うつし世は夢、夜の夢こそまこと

Chamber Tones Trio / The Ninth Planet / 55 Records

d0157552_1775715.jpgChamber Tones Trio / The Ninth Planet / 55 Records

Jesse van Ruller (g)
Joris Roelofs (cl, b-cl)
Clemens van der Feen (b)


リリース:2012.2




ヨリス・ルーロスのクラリネット、バスクラの響きが空間の奥行きや高い空間を描き、
クレメンス・ヴァン・デル・フィーンが揺れる、ゆるぎない土台を造る。
ナチュラルな響きいっぱいに満たされるジェシ・ヴァン・ルーラー、今年2月リリースの新譜。

ドラムレスのユニットで、教会録音というびみょう感はあります。ベースのクレメンス・ヴァン・デル・フィーンははじめて。


この盤、アプローチはちがいますが、秘かにMike Moreno / Another Way と根っこは非常に近いコンセプトがあるんじゃないかと思ってます。両盤ともグループやリーダーの個性が色濃く出るオリジナル・コンポジション重視(ジェシ盤は1曲カバー)。どちらの盤も「スペース感」と「広がり」があって、モレノ盤はリバーブやヴィブラフォンで高純度な現代的なハーモニーを。ジェシ盤は 『教会』 という空間を活かしたサウンドで思索的でゆるいスペーシー感。モレノもジェシも距離感が絶妙に近くなる、包容力がある感じ。

また、両盤とも強力なサポートがいて、モレノはアーロン・パークス。楽曲こそ提供していませんが、演奏やアレンジのへの影響は大きいと思われます。ジェシ盤ではアルバムタイトル曲を含む4曲がヨリス・ルーロスが提供、全体のコンポジションも練っていそうです。どちらも緊密な演奏で強力にサポートしあっているところなど似ている感じ。

知り合いのイチ推しということで仕入れたジェシ盤ですが、どこかのんびりした演奏と教会の響きで不可思議な肌触り。。。
私的にジェシ・ヴァン・ルーラーはクリス・クロス「views」っぽい路線が心地いい。
『9コの惑星』という壮大なタイトル。宇宙遊泳までいかなくてもいいので、ドラムが入って、地球に生まれたジャズの匂いが欲しくなる1枚。




演奏曲
1. Ruimte
2. Floating on Top
3. Cosmic Background Radiation
4. The Ninth Planet
5. Smiling in The Cold
6. Wind Bells
7. The Way The Whole Thing Ends
8. Hippocampus
9. Welcome to Presence
10. King of Tandoor








・・・またですか。 


d0157552_2344268.jpg



バブル時代のスカイツリー?『インフィニティ・リファレンス・スタンダード β (IRS.β)』。

スピーカー。アポジーDivaにショックを受け、御下がりのWadiaや静電型のクエストⅡzを聴いていたせいか、音の佇まいに懐かしさがあります。上位機種にペアで680kg!もあるIRS.Vというのがありました。MLASの出資者が鳴らし、レヴィンソン・アンプのショーケースにもなっていた、というのを読んだ記憶があります。弟機βのウーファータワーは1本64kgで、リボンタワーが35kgという現実的な重量。


中・高域タワーは、どわーっと音が前・後に放射します。リアルサイズ?と錯覚する音場を巧みに演出。アニマータも前・後へ出ますね。中低域を受け持つ「L-EMIM」というリボンユニット×2は、前・後放射を合わせて片側で120cm級のコーンユニットに相当するらしいので、これのエネルギー感が強くてドライブしきる駆動力が必要なようです。


d0157552_152415100.jpg




ところで、ジャズは鳴るのか? 

2,3日は史上最悪・・・。いろいろ、いろいろやって今はかなりマシになった気がします。ACT,ECM系はフロント楽器と奥に定位する楽器との"間"にながれる音にならないような気配がリアリティを醸してる風。Ibrahim Maalouf / Diagnostic や Mike Moreno / Another Way、サミール・ザリフ、ポルティコ・クァルテットなど今のジャズとの相性良い感じ。意外なのがサム・ヤヘルのB3オルガンの黒っぽさ!スネアのアタックや広がりも振動板のせいかリアル。低域の気配感・圧力はこれまでで一番ヤバイ。





d0157552_1263012.jpg



9月にギラッド・ヘクセルマンが来日しますが、吉祥寺公演のチケットは1日で完売!
サックスにマーク・ターナー、、、ハコ小さい
[PR]
by kuramae2010 | 2012-05-31 00:44 | jazz | Comments(4)
Commented by mizuki at 2012-06-01 22:50 x
はじめまして。水城と申します。
Infinity IRS-Betaで検索し拝読させて頂きました。私も1年半前からIRS-Beta探しておりますが、巡り合えないでおります。失礼を承知でお伺い致しますが、御購入されたBetaは藤岡誠氏が使われていた個体でしょうか?宜しくお願いします。
Commented by bj44v190e at 2012-06-01 23:49 x
次々すごいですね。例のウーファーは店頭から消えていました。そちらに行ってますか? インフィニティのウーファータワーはアンプ内蔵でしたっけ?
Commented by kuramae2010 at 2012-06-02 00:31
こんばんは、水城さん。
15年ほど前に一度聴いて当時の導入したいスピーカーNo.1でした。
>Betaは藤岡誠氏が使われていた個体でしょうか?
・・・藤岡誠さんという方はよく知りません。巡り会えたらいいですね。
Commented by kuramae2010 at 2012-06-02 00:39
bj44v190e さん 
すべて新品で、ちゃんと所有していれば、すごいんですけどね(悲)
例のヤツ、根性キメて行きましたが、なかったです。
一度カカク交渉しましたが、社風でダメと言われました。

>インフィニティのウーファータワーはアンプ内蔵でしたっけ?
これは内蔵ではないので、省エネオーディオ的にはやっかいです。。