うつし世は夢、夜の夢こそまこと

タグ:Kurt Rosenwinkel ( 7 ) タグの人気記事

Kurt Rosenwinkel / CAIPI /SONG X JAZZ Inc

d0157552_327984.jpgKurt Rosenwinkel / CAIPI /SONG X JAZZ Inc
KURT ROSENWINKEL guitar, keyboards, voice
PEDRO MARTINS guitar, keyboards, voice
OLIVIA TRUMMER piano, keyboards, voice
FREDERICO HELIODORO bass, voice
ANTONIO LOUREIRO percussion, voice
BILL CAMPBELL drums



Kurt RosenwinkelのNEW ALBUMの「CAIPI」ですが、
なんと、ミナスジェライスのギタリスト、PEDRO MARTINSが登場!!!

この若者の「Dreaming High / Adventure Music」他や
YOUTUBEの音源は2014年当初からよく聴いてました。ただディスクが極めて少ない。

しなやかなハーモニー&スペースは本能的?なセンスか?
客が入っていないないレストランで鍛えられたのかもしれませんが、
フレージングのセンテンスや陰影の付け方の巧さは当時の10代では頭抜けてた思います。
おそらく16,7歳の頃の音源で弾いてる音に浮ついたところがないのは凄いものでした。

今回のKurt Rosenwinkelのアルバムに参加。感無量じゃないけど、だよねーーーという感じ!



動画ぐぐってて知りましたが、Pedro Martinsは「Montreux Jazz Electric Guitar Competition 2015のコンペテターになってました。

Pedro Martinsのプレイ。20才ぐらいの時?



PEDRO MARTINSのプレイを聴いて、、例えばメセニーと似ているなぁ?
というギモンは見当ちがいですw 
Daniel SantiagoとのDUO音源なども多数ありますので聴いてみてください。


ミナスのコンテンポラリー系ではFrederico Heliodoroや
Frederico Heliodoror達も良くて、国内で入手できる盤はあります。
昨年ぐらいからMike moreno&John Escreet達とコラボしてます。

このユニットのNEW ALBUMも期待したいところ。
新しい風がながれるような感じがします。どちらの盤も期待したいです。

by kuramae2010 | 2017-02-03 14:15 | jazz | Comments(0)

kurt rosenwinkel , Avishai Cohen

名古屋の知り合いと会った帰りに東京駅で観て来た、
kurt rosenwinkel , Avishai Cohen Triveni の野外ライヴ。

d0157552_23374587.jpg

kurt rosenwinkel はワークショップで、一緒に観てた人が、
『この環境でこんなに綺麗な音が出せるんだ・・・』と驚いてましたが、真横位置で観てたせいか、
指が素晴らしく滑らか。フォーラムの天井ガラスと雨のせいか詩的でもありました。。


d0157552_23405250.jpg


どしゃ降りでしたけど、テルアビブ出身のAvishai Cohen Triveni はかっこよかった。
アヴィシャイ・コーエンの出で立ちがアーミッシュにも見えました。

スタッフ席の真横から見てたので、じつはドラムスが誰か不明でしたけど、
1曲目から、只者じゃない雰囲気。音もパワフルで抜け感がまるでちがうし、疾走感、緩急、緩みそうな時のアクセントが鮮やか過ぎて、ニヤケた・・・・後で聞いたらkendrick scott。ちゃんとしたライヴを観たいですね。

ファラオ・サンダースがキャンセルになったHALLプログラムよりこっちじゃないかと。



どなたかがUPした音源(聴いていた場所が違うので印象が変わります。)



Kurt Rosenwinkelの新しいユニットの2015年音源ですね。





Avishai Cohen Triveni:トリヴェニの定義だそうです。
インドの伝統でトリヴェニ・サンガムとは3つの川の合流点を意味する。サンガマとはサンスクリット語で合流点という意味。何かの合流点こそが“聖なる場所”とインドでは信じられている。そこで沐浴する者は、すべての罪を洗い流され、再生のサイクルから解き放たれるそうだ。

このメタファーを音楽にたとえるのが好きなんだ。
ステージ(あるいはスタジオ)こそ、3つの川(3人のミュージシャン)が出会い、そこで音楽が聖地となる。水のように、我々は混ざり合い、ひとつになるんだ。

トリヴェニは、誰と一緒に演奏しているかにかかわることなく、僕のトリオの名前。
(ドラムが)ナシートでもケンドリックでも、(ベースが)オメルでもヨニでも、バンドの名前は、同じで、Triveniなんだ。
(アヴィシャイ・コーエン/訳・内田由紀)
by kuramae2010 | 2015-09-09 00:29 | jazz | Comments(0)

Roman Ott / If You Lived Here You'd Be Home by Now feat. Kurt Rosenwinkel /Fresh Sound New Talent

d0157552_2333229.jpgRoman Ott / If You Lived Here You'd Be Home by Now feat. Kurt Rosenwinkel /Fresh Sound New Talent
Roman Ott (as)
Kurt Rosenwinkel (g)
Manuel Schmiedel (p)
Lars Gühlcke (b)
Peter Gall (ds)
リリース:2014.5.5






たまんない漂流感。




ドイツのアルト奏者Roman Ottの新譜で全曲Kurt Rosenwinkelが参加。
全体のトーンに漂う脱力感からの、変拍子や新しいアンサブル。

アルバム前半(A面) ソロはスリルに満ちてて、宇宙までイキそう


d0157552_23332585.jpg




If You Lived Here You'd Be Home By Now
どんだけ、カッコいいテンポの変化................


Roman Ottはピーキーな領域でも安定するトーンはちょっと驚きのダウナー系テクニシャン。
Kurt Rosenwinkelとは「Seeing People」など2009年から演奏したりしてるよう。

ジャケ写とプチ写真集もイカしてる。





演奏曲
01. She’s so Good
02. If You Lived Here You’d Be Home by Now
03. Prag Song
04. Rosies
05. Blues
06. Old Love
07. Open Bazar
08. Love thy Neighbor
by kuramae2010 | 2014-07-11 23:46 | jazz | Comments(0)

Igor Osypov's Jazz Institute Berlin with Kurt Rosenwinkel!

Jamming on Igor Osypov's tune Dario at Jazz Institute Berlin with Kurt Rosenwinkel!

Kurt Rosenwinkel - guitar
Igor Osypov - guitar
Artur Tuznik - piano
Martin Buhl - bass
Kuba Gudz - drums
2013音源?


ヨーロッパのジャズフェスなどにも参加しているIgor Osypov(たぶん学生:研究生) グループに、Kurt Rosenwinkel 参加(授業?)のセッション音源。2012年か13年の演奏かと思いますが、なつかしい雰囲気の曲。2分過ぎから3分50秒のカートのソロが聴きどころ。オシポフとは違いかなりタイトで浮かない。。。Kurt Rosenwinkel はスクール系の動画がかなりある方です。




演奏曲の「Dario」はIgor Osypovの曲みたいですが、いい感じです。MP3で配信しているようです。






この曲もIgor Osypovだと思いますが、往年のコルトレーン・クァルテットを彷彿とさせる入りがおもしろい。ソロがカートになるとガラッと締まります。音もストレートで太いっ。






youtubeの音源のみです.........
by kuramae2010 | 2014-01-20 00:57 | jazz | Comments(0)

Matt Penman / The Unquiet / Fresh Sound New Talent

d0157552_162448.jpgMatt Penman / The Unquiet / Fresh Sound New Talent
Matt Penman (b)
Kurt Rosenwinkel (g)
Chris Cheek (ts, ss)
Aaron Goldberg (p,fender rhodes)
Jeff Ballard (d)
リリース:2002.1



昨年購入した「 James Farm 」にも参加していたベーシスト、マット・ペンマン2002年のリーダー盤。
この盤は、購入してしばらく眠っていたので、なんで仕入れたのか不明のまま聴きました。

ギターがカート・ローゼンウィンケルそっくりなサウンド!
2曲目「 Treehugger 」とかマーク・ターナーっぽいコンポジションだとか思いながら、気だるさ加減がよいので、ジャケットの薄い印字を見ると、もろカート・ローゼンウィンケル参加でした(恥)。かなり不気味なアートワークでしたが参加したメンツ買い、ということを思い出しました。

アルバムタイトル曲「 The Unquiet 」 10分超の演奏。ダークでマイナーなクリス・チークの音とカート・ローゼンウィンケルの浮遊系ギターのユニゾンからはじまり、アーロン・ゴールドバーグの「力」が入ったソロが聴きどころ。。これはいいソロだし、リズムの躍動感もダイナミック。後半の全奏も迫力あります。
6曲目「Wanton Ways」デヴィッド・ビニーっぽい雰囲気も感じさせる曲想。ラスト曲「Desert Storm」4分弱の演奏ですが、疾走感あるサウンドでN.Y.Cのカウボーイみたいな駆け抜け感。


一聴目、1,2度ソロをとったりしてましたがマット・ペンマンの主張がほとんどわかりませんでした。。。
なので?ライナーにも記載がなかったので不明ですが、たぶん全曲マット・ペンマンのオリジナルで、統一感あるコンポジションが彼の仕事になるんでしょうか。クリス・チークとカート・ローゼンウィンケルのハーモニーやカート、アーロン・ゴールドバーグのソロにスポットライトがあたった2002年ブルックリン・サウンド。

「 James Farm 」をじっくり聴くとまたちがうイメージになるかもしれません。。
by kuramae2010 | 2012-02-11 01:25 | jazz | Comments(0)

Kurt Rosenwinkel / East Coast Love Affair / Fresh Sound New talent

d0157552_1404876.jpgKurt Rosenwinkel / East Coast Love Affair / Fresh Sound New talent
Kurt Rosenwinkel(g)
Avishai Cohen(b)
Jorge Rossy(ds)

録音: Small’s club in N.Y. 1996.06



カート・ローゼンウィンケルの1996年デビュー盤を仕入れました。
構成は2曲のオリジナルとコルトレーン、エバンス、モンクなどのスタンダード6曲。

有名かもしれませんが、カート・ローゼンウインケルの才能に一番最初に手を付けたのは、ゲイリー・バートンですw バートンが呼んでニューヨークのスモールスを起点に活動、このアルバムもそのフロアで録音。目利きぶりは凄い。



オリジナル曲「 East Coast Love Affair 」はアルバム「 Next step 」にも通じる空気感。
ボイスをユニゾンとして使う技は既にやってたんですね。出てしまう声ではなく、もう1コの楽器としての役割。

コルトレーンの「Lazy Bird」などは面白いアレンジ。「Round About Midnight」のアヴィシャイ・コーエンのベースソロ、カートのバッキングは聴き応えあります。

デビュー作はベースにアヴィシャイ・コーエンだったんですね。がっぷり四つな感じです、食っちゃうぞーっていう。







d0157552_140533.jpgKurt Rosenwinkel / Intuit / Criss Cross
Kurt Rosenwinkel (g)
Michael Kanan (p)
Joe Martin (b)
Tim Pleasant (ds)

録音:1998.08.14,15



約15年程前のカート・ローゼンウィンケルのスタンダード盤を購入しました。
マイケル・カナンのコロコロする懐かしいピアノとこれまた懐かしいサウンドのギターで心地良く”スイング”するビ・バップ。上記「East Coast Love Affair」の延長線上のさらに古典フォーマットに則した地味すご系なんだと思います。
by kuramae2010 | 2012-01-25 01:32 | jazz | Comments(0)

4月のCD Ⅱ

d0157552_0503614.jpg


本日仕入れたCD。中でもカート・ローゼンウィンケル、ジェシ・ヴァン・ルーラー。最近、ハマッているギタリストです。カート参加CDは、マイロン・ウォルデン(as)、クリス・チーク(as)、アンドリュー・ディアンジェロ(as)などアルト奏者のリーダー作がメイン。他にはロバート・グラスパーやオマー・アヴィタルがサイド参加盤、パット・マルティーノなど。。。




古くなりますが2004年のKurt Rosenwinkel / DEEP SONG / verveのギター、、、
文句なしでかっこいいです。JazzRadio.comのギターカテで「The Next step」がよくかかり、
かかると仕事が止まる困ったギタリストです。



d0157552_027360.jpgDeep song
カートのバークリーメソッド、バリバリのモーダルなギターソロに、ブラッド・メルドーらしいコード・バッキング。。ジョシュア・レッドマン、ソロのときのカートのバッキング。クールにハモるテーマのユニゾンなど、一瞬、一瞬のアイデアがものすごくカッコいいギタリストです。

このDeep Songの楽譜集がカート監修で出版されていて、これを分析している方がいます。独特な不可思議なコード解説やフレージング、またジョシュア・レッドマンやブラッド・メルドーの技など、なかなか興味深いものです。

カートの演奏はトリオもいいですが、マーク・ターナー(ts)やジョシュア・レッドマンとのサックスと絡む演奏が秀逸。。それこそ、マイケル・ブレッカーとの競演なんかは聴きたかった。あるのかな?








youtube
Kurt Rosenwinkel Group 2004
The Next step
Use of Light

Kurt Rosenwinkel(g)  Brad Mehldau(p) Joshua Redman (ts)
Larry Grenadier (b) Ali Jackson (ds)

Jazz a Vienne, France - 9th July 2004



Kurt Rosenwinkel - Zhivago 2001 ?
Kurt Rosenwinkel - guitar  Mark Turner - tenor saxophone
Ben Street - bass  Jeff Ballard - drums

4 tet feat. jeff ballard
Zhivago- Live in Paris - 2009

Nica's Dream




1972年生まれのマイロン・ウォルデン(as)との1999年演奏は疾走感、グルーブとも予想外によかった!しかし「Deep Song」などで魅せる絡みついて、まんま浮遊するようなイメージは薄く、ちょっと縦割り系だけど、マイロンのアルトは新鮮。






d0157552_19533953.jpg
Jesse van Ruller(ジェシ・ヴァン・ルーラー)。若手?メジャーギタリストの2人。2002年の録音とこれまた古いですが、ワンホーンものを買ってみましたが、オルガンでファンキー!でも妙に都会風味のtsのエコーが気になります。
Stefan Lievestro / Jesse van Ruller - Viva Galactica



<<ピアノ系>>
探索したかったのがECMから出ているはずのMarcin Wasilewski (マルチン・ボシレフスキ)のCDだったんだけど、売り切れ!!
d0157552_0205634.jpg
マルチン・ボシレフスキ(p)は、はじめてyoutubeで観ました。ポーランドのピアニストで、よく知らないですが、いい音しているピアニストです。
ビル・エバァンス~キースジャレットに近い系統だと思いますが、叙情的な内面の表現だけに終わらない面白いピアノトリオ。演奏の中にはキース的ソロから始まりモーダルへ、インタープレイへ、もっとテンション上がってビバップへ~モードへと移り変わるような演奏があるようにも関わらず、このトリオのまとまり感は全員同じような方向感で聴いていて安心感すらあります。(ワシレフスキとは読まないようです)

Marcin Wasilewski Trio  2011
Big Foot (from "Faithful") 
~今日、時点でこの音源、世界で701人しか観てないですが、あらためて、このトリオすごい。。。タイム感、引き出しの多さは無限??
Song For ?wirek (from "Faithful")
Piano: Marcin Wasilewski
Bass: S?awomir Kurkiewicz
Drums: Micha? Mi?kiewicz

Marcin Wasilewski Trio Jazz na Starowce 2010



以前、自分用リンクで上げた、ロバート・グラスパーが参加する、
マーカス・ストリックランド(ts,sp)リーダーものゲットです。「at LAST」 N.Y新主流派?の1枚。



御茶ノ水DU、FreshSound半額セール!!



<>
Linux OSのCDROMマザボに付いてるやんか!!
もしかして、やっと、よーやく黒いMDF箱とお別れできるかも知れない。
by kuramae2010 | 2011-04-28 01:41 | jazz | Comments(0)