うつし世は夢、夜の夢こそまこと

タグ:Portico Quartet ( 3 ) タグの人気記事

Portico Quartet / Portico Quartet / Real World Records

d0157552_1213047.jpgPortico Quartet / Portico Quartet / Real World Records

Jack Wyllie (sax, electronics, p, syn)
Keir Vine (hang,key,syn)
Milo Fitzpatrick (b, electronics)
Duncan Bellamy (ds, electronics, vo)
Cornelia (vo) M7
リリース:2012.2




英国、ロンドンで一番売れてるジャズ?ユニットじゃないかと思う、ポルティコ・クァルテットの3枚目のアルバム。
昨年の春ぐらいに購入してましたが、ようやく。。。

グループの特長だったハングのニック・マルヴェイが脱退し、キーボード&ハング奏者のケイル・ヴァインが参加した初のオリジナル盤。さらにプロデュース&エンジニアがビートルズやレディオ・ヘッドのジョン・レッキーからグレッグ・フリーマンへ変わってます。

私的にハング奏者が変わったせいか、エンジニアが変わったせいか、過去2枚より、一気にピコピコ音やサンプリング、シンセとアコースティック楽器の融合度が高まり、醒めた絵画的要素が拡大した感じです。多分にハングのスペーシー感を補完する音造り、あるいは新しい方向性の模索なのかもしれないけど、ハングの音色は仄かな温度感、原始的なあったかさがあったので、これまでのアルバムとは感触が随分と変わった。

それにしても、キャンバスにレイアウトしているかのような音場とギミック感あるリズム、、、トラックによってサックスの音像や空間感、配置など、かなりちがうミックス。
「Ruins」のイントロなどはレディオ・ヘッドっぽいサウンドからジャック・ワイリー、スペーシー感あるバックとハングをサンプリングしたようなサウンドで、メンバーが変わっても、らしいオリジナリティはあります。。。「Laker Boo」などのループするタイトなドラムと、奥に位置するホーン的なシンセ、前面に置いたピコピコ音など空間を意識した感じ。「Rubidium 」はストリングスとハング&シンセ、サックスのコラボが見事に立体的。7曲目には囁き系ボイスでコーネリアが参加。今月でるライブ盤にも参加しているようです。


d0157552_1235486.jpg


2年前のアルバム「イスラ」を聴きかえすと、ジャック・ワイリーのフリーなスペースがかなり消え、ハングとの絶妙な絡みもほとんどなくなりました。サウンド全体からもちょとしたユーモアさやひねた明るさ、猥雑感、前進感を失った感覚。演奏曲は「イスラ」などからの延長線だと思いますが、かなり醒めた感じ、、乾いてる。
シネマティック·アンビエント・ミュージックみたいなサウンド。



演奏曲
1. Window Seat
2. Ruins
3. Spinner
4. Rubidium
5. Export to Hot Climates
6. Laker Boo
7. Steepless
8. 4096 Colours
9. City of Glass
10. Trace




Portico Quartet - Spinner
by kuramae2010 | 2013-03-15 01:35 | jazz | Comments(0)

Portico Quartet

d0157552_0245030.jpgPortico Quartet / Knee-Deep in the North Sea / Real World Records
Jack Wyllie(sax)
Milo Fitzpatrick (db)
Duncan Bellamy (ds)
Nick Mulvey (hang)

録音:2007.2(未発表ライヴ音源収録再発:2011.2)




d0157552_0245664.jpgPortico Quartet / Isla / Real World Records
Jack Wyllie(sax)
Milo Fitzpatrick(db)
Duncan Bellamy (ds)
Nick Mulvey (hang)

録音:2009.10





このグループ、聴いたのが20才前後の頃だったら、2度目は聴かなそうなタイプだったりしますが、今は、すんなり聴けます。。植物が聴いても気持ち良さそうな、ポルティコ・クァルテットを仕入れました。なんとデビュー作から、ジョン・レッキーがプロデュースし、ロンドンで一気にメジャーになった、グループのデビュー作と2作目。


d0157552_024284.jpg



爆発的に「すげえぇ!」という感じじゃないけど、『なんとなく、わかる空気感』な感じです。ロンドンと東京、、背地がないところで暮らす自分はけっこうハマります。彼らは元々ストリートミュージシャンだったようなことがレーベルサイトに書いてありましたが、ロンドンの雑踏や人の殺伐?とした中で凝り塊まったものをほぐすような伸びやかさと自由さがあるような気がします。
このユニットの特長は、打楽器の一種、ハング(PANArt)奏者がいること。ハングの世界で一番巧いと言われてるニック・マルヴェイ(カナ?)が柔らかな鐘の音ような響きを出しています。サックスのジャック・ワイリー(カナ?)もやたらと柔軟に伸びる音。この二人の溶け合い方がなんとも言えません。ダブルベースのミロ・フィッツパトリック(カナ?)の躍動感も良い感じ。
メンバーにはコード楽器奏者がいないんですが、ハングがピアノ的な役割を担ったりします。音階をつくってる感じ。アルバムではサポートでピアノやヴィオラなどが入ります。

BBCや他レビューではフィリップ・グラス、スティーブ・ライヒ、e.s.t.というキーワードが出てきてました。私的には一時期のスティングのソロ時の空気感も感じたりします。このあたりはプロデューサーのジョン・レッキーの影響もありそうです。

ジャズ×ニューエイジ×ミニマルミュージック×ワールドミュージック×UKプログレ的なナニか。






youtube
なぜか、、残念ながらライヴ映像のパフォーマンスはちょっと今イチです。

最初の2分は我慢したくなる人もいるかも・・・
この動画の場所が『Studio 2 at Abbey Road』です!!
Real World Records 動画
Real World Records・・・レーベルオーナーはピーター・ガブリエルです。

http://www.porticoquartet.com/

Portico Quartet - Clipper
途中からのベース、ドラム、リズムのセンスが抜群にカッコいい「Clipper」


ani la jetee full



d0157552_0263694.jpg

by kuramae2010 | 2011-11-15 00:38 | jazz | Comments(0)

Stranahan - Zaleski - Rosato / Anticipation 

d0157552_1235088.jpg


Colin Stranahan Stranahan - Zaleski - Rosato / Anticipation / CAPRI

Colin Stranahan(ds)
Glenn Zaleski(p)
Rick Rosato(b)

リリース:2011.10



たまたまネットで試聴し、おもしろいリズムとタイム感が気になりアマゾンで買いました。休みの前夜にサイトを眺めて、試聴して、アマゾン.jpに在庫があると翌日には聴けるという。。今では当たり前なのかもしれませんが、ロンドンで人気急上昇「Portico Quartet」とかの新譜~旧譜まで聴けたりします。データだと即効でダウンロードできます。今では普通ですが。。
Portico Quartetはアマゾンで仕入れました。ハマってます。
おもしろい音楽をやっている人々は、以前よりぜんぜん売れる環境になっているということかもしれません。



『 Stranahan - Zaleski - Rosato / Anticipation 』のメンバーはブルックリン周辺のクラブが主な活動の場らしいです。でも、アルバムの1曲目はスタンダードの 「All the Thing You Are 」 からはじまります。アレンジが新鮮で何拍子なのかわかりませんが、アコースティック盤Hip hopみたいなヘンな感じで癖になる。テーマはストレートでリズムとコードがなんとも変化球。

実質のリーダーはドラマーのコリン・ストラナハンです、、、どういう経歴かよくわかりません。今年、カート・ローゼンウインケルのスタンダードバンドで来日したドラマーのようです。

2曲目がアーロン・パークスを彷彿とさせるテーマで、ピアノのグレン・ザレスキ(カタカナ?)のオリジナルです。3曲目がバップ・チューン。コリン・ストラナハンが煽り立てるし、テンポはコロコロ変わっていきます。メンバー各人が2曲づつ提供してるので各演奏でちがうという面白さあり。


この3人、ほぼ毎晩どこかのクラブでセッションやっているようです。
11月17日にN.Y.でピアニストのグレン・ザレスキはバイオリニストの大村朋子さんとDUOをやるようです。

大村さんのデヴィッド・ビニーのLiveレビューは伝わってくるものありました。
by kuramae2010 | 2011-11-10 01:17 | jazz | Comments(4)