うつし世は夢、夜の夢こそまこと

タグ:Jason Moran ( 6 ) タグの人気記事

Logan Richardson / Shift / Blue Note

d0157552_22463542.jpgLogan Richardson / Shift /Blue NoteE
Logan Richardson (as)
Pat Metheny (g)
Jason Moran (piano, keyboards)
Harish Raghavan (b)
Nasheet Waits (ds)
リリース:2015.10





Logan Richardsonのリーダー3枚目。メジャーデビュー盤だそうですが、
まず、リーダー盤これまでが3枚だけだっけ?という印象。なんとなくもっと入手していたような気がしてましたが参加盤が多かった。
4年前にLogan RichardsonのFSNT盤をはじめて聴いて才能の塊だと感じたアルト奏者でした。
ですが当時は、波があったような感じで1曲の演奏が持たないというか、集中力が途切れるような感じを受けていました。そしてアルバムになると全体がバラバラで作品感に乏しい印象。本盤はBlue Noteとの契約でピアノでJason Moranが参加です。Taylor EigstiやAmbrose Akinmusire盤に登場している手堅いHarish Raghavanも。

Richardsonのアルトは天才的なアイデアに満ちているプレイで、あの蒼く憂いた音色が好きなんですね。一本調子ではなくよく歌うアルト。過去のログにどう書いたか忘れましたが、もっと以前から脚光を浴びていいプレイヤーの一人。





ビッグネームにPat Methenyも出てますが、、CD盤を聴く前に演奏曲「Slow」PVを聴いた瞬間、残念ですが何か異なるピースが混じった感覚でした。たしかに土地的なつながりや話題性もあると思いますけど、テーマ、コンポジションからして他にハマるギタリストは居ますよねえ~。
技巧面やフレーズ、ソロ以前に大人の音がポツッと混じっちゃってる感覚。Pat Methenyは好きなんですけどね。
Jason Moran他のメンツはぜんぜんOKです。というかJason Moranは凄すぎです。



Logan Richardsonのセッション


Igor Osypov。このギタリストを知っている方は、変態だと思いますがっ、
本盤リリース時にLogan Richardsonとセッションしているんですね。ウクライナで。
2年程前にKurt Rosenwinkelのレッスン動画を公開していたモスクワの学生です。。2年前にも聴いたフレージングが聴けたり懐かしい。閑な方は中盤あたりから観てください。Igor Osypovのデビュー盤にもRichardsonが参加してます。

Logan Richardsonは現在パリ在住だそうです。1年後の作品が興味深いと思います。



演奏曲
1. Mind Free
2. Creeper
3. In Your Next Life
4. Locked Out Of Heaven
5. Slow
6. When I Wake (Interlude)
7. Imagine
8. Alone
9. In Between (Interlude)
10. Time
11. Untitled
12. Dream Weaver
13. Shifting Sand
by kuramae2010 | 2016-03-21 22:53 | Comments(0)

Newport Jazz 2012

今年のニューポート・ジャズフェスの一部音源がNPRで聴けるようになってます。
ビル・フリーゼルやジャック・ディジョネットも参加。



d0157552_351250.jpg
Erik Jacobs for NPR

Pianist Jason Moran performs as a part of the Jack DeJohnette All-Stars

Jack DeJohnette All-Stars, Live In Concert: Newport Jazz 2012
Jack DeJohnette, drums
Lionel Loueke, guitar
Jason Moran, piano
Christian McBride, bass
Tim Ries, saxophones
Luisito Quintero, percussion
George Colligan, piano and drums
Jason Palmer, trumpet
2012.8.5


ジャック・ディジョネット・オールスターズ。ジェイソン・モランやクリスチャン・マクブライド、
リオネール・ルエケ、ティム・リースという、ちょっとしたドリーム・ユニットのライヴ音源。

ルエケボイスが気になるかもしれませんが、前半はエッジの斬り立ちまくりなジェイソン・モランw
後半はルエケの弾力感あるギターがいい感じ。








d0157552_35086.jpg
Erik Jacobs for NPR
Miguel Zenón's Rayuela Quartet, Live In Concert: Newport Jazz 2012

Miguel Zenón, alto saxophone
Laurent Coq, piano
Dana Leong, cello/trombone
Dan Weiss, drums/tabla

ミゲル・ゼノンはもちろんですが、ピアノのローレン・コック(カナ?)がいい!
最新作の「Rayuela」オーダーしました。









d0157552_315791.jpg
Erik Jacobs for NPR

Three Cohens, Live In Concert: Newport Jazz 2012
Yuval Cohen, soprano saxophone
Anat Cohen, clarinet/tenor saxophone
Avishai Cohen, trumpet
Reuben Rogers, bass
Rudy Royston, drums
Aaron Goldberg, piano

フロント3兄弟にアーロン・ゴールドバーグ、ルーベン・ロジャース。




ジャズフェス・・・
オーネット・コールマンが、明日の夜もしかしたら最後かもしれない来日公演を演ります。
by kuramae2010 | 2012-09-06 23:11 | jazz | Comments(0)

Nasheet Waits / Equality / Fresh Sound New Talent

d0157552_251619.jpgNasheet Waits / Equality / Fresh Sound New Talent

Logan Richardson (as)
Jason Moran (p)
Tarus Mateen (b)
Nasheet Waits (ds)

リリース:2009.9.11



このユニットが録音した1曲目、アンドリュー・ヒルの「Tough Love」。
只ならぬグルーヴ感と濃厚なブルージーさは、粘っこいジェイソン・モランとローガン・リチャードソン。
背中を後押ししてくる不気味なグルーヴ感はタルス・マティーンのベース。
ユニットを強力にドライヴしていくナシート・ウェイツ。


ナシート・ウェイツの2009年リーダー盤。ジェイソン・モラン トリオにローガン・リチャードソンが入った、ちょっと理想的なユニット。はじめてLogan Richardson / Cerebral Flow を聴いたとき、いいアルト!と思ったんですが、リーダー盤は今イチだった記憶。こういうアルバムあったんですね。


1曲目はアンドリュー・ヒル「Tough Love」を選曲。何よりタルス・マティーンのグルーヴ感はほれぼれする。ローガン・リチャードソンのアルト!ジェイソン・モランの激情的なソロ。あっという間の6分30秒。2曲目はローガン・リチャードンの大らかなバラード「Shine」。気持ちよく歌うアルト。ローガン・リチャードソンからジェイソン・モランのピアノソロへ移る時の揺らめくサウンドがカッコいい。ダイナミックで緩急あるピアノソロは抜群。三位一体&ローガン・リチャードソンで突っ奔っていく爽快感。コンクリートだらけの雑踏の中でリチャードソンのアルトが聴こえきたらシビれる。3曲目がナシート・ウェイツ曲「Hesitation」、私的に微妙なコンポジション。ローガン・リチャードソンの音域の幅は相当なもの。

次はジャッキー・バイアードの「The Summit」古き良きジャズの香り。ジェイソン・モランの不思議な和音とスピード&リズム、即興などスリルある演奏。アレンジ、構成はカチッと決めてなく自由な雰囲気が濃厚で、スタジオの雰囲気も楽しそうです。5曲目ジェイソン・モランの「The Summit」 ポコポコと叩くナシート・ウェイツのドラムの上空をハイトーンで自由に飛ぶローガン・リチャードソンの音に徐々に音を重ねていくジェイソン・モラン。ソロが移り間際かな、と期待したらエンド。5分弱なので、もうちょっと聴きたい感じ。7曲目ジェイソン・モランの「Snake Stance」変拍子が入ったリズムとグルーヴ感あるリズムが交互にくる演奏。ジェイソン・モランの突っ走り感が光る。「King Hassan」はタルス・マティーンの曲。何拍子なんだろう?不安定さがいつ爆発してもおかしくないテンションとクールさを孕んだ空気感。この空気感はオマー・アヴィタル、アヴィシャイ・コーエン(tp)とかのグループと同じ様。惜しむらくは演奏が短い。


このユニット、クルマで例えると新車だけど、スタイルはちょっと無骨。でもボディ剛性がすこぶる高く、軽量。
路面の追従性がめっぽう高い足周りで、多少ムリして突っ込んでもタイヤの状態がよく伝わるせいかドライバーに余裕を与えてくれる感じ。エンジンは6気筒なら6連スロットルでレスポンスが脚と直結で、かなり遊べるクルマ、みたいな印象。・・・でも、デートや長距離ドライブは苦手。



演奏曲
01. Tough Love (Andrew Hill)
02. Shine (Logan Richardson)
03. Hesitation (Nasheet Waits)
04. Mrs. Parker of K.C. (Jaki Byard)
05. The Summit (Jason Moran)
06. Emil Danenberg (Stanley Cowell)
07. Snake Stance (Jason Moran)
08. King Hassan (Tarus Mateen)
09. Kush (Nasheet Waits)



追記;
窓を開けつつ読み返してると、ゴーーッ
・・・震度4、かなり直下。
by kuramae2010 | 2012-05-29 01:34 | jazz | Comments(2)

Jason Moran / Facing Left / Blue Note

d0157552_0331036.jpgJason Moran / Facing Left / Blue Note
Jason Moran (p)
Nasheet Waits (ds)
Tarus Mateen (b)

録音:2000.1.15




ジェイソン・モランの25歳頃のトリオ初リーダー作だと思います。
影響を受けたと言う、セロニアス・モンクはチャーリー・クリスチャンらと「After Hours at Minton's」を残した年頃。

アルバム1曲目がデューク・エリントン「Later」で、2000年の録音。曲は解体しきってパキパキに再構築された演奏。3人の緊密感や独特の炸裂。エリントンのオリジナルが2曲、ゴッドファーザーのテーマ、ビヨークのバラード「Joga」などもあり縦横無尽な世界。

「Yojimbo」日本人の曲で『ヨウジンボウ』? グイグイ前進していくカッコいい演奏。
「Another One」上手い。。リズムの変化、スピード感あるグルーヴで気持ちよすぎ。

この盤、ピアノの録音がとてもいいです。
by kuramae2010 | 2012-01-03 01:20 | jazz | Comments(0)

Jason Moran / Same Mother / Blue Note

2012年が明けました。
年末仕入れた旧譜から、元旦にはまったアルバムが、
2004年録音の「ジルフェマ」デビュー作。同時期のジェイソン・モランおよびトリオデビュー盤。




d0157552_1633318.jpgJason Moran / Same Mother / Blue Note
Jason Moran(p)
Marvin Sewell(g)
Nasheet Waits(ds)
Tarus Mateen(b)

リリース:2005.2.19




2005年ジェイソン・モランの旧譜。『ジャズとブルースは同じ母』がテーマらしく、古い素材でファンキーなふりしてるけど、そこはジェイソン・モランw一々、カッコよすぎるアルバム。コンポーザーに奥さん(お母さん?)が名を連ねているんでしょうか。

私的に『Fire walts』でこれ以上の演奏はなかなかないと思います。
ジェイソン・モランの両手はマジックハンド...

構成、音色、展開、3人の即興、、、トリオフォーマットでのタルス・マティーンのベース!!次曲でほとんど2部構成っぽくギターでマーヴィン・シーウェルがアコギで登場。流麗だけじゃなくタッチに粘っこさとパワー!面白いボイシング、ジェイソン・モランが大人気なわけです。
by kuramae2010 | 2012-01-03 01:03 | jazz | Comments(0)

Jason Moran / Ten /Blue Note

d0157552_1223445.jpgJason Moran / Ten /Blue Note
Jason Moran(p)
Tarus Mateen(b)
Nasheet Waits (ds)
Jonas & Malcolm Moran(vocal sounds 13)

リリース:2010.8.23



ジェイソン・モラントリオの結成10周年アルバム。NPR、WBGOなどでは一番記事数が多いピアニストだと思います。雰囲気的にはロバート・グラスパーと並んで好きなピアニスト。このアルバムでもそうですが、アグレッシブなピアノの音、太い音は新鮮。ゆらぎ系でもグラスパーのエレガントな感じとは違う骨太さ、グイグイ感が出ます。
ジェイソン・モランのスタイルはジャズピアノの歴史的スタイルの研究やグレッグ・オズビーのM-baseや70年代以降のジミヘン、クラシックではラヴェル、ドビュッシーなど(アルバムによってはHip-hopなどの)多彩なソースを消化したスタイルとのこと。

たまにVijeyと同構造のコードが時折り見せることにも興味がわきます。
by kuramae2010 | 2011-09-06 01:12 | jazz | Comments(0)