うつし世は夢、夜の夢こそまこと

タグ:Miguel Zenon ( 5 ) タグの人気記事

Miguel Zenón/ Ceremonial / Marsalis Music

d0157552_23533275.jpgMiguel Zenon / Ceremonial / Marsalis Music
Miguel Zenón (as)
Luis Perdomo (piano, Fender Rhodes)
Hans Glawischnig (b)
Antonio Sanchez (ds)

Luciana Souza (vo)
Hector "Tito" Matos (per)


リリース:2004.01.13




『Oye Live in Puerto Rico 2013』がイイ、プエルトリコのアルト奏者、Miguel Zenónの2004年旧譜。一時期わりと仕入れてまして、好きなアルト奏者です。
太くなめらかでしなやか、、演奏におけるテクニカルな面もさることながら、曲づくり全体のサウンドづくりが卓越した人。時に「Rayuela - Sunnyside Records」のような??がつく盤もありますが。。辛口でハードな演奏は容貌と同じく抜群な斬れ味。

「Ceremonial 」は全てミゲルゼノンがコンポジション。レーベルオーナーのブランフォード・マルサリスがプロデュース、マスタリングにも参加。メンバーはアントニオ・サンチェスとルイス・ペルドモが参加!ベースがハンス・グラヴィシュニク。2004年、録音は10年前、、、古くない。。


d0157552_23533575.jpg

▲録音当時のMiguel Zenón



1曲目の「Leyenda」。前向き感に満ちたテーマとラテン風味が効いた伸びやかなコンポジション。サンチェスのグルーヴ感とかオープニングナンバーにふさわしい演奏。
2曲目は瑞々しい水分量?が多いルイス・ペルドモのソロがいい。。ミゲル・ゼノンとは10年以上のタッグなんですね。ペルドモの最新盤はたしか、ジャック・ディジョネットが参加したトリオ盤だったかな。。

3曲目の「Transfiguration」はルシアーナ・ソーザがボイスで入ります。昨年録音のアントニオ・サンチェスの「New Life」とも通じる世界観。
続く、「Mega」はへクター・チト・マトス(カナ?)も入り、リズムの緩急、アルトの奔りっぷりもすごい。6曲目の「Morning Chant」などのダーク感あるビートとゼノンの駆け上がっていくフレーズ、ペルドモ ソロ裏のシンバルレガート、ベースのグラヴィシュニクの加速感は快感。リズムが変化していくコンポジションでのサンチェスはドラマチック。演奏後半のゼノンは本盤の中でも一番アゲアゲなソロ。ベースがハンス・グラヴィシュニクなんですね。うれしい。

8曲目の「Ya」とかはポスト・バップな要素とリズムの多様感、イケイケなアルトでオーソドックスなジャズっぽさもw
ラスト曲「Great Is Thy Faithfulness」、バラードですが内側が熱いw、絶妙です。こういう演奏で力量が出ますね。


後半曲も駄作、イケてない演奏もなく、聴き終わるとスケール感の大きさ、ダイナミックな心持ちさせてくれるのが不思議。
何かを謳歌してるような、、ミゲル・ゼノン流な『儀式』。



演奏曲
1. Leyenda
2. Ceremonial
3. Transfiguration
4. Mega
5. " Reminder Of Us, A "
6. Morning Chant
7. 440
8. Ya
9. Great Is Thy Faithfulness




ミゲル・ゼノンのサイトにあった最近聴いてるアルバム。
1年ほど前か知りませんが、Vijay Iyer,Bon Iver,Ben Monder,kanye West/ Jay Z
NEXT Collective / Cover Art / Concord records の選曲と共通感あります。今のスタンダードか

- Kendrick Lamar - good kid, m.A.A.d city
- Arcade Fire - Neon Fire
- Vijay Iyer/Mike Ladd - Holding it Down
- Bon Iver - Bon Iver
- Etiene Charles - Creole Soul
- Ben Monder - Hydra
- John Hollenbeck - Songs I LIke a Lot
- Big Star - The Best of Big Star
- Kanye West/ Jay Z - Watch The Throne
- Dawn of Midi - Dysnomia
by kuramae2010 | 2013-11-07 00:20 | jazz | Comments(0)

Miguel Zenon & Laurent Coq / Rayuela / Sunnyside

d0157552_22515413.jpgMiguel Zenon & Laurent Coq / Rayuela / Sunnyside

Miguel Zenon (as)
Laurent Coq (p)
Dana Leong (cello, tb)
Dan Weiss (ds, tabla, per)
リリース:2012.8





ミゲル・ゼノンの新譜です。youtubeだったかでライブを聴き、即日購入した盤です。
・・・CDに収録されている演奏は、ライブ動画で聴いた演奏より、室内楽?現代音楽っぽいノリでした。楽曲からローラン・コックとの共作でもあります。

アルバムはアルゼンチンの作家、フリオ・コルサタルの小説『Rayuela』に影響を受けて、つくられたようです。フリオ・コルサタルはラテン・アメリカ文学の代表的な作家だそうです。「百年の孤独」のガルシア・マルケスなどと同世代の作家。

相方には、フランス出身のピアニスト、ローラン・コック。ライブ動画ではローラン・コックがよかった記憶。
ミゲル・ゼノンは随所で滑らかで抜けたアルトソロを聴かせてくれるし、リズムは千変万化で凝ってます。

が、小難しい。読んでもないので尚。

アートワークは上下にプエルトリコ?とマルセイユ?のコラージュ。All about jazzのレビューに 『"French-Latin American" connection 』プロジェクト云々とありましたが、プエルトリコ出身のゼノン、フランス出身のコックがアルゼンチンのフリオ・コルサタルを起点にしたコネクト感。

・・・ぶっちゃけ聴いても、どこがどうコネクトされてどうなのか、というキモがわかりませんw 
昨年のグラミー賞を獲ったミゲル・ゼノン新譜ということで。



演奏曲
1. Talita (Laurent Coq)
2. La Muerte de Rocamadour (Miguel Zenon)
3. Gekrepten (Laurent Coq)
4. Buenos Aires (Laurent Coq)
5. Morelluana (Miguel Zenon)
6. Olveira (Laurent Coq)
7. Berthe Ytrpat (Miguel Zenon)
8. Traveler (Laurent Coq)
9. La maga (Miguel Zenon)
10. El Club de la Serpiente (Miguel Zenon)



d0157552_22575752.jpg

by kuramae2010 | 2012-11-25 22:21 | jazz | Comments(0)

Newport Jazz 2012

今年のニューポート・ジャズフェスの一部音源がNPRで聴けるようになってます。
ビル・フリーゼルやジャック・ディジョネットも参加。



d0157552_351250.jpg
Erik Jacobs for NPR

Pianist Jason Moran performs as a part of the Jack DeJohnette All-Stars

Jack DeJohnette All-Stars, Live In Concert: Newport Jazz 2012
Jack DeJohnette, drums
Lionel Loueke, guitar
Jason Moran, piano
Christian McBride, bass
Tim Ries, saxophones
Luisito Quintero, percussion
George Colligan, piano and drums
Jason Palmer, trumpet
2012.8.5


ジャック・ディジョネット・オールスターズ。ジェイソン・モランやクリスチャン・マクブライド、
リオネール・ルエケ、ティム・リースという、ちょっとしたドリーム・ユニットのライヴ音源。

ルエケボイスが気になるかもしれませんが、前半はエッジの斬り立ちまくりなジェイソン・モランw
後半はルエケの弾力感あるギターがいい感じ。








d0157552_35086.jpg
Erik Jacobs for NPR
Miguel Zenón's Rayuela Quartet, Live In Concert: Newport Jazz 2012

Miguel Zenón, alto saxophone
Laurent Coq, piano
Dana Leong, cello/trombone
Dan Weiss, drums/tabla

ミゲル・ゼノンはもちろんですが、ピアノのローレン・コック(カナ?)がいい!
最新作の「Rayuela」オーダーしました。









d0157552_315791.jpg
Erik Jacobs for NPR

Three Cohens, Live In Concert: Newport Jazz 2012
Yuval Cohen, soprano saxophone
Anat Cohen, clarinet/tenor saxophone
Avishai Cohen, trumpet
Reuben Rogers, bass
Rudy Royston, drums
Aaron Goldberg, piano

フロント3兄弟にアーロン・ゴールドバーグ、ルーベン・ロジャース。




ジャズフェス・・・
オーネット・コールマンが、明日の夜もしかしたら最後かもしれない来日公演を演ります。
by kuramae2010 | 2012-09-06 23:11 | jazz | Comments(0)

SF Jazz Collective / Live in New York 2011 · Season 8 / SFJAZZ Records

d0157552_005853.jpgSF Jazz Collective / Live in New York 2011 · Season 8 / SF Jazz Records

Miguel Zenón (as)    Mark Turner (ts)
Avishai Cohen (tp)   Robin Eubanks (tb)
Stefon Harris (vib)   Edward Simon (p)
Matt Penman (b)     Eric Harland (ds)

リリース:2011.9.13



このメンツで、スティービー・ワンダー集♪
ステフォン・ハリス、エリック・ハーランドは神w
音が弾む、濃いグルーヴ!

マット・ペンマンっていいかも。



演奏曲
Disc 1
1. Sir Duke – Stevie Wonder (arranged by Avishai Cohen)
2. Do I Do – Stevie Wonder (arranged by Eric Harland)
3. Family – Avishai Cohen
4. Blame It On the Sun – Stevie Wonder and Syreeta Wright (arranged by Mark Turner)
5. Superstition – Stevie Wonder (arranged by Miguel Zenón)

Disc 2
1. Race Babbling – Stevie Wonder (arranged by Robin Eubanks)
2. Visions – Stevie Wonder (arranged by Stefon Harris)
3. Orpheus – Mark Turner
4. Young and Playful – Edward Simon
5. The Economy – Matt Penman

Disc 3
1. Life Signs – Stefon Harris
2. Creepin’ – Stevie Wonder (arranged by Matt Penman)
3. Metronome – Robin Eubanks
4. More to Give – Miguel Zenón
5. Eminence – Eric Harland
6. My Cherie Amour – Stevie Wonder, Henry Cosby and Silvia Moy (arranged by Edward Simon)



関連動画









New SFJAZZ Collective
"Music of Stevie Wonder and New Compositions" - Live in New York 2011 Season 8
by kuramae2010 | 2012-07-04 00:14 | jazz | Comments(0)

Miguel Zenon / Esta Plena / Marsais Music

d0157552_185346.jpgMiguel Zenon / Esta Plena / Marsais Music
Miguel Zenon (as)  , Luis Perdomo (p)
Hans Glawischnig (b) , Henry Cole (ds)
Hector "Tito" Matos (vo,per) , Obanilu Allende (vo, per)
Juan Gutierrez (vo, per)

リリース:2009.10



上手いし、熱いし、斬れる!と三拍子そろった、
プエルトリコ出身のミゲル・ゼノン、2009年旧譜。



8曲目からラストまでの展開が良くて「蛍の光」はプエルトリコの人々も
グッと来るものがあるんでしょうか。

このアルバムはプエルトリコの現体制への強烈な批判、民衆への濃いメッセージが込められているとコメントされていました(DUレビュー)。まったくちがう状況、メッセージですが、クリスチャン・スコットの「アンセム」などと似たようなイメージを持ちました。


Miguel Zenon web site
2012.3.4
Tribute to John Coltrane
Miguel Zenon presents Caravana Cultural
w/ Miguel Zenon, Danny Grissett, Vicente Archer & Marcus Gilmore


サイトによると、ミゲル・ゼノンは演奏者という側面と教授・先生としての活動もワールドワイドなようです。バンフセンター、バークリー、シエナジャズ、コンセルバトワール・パリ、マニトバ大学、マサチューセッツ大学など。またいくつかの財団と西アフリカエリアなどで音楽を通じた文化的な支援も行っているようです。

今年リリースされたミゲル・ゼノンの「Alma Adentro」がアカデミー賞にノミネートされています。
かつて、デヴィッド・マレイとも共演したことがあるらしいので、探したい。



d0157552_1821739.jpg

by kuramae2010 | 2012-01-07 18:10 | jazz | Comments(0)