc Nemeth / Night Songs / Dreamers Collective Records

d0157552_044767.jpgFerenc Nemeth / Night Songs / Dreamers Collective Records

Mark Turner (ts)
Chris Cheek (ts)
Aaron Parks (p)
Lionel Loueke (g)
John Patitucci (b)
Ferenc Nemeth (ds)

リリース:2007.6.26




彼これ百回以上は聴いていると思う、フェレンク・ネメスの自主制作盤、ナイト・ソングス。
イタリアから復刻盤(中古:リリース2009年?)があったので仕入れました。
この『Night Songs』、 これまでログしてると思っていましたが、ない。。。

リリース当時、ジャズから遠のいていたけど、たまたま聴いていた盤。
復刻盤序でにフェレンク・ネメスがサイドで参加の下記盤も購入・・・
School of Enlightenment / Francisco Pais
The source in between / Elio Villafranca(1曲のみ参加)
Spirit of the Mountains / Federico Casagrande



アルバム「ナイト・ソングス」の録音は2005年でリリースが2007年6月26日。メンバーはマーク・ターナー、クリス・チーク、アーロン・パークス、リオーネル・ルエケ、ジョン・パティトゥッチ。ベースがビオカルティではない・・・。マーク・ターナーは怪我前の演奏。


「War」 鳴った瞬間から、、、数十秒。とんでもなくシズル感があって、フェレンク・ネメス独特なドライブ感や繊細なシンバル・レガートはもちろん、メンバー全員が上手くて、"雰囲気"ある世界を創造したトラック。このデビュー盤はウェイン・ショーター「E.S.P」をのぞいて、クレジットではフェレンク・ネメスのコンポジション、アレンジです。

2曲目の 「A Night」 導入からアーロン・パークス、リオネール・ルエケまでの流れのドラマチックさ!は今も新鮮。しなやかなドライブ感はフェレンク・ネメス。4曲目の 「Vera」 は、曲も演奏も重々しいコンポジション。テナー2管とルエケのヴォイスが、うねる夜の闇を幾重にも紡ぎ、マーク・ターナーがじわーっと彷徨いながらその闇を切り裂いていく感覚。切り裂いても見えるのは闇?

「Intoro To E.S.P.」は、もろアーロン・パークスな世界。7曲目の「New Song」Veraと同構造っぽいコンポジションで、テーマが抜群にクール。初めて聴いた当時ゾワゾワした感覚。。クリス・チーク、マーク・ターナーの2人が奏でるうねる陰影感あるハーモニーの色気、艶ッ気。録音当時23,4歳だったアーロン・パークスのソロも凛々しい。

9曲目 「Theme To L.L.」 たぶんクリス・チークのソプラノが印象的な演奏。アレンジもシンプル。10曲目、もろルエケなコンポジション。ヴォイス炸裂でルエケ。。。パティトゥッチの細いソロ。続く「Raindance」フロント2管の輪唱?おもしろいアレンジ。どことなく懐かしさある演奏。ラスト曲「Lullaby」ハンガリー民謡がモチーフ?宙を舞うような思索的かつ不安定さも感じるマーク・ターナーは、実は意外と時代を巧みに直感的に表現しているのかもしれません。クリス・チークかな・・・

全演奏で感じるダークな色合いとうねるシズル感、グルーヴ感は、2007年のジャズを代表した1枚。フェレンク・ネメスのコンポーザー的な才能も際立ってました。


演奏曲

オリジナル盤
1. War...
2. A Night
3. Intro To Vera
4. Vera
5. Intro To E.S.P.
6. E.S.P.
7. New Song
8. Ballad For the Stars
9. Theme To L.L.
10. L.L.
11. Raindance
12. Lullaby


Jazz Engine Records盤(復刻盤)
1 War
2 A Night
3 Intro To Vera
4 Vera
5 New Song
6 Ballad For The Stars
7 Theme To L.L.
8 L.L.
9 Lullaby


d0157552_047496.jpg



アルバムとは関係ないエリック・ハーランド、フェレンク・ネメス、アヴィシャイ・コーエン(tp) らのセッション。
Eric Harland Ferenc Nemeth Avishai Cohen Joel Frahm Siena Jazz


現在いくつかのユニットで活動しているフェレンク・ネメスですが、新しいユニットのメンバーにギラッド・ヘクセルマン、サム・ヤヘル、クリス・チークが参加しているようです。自主制作シングル以外にも、Dreamers Collective Recordsからアルバムも出るかもしれません。ぜひ、リリースして欲しいメンツ。

Ferenc Nemeth Shapeshifter Lab Brooklyn, NY  2012.3.12
Ferenc Nemeth joins forces with Chris Cheek, Sam Yahel, and Gilad Hekselman
[PR]
by kuramae2010 | 2012-06-13 00:55 | jazz | Comments(6)
Commented by HamaVenturini at 2012-06-13 23:26 x
こんばんは
私はお月さんの方
持ってます
Commented by kuramae2010 at 2012-06-14 01:29
HamaVenturini さん こんばんは
お月さんの方が、選曲がストレートで良かったりします。

Commented by HamaVenturini at 2012-06-19 23:37 x
こんばんは、外は嵐で家の中でも嵐が・・・
オリジナルとお月さん、
曲数が違うのですね!知りませんでした!!!
Commented by kuramae2010 at 2012-06-21 00:08
昨日の台風はすごかったですねえ!
オリジナル盤はショーターのE.S.P.やイントロがもろアーロン・パークスだったりするので、
通しで聴くとお月さん盤の方がネメスっぽいノリで一気通巻してます。
Commented by J works at 2012-07-04 18:55 x
こんばんは

このトピックの最後の一行が、やけに気になってしまいました(笑)。
Yahel - Hekselmanのコンビは、ここ数年、夢見ていたコンビ。
私の中では聴いてみたいランクの上位をずっとキープしていました。
でも、この面々だとYahelは、ピアノ参加なのでしょうね、きっと。
近年のYahelのそこが不満です。Organやってほしい.....................
他所のブログに来ても、また不満が出てしまったようで、このへんで......
Commented by kuramae2010 at 2012-07-05 22:05
J worksさん こんばんは。

ご懸念の件、サム・ヤヘルはピアノで参加です。
このメンバーだと楽しみだったんですが、現在はギターが
ルエケに戻ってアルバムを企画しているようです。

ライブではベースにリチャード・ボナが参加したようですね。
ヘクセルマン、ヤヘル、ネメスは聴いてみたいです。