うつし世は夢、夜の夢こそまこと

タグ:Matt Penman ( 4 ) タグの人気記事

Fabio Zeppetella / Handmade / jando music - Via Veneto Jazz

d0157552_22572349.jpgFabio Zeppetella / Handmade / jando music - Via Veneto Jazz
Fabio Zeppetella (g)
Aaron Goldberg (p)
Matt Penman (b)
Greg Hutchinson (ds)
リリース:2012.5




いつ購入したのか忘れましたが、イタリアのギタリスト、Fabio Zeppetellaのアメリカン・クァルテット盤。
参加メンバーに魅せられて仕入れました。

普段仕入れた盤で、今イチなのはログらないんですが、たまには私的な『NG盤』です。


Fabio Zeppetella / Handmade
歯車が噛み合ってないのか、参加メンバーから想像していた演奏とはかけ離れてる。
冒頭数曲のオリジナル曲もコンポジションも凡庸・・・狙いなのかわかりません。




で、・・・ナニかがおかしい。


遠近感のギミック?全体の空気感がヌメッとしてて、ギターがデカすぎる上、リバーブがかかるのでキモいw
さらにドラムスのミックスも奇妙で、マルチマイクなんだと思いますが、タムが遠くて空気感だして
しかも、音がヌルい。Aaron Goldbergのピアノも遠くてサイズ感が奇妙。。。フルレンジのCSLⅡで聴いてもわからない感性です。

コルトレーンの「Moment’s Notice」でも、このメンツじゃなくてもいい感ぢ^^ 2012年のジャズとしてはなにかのっぺりと寂しい。ベースのMatt Penmanは、Kurt RosenwinkelやMike Morenoとも共演してますが、比べてはいけません。さらにPenmanはNir Felder盤にも参加してましたが、あの盤の惜しさ、未完の原石とも根本的にちがいます。
かと言って、Wolfgang MuthspielやJohn Abercrombie、Tobias Sjogren、Ulf Wakenius らの一聴でわかる個性も希薄・・・過去にFabio Zeppetella / Jobim Variations も聴いていたみたいですが、記憶の彼方。
僕には向いてない方、というコトなんだと思います。


演奏曲
1. Ubi
2. Choro Pra Gianlu
3. Via Manzoni 7
4. Reunion
5. Across The City
6. The silence of the mind
7. How Deep
8. Moment’s Notice (John Coltrane)
9. Waltz For Lu
by kuramae2010 | 2014-03-16 23:01 | jazz | Comments(0)

Nir Felder / Golden Age / OKeh

d0157552_23564825.jpgNir Felder / Golden Age / OKeh
Nir Felder (g)
Aaron Parks (p)
Matt Penman (b)
Nate Smith (ds)

リリース:2014.1.21





1月28日に届いたNir Felder の新譜です。


数十回聴いてみました、、、アルバム・コンセプトは凝ってますが、
残念ながらパッケージの魅力がちょっと薄いです。

Live音源のインパクトが強すぎでした。。本来の仕事はliveなんでしょうけど。

ベストトラックはRafiq Bhatiaとも通じてそうな「Ernest / Protector 」、これ文句なしでカッコいい。けど、まだサラっとしてるかなぁ・・・ほかは「Memorial 」とかでしょうか。いいメンバーなんですが、、、次作に期待。

こんなんじゃないハズ。



演奏曲
1. Lights
2. Bandits
3. Ernest / Protector
4. Sketch 2
5. Code
6. Memorial
7. Lover
8. Bandits II
9. Slower Machinery
10. Before the Tsars




d0157552_0213549.jpg

by kuramae2010 | 2014-02-10 00:38 | jazz | Comments(0)

Nir Felder / Golden Age / Masterworks

d0157552_0242338.jpgNir Felder / Golden Age / Masterworks

Nir Felder (g)
Aaron Parks (p)
Matt Penman (b)
Nate Smith (ds)
リリース:2014.1







上の動画を観てから注目していたニール・フェルダー。
まだ届きませんが、、、ようやく新譜が出ました。メンツはアーロン・パークス、マット・ペンマン、ネイト・スミス。



Nir Felder Live at Smalls Jazz Club, NYC June 2013 (Full Sets - Live Webcast)
Live at Smalls Jazz Club, New York City - June 19th, 2013



演奏曲
1. Lights
2. Bandits
3. Ernest / Protector
4. Sketch 2
5. Code
6. Memorial
7. Lover
8. Bandits II
9. Slower Machinery
10. Before the Tsars
by kuramae2010 | 2014-01-05 00:03 | jazz | Comments(2)

Matt Penman / The Unquiet / Fresh Sound New Talent

d0157552_162448.jpgMatt Penman / The Unquiet / Fresh Sound New Talent
Matt Penman (b)
Kurt Rosenwinkel (g)
Chris Cheek (ts, ss)
Aaron Goldberg (p,fender rhodes)
Jeff Ballard (d)
リリース:2002.1



昨年購入した「 James Farm 」にも参加していたベーシスト、マット・ペンマン2002年のリーダー盤。
この盤は、購入してしばらく眠っていたので、なんで仕入れたのか不明のまま聴きました。

ギターがカート・ローゼンウィンケルそっくりなサウンド!
2曲目「 Treehugger 」とかマーク・ターナーっぽいコンポジションだとか思いながら、気だるさ加減がよいので、ジャケットの薄い印字を見ると、もろカート・ローゼンウィンケル参加でした(恥)。かなり不気味なアートワークでしたが参加したメンツ買い、ということを思い出しました。

アルバムタイトル曲「 The Unquiet 」 10分超の演奏。ダークでマイナーなクリス・チークの音とカート・ローゼンウィンケルの浮遊系ギターのユニゾンからはじまり、アーロン・ゴールドバーグの「力」が入ったソロが聴きどころ。。これはいいソロだし、リズムの躍動感もダイナミック。後半の全奏も迫力あります。
6曲目「Wanton Ways」デヴィッド・ビニーっぽい雰囲気も感じさせる曲想。ラスト曲「Desert Storm」4分弱の演奏ですが、疾走感あるサウンドでN.Y.Cのカウボーイみたいな駆け抜け感。


一聴目、1,2度ソロをとったりしてましたがマット・ペンマンの主張がほとんどわかりませんでした。。。
なので?ライナーにも記載がなかったので不明ですが、たぶん全曲マット・ペンマンのオリジナルで、統一感あるコンポジションが彼の仕事になるんでしょうか。クリス・チークとカート・ローゼンウィンケルのハーモニーやカート、アーロン・ゴールドバーグのソロにスポットライトがあたった2002年ブルックリン・サウンド。

「 James Farm 」をじっくり聴くとまたちがうイメージになるかもしれません。。
by kuramae2010 | 2012-02-11 01:25 | jazz | Comments(0)