うつし世は夢、夜の夢こそまこと

タグ:Scott Colley ( 5 ) タグの人気記事

JULIAN LAGE / Arclight / MACK AVENUE

d0157552_23534855.jpgJULIAN LAGE / Arclight / MACK AVENUE
JULIAN LAGE(g)
SCOTT COLLEY(b)
KENNY WOLLESEN(ds&perc)
発売日:2016年6月23日






以前よりぐっと、新譜購入のペースが落ちてしまいました。。世俗の波に揉みくちゃになってます。。デビュー当時から注目していたJULIAN LAGEですが、前作のDuoを聴いてあまりピンと来なくて、今回のはどうかと思いつつ、入手。SCOTT COLLEYの参加も興味あり。
やはり、コンテンポラリーな作風なのですが、彼の中には古き良きアメリカ象が強烈にインプットされていると感じます。レイジに限らず、アルバムにはコンセプトを込める事がほとんどかと思いますが、正直カントリー調の楽想にまったく肌馴染みがなく、ピンときません。デビュー作は面白いアルバムを作るギタリストだと思っていましたが、毎回、あの風味を感じると.................. 

テクニカルな面や各トラックでのアレンジの妙味はアイデアがあります。

▼レーベル・レビュー抜粋
レイジ曰く、作品づくりには、毎回コンセプトのようなものを打ち出したいのだとか。そして、今回は、テレキャスへの愛を込めたとのこと。その心は、60 年の歴史を経て、いつの時も“現在”“今”という時を感じさせる楽器に魅力を感じているとのこと。また、本作では、オリジナルを中心とした今までとは変わって、20 世紀の初頭から半ば、バップ以前の音楽を自分なりに表現したかったとのこと。実際レイジは、ブルックリン拠点のギタリスト/バンジョー奏者、音楽学者であるMatt Muni sti ri 氏に頼み、1920年代のメランコリックな風合いを持った曲の数々を紹介してもらって聴きこんだのだそう。シドニー・ベシェ、ジェック・ティーガーデン、ビックス・バイダーベック・・・そして、それらの楽曲に感銘を受けると共に、メランコリックな感覚がにじむメロディに忘れかけていたものを思いおこされ、自らの感性をとおして、それらの世界観を作品化したくなったのだそうです。


演奏曲
A1. Fortune Teller
A2. Persian Rug
A3. Nocturne
A4. Supera
A5. Stop Go Start
A6. Activate
B1. Presley
B2. Prospero
B3. I'll Be Seeing You
B4. Harlem Blues
B5. Ryland

・・・・あまり聴けてません。。
by kuramae2010 | 2016-10-01 00:05 | jazz | Comments(0)

Scott Colley / Architect of the Silent Moment / CAMJAZZ

d0157552_23553659.jpgScott Colley / Architect of the Silent Moment / CAMJAZZ

Ralph Alessi (tp)
Craig Taborn (P, Key, B3)
Scott Colley (b)
Antonio Sanchez (ds)



Dave Binney (as)
Jason Moran (p)
Adam Rogers (g)
Gregoire Maret (hca)
リリース:2007.1





たて続けにScott Colley盤のログ。たしかリーダー盤は3、4枚程入手してるんですが、おそらく初ログとなります。Scott Colleyは録音当時に既に150枚以上のアルバムに参加していた!という。。参加メンバーも豪華です。

オープニングの「Usual illusion」からして独特なビート(15/8拍子)で、モーダル感漂う演奏。スペース感があって各人が際立つコンポジションは流石にScott Colley。Ralph Alessiの鈍色なノートも雰囲気ありです。続く、「Strip mall ballet」もモーダル感漂う演奏で、管とピアノ、リズム陣が独自に引き立つアレンジ。最初にソロをとるのはハーモニカのGregoire Maret。空間を埋めるようなAntonio SanchezとCraig Tabornがいいサポート。(こちらは9/8オスティナートタイムの曲だそうです)。ピアノ・ベース・ドラムスのこの3人ならどんな演奏でもカッコよくなるような.....

が、「El otro」が好きじゃない演奏。アルバムタイトル曲「Architect of the silent moment」で控え目なコリーソロ。フロント陣のテーマとの対比がおもしろい。後半のトリオになったあたりのサンチェスがイカしてます。アンドリュー・ヒルの「Smoke stack」ではJason Moranがピアノで参加。

Architect of the Silent Momentのエンジニアはこれまた好きなJames Farberで手堅いサウンドに仕上がった盤。



演奏曲
1. Usual illusion
2. Strip mall ballet
3. El otro
4. Architect of the silent moment
5. Masoosong
6. Feign tonal
7. From within
8. Smoke stack
9. Window of time


スコットコリーのサイトをちら見したら、5月までDonny McCaslinやChris Potter、Julian Lage、Enrico Pieranunziらとライブ。
by kuramae2010 | 2015-03-16 23:59 | jazz | Comments(0)

Enrico Pieranunzi With Scott Colley, Antonio Sanchez / Permutation / C.A.M. Jazz

d0157552_23383527.jpgEnrico Pieranunzi With Scott Colley, Antonio Sanchez / Permutation / C.A.M. Jazz
Enrico Pieranunzi (p)
Scott Colley (b)
Antonio Sanchez (ds)
リリース:2012





Enrico Pieranunziの旧譜です。先月、新譜と一緒に入手。
ドラムスにAntonio Sanchez、こちらも新譜が出ました。そしてベースにScott Colleyというスリル溢れるメンツ。

「Strangest Consequences」から凄みを感じるSanchez。キャリアある三人の音がカッコいい。
意外なのが一瞬、ブルックリンの若手?(似合わない?)と感じる「The Point At Issue」の疾走感とか、アルバム全体の彩りと影が絶妙。

なかでもPieranunziに引き込まれるトラックは「Horizontes Finales」や「Within The House Of Night」で、
この2曲はScott Colleyのベースも存在感あります。Scott Colleyってやっぱいいベーシスト。
「Horizontes Finales」はPieranunziの左手が別人格?と思わせる捌き。
秀逸なコンポジションでラテンなリズムに相反するメロディで、三人の良さがきわだつ。

キャリアと新しさを追いかけるカッコよさ、曲の良さもあって聴き応えあるトリオです。




演奏曲
1. Strangest Consequences
2. Critical Path
3. Permutation
4. Distance From Departure
5. Horizontes Finales
6. Every Smile Of Yours
7. Within The House Of Night
8. The Point At Issue
9. A Different Breath


d0157552_2339179.jpg



今年も10月。1年たつのが速すぎる。
あんなに長かった1年が、オッサンになると、気がつくと師走のあし音が.....
ナニかせわしなく、ただただ一日が過ぎ去っていくという。。
by kuramae2010 | 2014-10-03 00:02 | jazz | Comments(0)

Francesco Cataldo / Spaces / Alfa Music

d0157552_21431737.jpgFrancesco Cataldo / Spaces / Alfa Music
Francesco Cataldo(g)
David Binney (as,ss)
Salvatore Bonafede (p)
Scott Colley (b)
Clarence Penn (ds)
Erik Friedlander (cello) 7
リリース:2013.7



イタリア人ギタリストFrancesco Cataldoのメジャーデビュー盤らしいです。
これは、リーダー、ピアニスト以外のメンツ買い。David Binney、Scott Colley 、Clarence Pennが参加。
Scott Colleyへ声をかけたことがきっかけでアルバム収録になったとか。


13曲トータル75分のコンセプチュアルな大作。
テーマ、、メロディが印象的でハーモナイズしつつ、インプロしていくDavid Binneyらフロント陣。
Francesco Cataldoのギターは左(ch接続合ってれば^^)。David Binneyが右で絡み合う、、けど、
すっごい盛り上がるとか、ビビッドな要素がかなり希薄でしょうか。

全曲しっとりした印象で躍動感ある曲がもっと欲しいところですが、本盤でがカタルドの考える『スペース:スペーシーズ』というコンセプトがあるようです。Clarence Pennは手数も多くてプッシュしたプレイ、、ただ惜しいミキシング。ECMのManu Katché盤のようなサウンドだと光りそうです。




演奏曲
1. Our Jazz (Prologue)
2. Algerian Waltz
3 .Siracusa
4. Ortigia
5. Sunrise in Rome
6. Spaces
7. Vito (Intro), Raccontami
8. Why
9. Your Silence
10. Tourist in My Town
11. Perugia
12. A Phrygian Day
13. The Rain and Us (Epilogu)
by kuramae2010 | 2014-09-24 21:54 | jazz | Comments(0)

Antonio Sanchez / Migration / CAM JAZZ  <独立>

d0157552_0145475.jpgAntonio Sanchez / Migration / CAM JAZZ
Antonio Sanchez (ds)
David Sanchez (ts)
Chris Potter (ts,ss)
Scott Colley (b)



special guest
Pat Metheny (g) Chick Corea (p)

リリース:2007年





アントニオ・サンチェスの2007年の初リーダー作。チック・コリアとパット・メセニーがゲストで参加。1曲目はチック・コリア参加のトリオ・フォーマットで隠し味にラテンフレイバーもあり、チック・コリアらしくラディカルなピアノ。。エドワード・サイモンとは近い距離感ありな感じ。
「Did You Get It?」アントニオ・サンチェス作曲のバップチューンでスピード感ある2人のサックスが印象的。ここでのクリス・ポッターはスピード感ある運指でアクが抜けていい感じです。。3曲目「Arena」は、パット・メセニー作。この曲でもパットソロの後、ダヴィッド・サンチェス(たぶん?)のメロディアスなソロが浮かび上がります。次にクリス・ポッターのソロかな・・・パット・メセニーは脇に徹したいい仕事です。アントニオ・サンチェスとスコット・コリーとの相性は抜群。

聴いていくとこのアルバム、いい感じの構成です。


演奏曲
1. One for Antonio (Chick Corea) 9:01
2. Did you get it? (Antonio Sanchez) 7:23
3. Arena (Sand) (Pat Metheny) 9:30
4. Challenge Within (Antonio Sanchez) 8:44
5. Ballade (Antonio Sanchez) 6:29
6. Greedy Silence (Antonio Sanchez) 10:53
7. Inner Urge (Joe Henderson) 9:28
8. Solar (Miles Davis) 4:36

ラストはパット・メセニーとアントニオ・サンチェスで「Solar」です。



youtube
Pat Metheny Christian McBride Antonio Sanchez - Question & Answer
David Sanchez - Cultural Survival
Pat Metheny 4tet - Question and Answer 1 [2003] HD 2ファイル・・・
Pat Metheny 4tet - Question and Answer 2 [2003] HD
by kuramae2010 | 2011-08-29 00:55 | jazz | Comments(0)