うつし世は夢、夜の夢こそまこと

タグ:Paul Bley ( 3 ) タグの人気記事

Paul Bley / Footloose! / Savoy Jazz

d0157552_0281470.jpgPaul Bley / Footloose! / Savoy Jazz
Paul Bley (p)
Steve Swallow (b)
Pete LaRoca (ds)

録音:1962.8.17 1963.9.12





半年ほど前に1953年盤(Charlie Mingus(b))と一緒に入手していたと思う、、Paul Bley の Footloose!
この盤はログッたか、、忘れましたがカッコいいタイトル通りのイカした演奏。レコードを買っていた頃と合わせるとおそらくPaul Bley盤は30枚以上入手している気がします。その中であまり聴かない傾向がこの辺りの演奏です。。

Fontanaレーベルでのイメージが強烈だったせいか、聴かず嫌いというのか、一聴してとてもオーソドックスなフォームなせいか、遠のくというパターンですが、「Floater」などはミステリアスな演奏で1962年では斬新な演奏。「king korn」も。同じメンバーで演奏している「Ida Lupino」のピアノも超クールです。よくよく年代を見るとECMのデビュー盤と重なる時期です。
勝手に不死身だとおもっていた Yusef LateefやOrne­tte Coleman、そしてPaul Bleyも天に召されてしまいました。

High Fidelity!



演奏曲
1.When Will The Blues Leave
2.Floater
3.Turns
4.Around Again
5.Syndrome
6.Cousins
7.King Korn
8.Vashikar


d0157552_0365952.jpg

by kuramae2010 | 2016-02-17 00:42 | jazz | Comments(0)

Paul Bley / Footloose! / Savoy Jazz

d0157552_112496.jpgPaul Bley / Footloose! / Savoy Jazz
Paul Bley (p)
Steve Swallow (b)
Pete LaRoca (d)

録音:1962.8.17 1963.9.12





はじめてPaul Bleyを聴いたのは、歌舞伎町のナルシス。
イラストが奇妙なフォンタナ盤で、なにか『自由だぁ~』という記憶しかない。

チャーリー・パーカーとも共演したことがある云々を知り、スタンダードよりのはあるのかな?と探したところ、
1962年Savoyにのこしたコレがわりとトリオでスタンダード曲を演奏してました。

でも、、のっけから、音たりてない?ていう感があるオーネットの「When Will The Blues Leave」。
(・・・去年の来日がラストチャンスだったんですね。冥福を祈ります。)


いつ聴いても独特な硬さと奇妙な不協和音?半音階スケール?で
中空に張ったピアノ線上をひょいひょいと飛んでる様な感覚。

Paul Bleyってなぜか好きな音。



演奏曲
1.When Will The Blues Leave
2.Floater
3.Turns
4.Around Again
5.Syndrome
6.Cousins
7.King Korn
8.Vashikar
by kuramae2010 | 2015-08-16 00:43 | jazz | Comments(0)

Paul Bley / In haarlem /

d0157552_1175264.gifPaul Bley / In haarlem / Freedom

Paul Bley(p)
Mark Levinson(b)
Barry Altschul(ds)

録音:1966.11



ポール・ブレイがJAZZシーンの中で、異質な輝きを放っていた1966年のオランダ、クラブ ハーレムでのライブ盤。
本作前後に「Ramblin'(1966)」や「Ballads(1967)」とポール・ブレイが残した数多ある作品の中でもかなりエッジが立った時期の演奏です。


収録曲は「Blood」と「Mister JOY」の2曲。
「Blood」は約2ヶ月前に録音された「Ramblin'」同様、覚めた硬いエネルギーに満ちた演奏で空中分解しそうな雰囲気と絡み度合いがダイナミック。・・・聴く方はけっこうな気力がいります。「Mister JOY」は1曲目同様、3人の緊密感あるテンションと溢れるスイーツなメロディのバランスが絶妙な演奏。


Mister JOY
ポール・ブレイのピアノは、時にギクッとする重ねた音が穢れるギリギリな感じで螺旋上を激しく昇り降りするようなサウンドと、凄まじく美しいフレーズが顔を見せる強烈な多面性があります。

3人の高いテンションの中で、甘暗さやエキゾチックな香りはマーク・レヴィンソンのベース。途中でガラッと路線変更するように聴こえます。バリー・アルトシュルの中空でカツーンと決まるシンバル。少し奥で鳴るスネアの広がりと決まるリムショット。

このアルバム録音はあまり良くないですが「Mister JOY」のセッションは大好き。24分弱の演奏が短く感じる。演奏と観客との落差は大きいです。


1960年代後期頃、超イケメンだったポール・ブレイは、
『演奏は、その前に自己の哲学したあとの云々(重要な部分を忘れましたッ)』
・・・残り滓みたいなムツカしい概念でトリオフォーマットを極めようとした、と語っていました。
by kuramae2010 | 2012-01-10 00:58 | jazz | Comments(0)