うつし世は夢、夜の夢こそまこと

タグ:Massimo Biolcati ( 6 ) タグの人気記事

Lionel Loueke / GAïA / BlueNote

d0157552_0285524.jpgLionel Loueke / GAïA / BlueNote
Lionel Loueke (vo,g)
Massimo Biolcati (b)
Ferenc Nemeth (ds)

リリース:2015.11.04





Gilfemaの2015年版と言えそうな、BlueNote盤。先月手にとって見てたのですが参加メンバーが書いてなく見送ってました。たまたま米サイトのレビューでMassimo BiolcatiとFerenc Nemethが参加したトリオ盤ということでこれ1枚を入手するためDUへ。。


ジルフェマは好きだけど、Lionel Louekeオンリーとなると二の足を踏みつつ
過去3枚のBLUNOTEリーダー盤ももってますが、、この新譜はどうか。。

録音はスタジオライブの一発録りで、BlueNote社長自らのプロデュースという力の要れよう。サウンドもいい意味で粗削りで、obliqsoundとは真逆かな。トリオですけど分厚いサウンド。Rain Wash、Forgiveness以外は割りとアグレッシブでベナンやカリブの匂い、アフロファンクなノリでLionel Louekeワールドで独特なグルーヴが遺憾なく発露してます。一聴してルエケは個性ある音を確立しきってますね。しかしながらこの発露が好きか嫌いかパッキリわかれると思います。タイトル曲は複雑なリズムで今様なコンポジション。Processionは70年代のロックな香り。ラスト曲は有名なHow Deep Is Your Love?で斬新なアレンジ。

Ferenc Nemethですがドラムス全体のエアー感がないせいか(感じられないだけ・・?)しなやかさに欠け、
ジルジャンの響きは総じて粒立ちが粗い感じでこれまで聴いた他盤や、他レーベルのサウンドを思い出すと相当な違和感がありますけど、、アグレッシブではあります。

.........この盤は演奏も音も好きではありませんけど、この3人のアルバムは今後も出して欲しい願望はずっと変わりません。



演奏曲
1. Broken
2. Sleepless Night
3. Sources Of Love
4. Wacko Loco
5. Aziza Dance
6. Rain Wash
7. Forgiveness
8. Even Teens
9. Gaia
10. Veuve Malienee
11. Procession
12. How Deep Is Your Love ?
by kuramae2010 | 2015-12-09 00:30 | jazz | Comments(0)

Ferenc Nemeth Group / Chris Potter "Creep" @ 55 Bar.

d0157552_23162989.jpg
Ferenc Nemeth Group / Chris Potter "Creep" @ 55 Bar.

Sam Yahel
Massimo Biolcati
Gilad Hekselman
Ferenc Nemeth

Gest
Chris Potter

55 Bar, May 20, 2015

いいメンツ!!
僕的には、Ferenc NemethにMassimo Biolcatiというだけで、
どんな盤でも入手するんですが、、さらにSam Yahel にGilad Hekselmanです。
音源がリリースしてほしいメンツ。



動画はおそらくスマホで録られたものかと。。P2は歪み多し。




Gilad Hekselman Trio
こちらはヘクセルマン・トリオですが、、ヘクセルマンっぽいスイーツな楽曲に耽美なインタープレイ。


Gilad Hekselman - Guitar
Reuben Rogers - Bass
Ferenc Nemeth - Drums


Gilad Hekselmanの新譜が出ているんですが、ドラムスがFerenc Nemethじゃないんですよねえ、、、
最近のイスラエル勢ではShai Maestro Trio のゲストにKurt Rosenwinkel & Avishai Cohenとか大出世?です。
by kuramae2010 | 2015-10-17 23:28 | jazz | Comments(0)

Massimo Biolcati / Persona / Obliq sound

d0157552_23162548.jpgMassimo Biolcati / Persona / Obliq sound
Lionel Loueke (g)
Pete Rende (piano,accordion)
Massimo Biolcati (b)
Jeff Ballard (ds)



Guest
Lizz Wright (vo) 6
Gretchen Parlato (vo) 8
リリース:2008.3





スウェーデン出身のベース奏者、Massimo Biolcatiのデビュー盤を入手しました。
Biolcati、好きなベーシストです。相変わらず曲作りも巧みです。

メンツは粒揃いな感じでギターにLionel Loueke、ピアノにPete Rende。このレンデという人、James Farm初盤やDan TepferやBad Plus、Adam Cruz、John Ellis盤など多数のエンジニア・ミキサーとしても活動してます。ドラムスはフェレンク・ネメスではなくJeff Ballard。盤後半にはボーカル2人が参加。

アルバムは「Motion」と「Stillness」という2つのパートに別れ、全曲ビオカルティのオリジナル。
前半「Motion」は予想通り、4ビートはなく、変拍子やテンポチェンジ、アフロやラテンリズムなどリズムがすごいっ、さらにハモリも複雑な上にLouekeの個性が際立って、ジルフェマをラジカルにしたサウンド。どの演奏もかなり複雑なコンポジションですが、小難しくならないビオカルティらしい工夫、配慮があるような。。

4曲目の「Transference」の導入から、RendeとLouekeの浮遊感、アンサンブルは曲の良さもあってクール。ボイスとビオカルティらリズム陣とのインプロも楽しい。キモイほどのテンポ変化。「TT」もBiolcatiらしい巧さ。Pete RendeのクラシカルなタッチとLouekeの哀感あるアフリカンタッチの即興が絶妙なカラーレーション。


d0157552_23172099.jpg



6曲目からは”静けさ・静寂”というのかダークなスローサイドです。
「Winterhouse」はLizz Wrightが参加です。リーダー盤は2枚ほどありますね。内省的なささやき系ボーカルが楽想とマッチ。ベタつかない切なさ加減がよい感じ。この盤ではルエケの演奏が嫌味なく発揮されてて、やっぱり多彩な表情があるギタリスト。

「To Be」はGretchen Parlatoが参加。リーダー盤はあまり好きじゃないのですが過去にLouekeと作ったアルバムでとても良いのがありました。この盤ではデビュー直後か?物憂なボーカルもLizz曲を聴くと。。。
Jeff Ballard のブラシ、アクセントが雰囲気あり。


全体を通じてBiolcatiの曲、コンポジションが良くて、Louekeの個性もいい感じで出てるんじゃないでしょうか。過去盤では音作りも好きな Obliq soundレーベルですが、入手した盤(プレス)は、なんとなしにザラッとしているようでちょっと今イチ。

このMassimo Biolcatiデビュー盤ははリリース年にI.M.Aジャズ・アルバムのファイナルに残ったアルバムだったとか。デビュー盤とは思えない出来。
できれば、1年に1枚アルバムを聴きたいベーシスト。



演奏曲

Motion
1. The Beginning;
2. Deconstruction
3. Wise Way
4. Transference
5. TT

Stillness
6. Winterhouse
7. Hopeless Dream
8. To Be
9. Under July
10. Scandinavia
by kuramae2010 | 2014-11-25 23:24 | jazz | Comments(0)

David Dorůžka / Hidden Paths / Cube Metier

d0157552_1574046.jpgDavid Dorůžka / Hidden Paths / CUBE METIER

David Dorůžka (g)
Massimo Biolcati (b)
Kendrick Scott (ds)

リリース:2004.2



1980年、チェコスロヴァキア生まれのダヴィッド・ドルーシュカ(カナ?)の2004年リリースの旧譜。
昨年の11月頃の購入盤、ケンドリック・スコット参加を見た瞬間にカゴへ。マッシモ・ビオルカティは、「 Francisco Pais Quintet / Not Afraid of Color 」「 Gilfema / Gilfema 」などにも参加。

で、リーダーのダヴィッド・ドルーシュカはバークリー音楽院時代に同級生達から天才!と言われてたらしいです。同級生に日本のジャズミュージシャンがいてその方が語っていました。2007年以降はFresh Sound New Talentからリーダー作をリリース。


年末仕入れてちょっと聴いた、2010年3月リリースの 
David Dorůžka  / Wandaring Song / FSNT は、オルガン、ハービー・ニコルス、オーネット・コールマン曲でコンセプトががらっと違ってます。本質は「 Hidden Paths 」が色濃くでてる感じもします。


Hidden Paths
チェコの集合住宅、冬の侘しさや灰色を思わせるジャケットですが、サウンドもやはりモノトーンな展開で内省的な色合。オリジナルは渋く「滋味」なメロディ。オリジナル以外ではモンク、コルトレーン、ビヨークの曲を演奏。
くぐもった音で渋みがあるギターの音色。冬の寒空の下、口元を両手で隠し息を吹きかけると湿った暖かみを感じるような小さなあたたかさ(なんのこっちゃ?)。

「I Will Keep Searching」などは低体温感のまま、テンションが上がっていく不思議さ。
ハンガリーのギタリスト、ガボール・ガドーより、めっさ地味。

冬っぽい1枚。
by kuramae2010 | 2012-02-08 01:22 | jazz | Comments(0)

Lionel Loueke / Karibu / Blue Note

d0157552_1864470.jpgLionel Loueke / Karibu / Blue Note
Lionel Loueke (g,vo)
Massimo Biolcati (b)
Ferenc Nemeth (ds)

Heabie Hancock (p) M-2,7 , Wayne Shoter (ss) M-5,7
リリース:2008.3



前回購入したジルフェマがすごく良かったので(特にフェレンク・ネメスのコンポジション)、
大御所、後見人ゲスト参加のブルーノートからの「Karibu」を仕入れました。

・・・ジルフェマの演奏と基本、同じ感じです。
同じメンツだから当たり前なんですが、ルエケ自身のサウンド、コンセプトが同じ世界観のように感じました。
より一層、南国パラダイス色が加速し、ハービー・ハンコックはいいのかもしれませんが、ウエイン・ショーターは違和感が出ている感じもします。

録音が良いのか?突然あらぬ方向から生々しい音が出てびっくりします。。
by kuramae2010 | 2012-01-07 18:33 | jazz | Comments(0)

Gilfema / Gilfema   <独立>

d0157552_221934.jpgGilfema / Gilfema / obliqsound Ward Records
Lionel Loueke (g,vo)
Massimo Biolcati (b)
Ferenc Nemeth (ds)

リリース:2006.1




ジルフェマの2004.9月録音のデビュー盤をDUのギターコーナーで見つけました。フェレンク・ネメス買いです。
2000年ぐらいから今年まですっぽり抜けているので、これもまた新鮮。

ジルフェマのメンバーはバークリー~難関モンク・インスティテュート時代からの同級生で、当時から活動し、現在3作のアルバムがリリースされてます。演奏レベルは凄く高いんだそうです。実質的なリーダーはリオーネル・ルエケで、現代のシャーマンと評するレビューも見ました。モンク・インスティテュート受験当時の面接官だったハービー・ハンコックとウェイン・ショーターが試演を聴いて後見人として名乗りを上げたそうです。手持ちの盤ではフェレンク・ネメス(ds)、アヴィシャイ・コーエン(tp)やクリスチャン・スコット(tp)リーダー作に参加しています。ベースのマッシモ・ビオルカティは一緒に仕入れた、David Doruzka(g)の「Hidden Paths」に参加してます、このギタリストも学生時代は天才と言われたそうです。

リオネール・ルエケ。
シャーマン、、、そんな感じはあんまり受けず、ボーカル、鼻歌ありでアフリカ、ラテン色がある演奏が半分ほど、ルエケ6作、ネメスが3作、ビオカルティが4作提供。リオーネル・ルエケのコンポジションはルーツに根ざしたサウンドやラテン系でドラム以外の打楽器も登場。

好きな演奏は、やはりフェレンク・ネメスもの。。マッシモ・ビオルカティも順当です。

5.Vera(フェレンク・ネメス)
バネでも入ったのかと想わせるギター、しかも澄み切った音色。ダークな曲想ですが、ツボ。フェレンク・ネメスの細かいパーカッション、ドラム。ルエケの「鼻歌」が広がりと厚みをプラス。

7.New Song(フェレンク・ネメス)
これまた、ネメスのコンポジションですが、この雰囲気、、、同じくドラマーのマヌ・カッチェとも通じそうなしっとりしたダーク感。。マッシモ・ビオルカティのベースが厚く歌い、ルエケの鼻歌が音楽として凄まじくキマってます。ネメスの繊細なブラシワークは締まります。

このアルバムは言語、アフリカとラテン系などの演奏が多いですが、4,5回とリピートさせつつ聴き進むと、透明感や「潤い感」が不思議と心地よくなる。



d0157552_2261586.jpg





クリスマスはノリで遊び行きますが、
元旦は、昨年の天照皇大神札と氏神様札を返礼し新しい御札迎えます。

正月の3,4日間はカミサマが遊びに来ると言われているようです。
でも 『来てるなぁ、神さま』 と思ったことは一度もありませんが。。

昨年から氏神様が第六天榊神社となったのでそちらへ返しにいきました。この第六天榊神社の歴史はすこぶる古く、1902年前に建立されてます。建立約1300年の浅草寺より古いことを知りました。

また、こちらの氏神さんは天照大神のおじいちゃんにあたるらしいのです。

この辺りは江戸時代の浮世絵やモノクロ写真、古地図で凡そどんな場所かイメージつきますが、
おんなじ場所でも1900年の時空を超えることは初夢でもみない限り無理っぽい。
by kuramae2010 | 2012-01-02 01:31 | jazz | Comments(0)