うつし世は夢、夜の夢こそまこと

タグ:Herbie Hancock ( 3 ) タグの人気記事

Wes Montgomery / Road Song / A&M

d0157552_0112083.jpgWes Montgomery / Road Song / A&M
Wes Montgomery(g)
Herbie hancock(p)
Richard davis(b)
Grady tate(ds)
Ray barretto(per)
Don sebesky(arrange)
録音:1968




Wes Montgomeryのラスト盤。CTIクリード・テイラー3部作と言われるカバー曲が多い構成ですが、
よく聴くとイージージャズから、ハミ出る絶妙な距離感が、無性に魅力的な1枚。

アルバム収録時間がコンパクトですが、粒ぞろい。親指オクターブ奏法以外にも、「GREENSLEEVES」の抜群のタイム感はWes Montgomeryならでは。この曲はたった2分2秒の収録曲ですが、このメンツなら、どんなアドリブの応酬やポストモードな演奏もできた事でしょう。たった2分の演奏の中にも凝縮されてます。
表面上はソフトですが、バップ、ハードバップ、モード等これまでのJAZZの語彙をサラッと忍ばせているところが流石です。

「I'LL BE BACK」のアイロニーある音色なども聴き込ませる魅力。SCARBOROUGH FAIRにいたってはフリーフォームの時代を彷彿とさせるグルーヴ感。Richard davisのグルーヴが真っ黒。
この盤、曲はチョコレートのような感じでもありますが、ベースがビターで、時折カカオが効いた懐かしさと切なさを感じる「Road Song」。録音・スタジオはヴァンゲルダー。


演奏曲
1.ROAD SONG
2.GREENSLEEVES
3.FLY ME TO THE MOON
4.YESTERDAY
5.I'LL BE BACK
6.SCARBOROUGH FAIR
7.GREEN LEAVES OF SUMMER
8.SERENE
9.WHERE HAVE ALL THE FLOWERS GONE?



[3][4][5][6] Marvin Stamm (tp),Harvey Estrin,Don Hammond (fl, reco),Berrard Krainis (reco),Don Ashworth (ob, reco),Walter Kane (basn),Bernard Eichen,Charles Libove (vln),Emanuel Vardi (vla),George Ricci (vlc),Hank Jones (p,hpsc),Wes Montgomery (g),Richard Davis (b),Grady Tate (ds),Don Sebesky (arr, cond)
7.May.1968.

[1][2][7][9] Bernie Glow,Marvin Stamm (tp),Wayne Andre,Paul Faulise (tb),James Buffington (frh),George Marge (fl),Harvey Estrin,Don Hammond (fl, reco),Shelley Grushkin,Berrard Krainis,Eric Leber (reco),Morris Newman (reco,basn),Don Ashworth (ob,reco),Stan Webb (ob,reco,cl),Bernard Eichen, Charles Libove, Marvin Morganstern, Tosha Samaroff (vln) Emanuel Vardi (vla) Charles McCracken, George Ricci,Alan Shulman (vlc),Sivert Johnson Jr. (hpsc)Herbie Hancock (p),Montgomery (g),Richard Davis (b),Ed Shaughnessy (ds),Ray Barretto (conga),Jack Jennings (perc),Sebesky (arr,cond)
8.May.1968.

[8] Marvin Stamm (tp),George Marge,Stan Webb (fl, ob, cl),Don Ashworth (fl,ob,cl,ehr),Morris Newman (reco, basn),Bernard Eichen, Charles Libove (vln) Emanuel Vardi (vla),George Ricci (vlc),Eric Leber (hpsc, reco),Montgomery (g),Sebesky (arr, cond)


Wes MontgomeryはA&M契約前はタクシー・ドライバーとして生計を立て、夜はクラブ活動という二足のわらじだった事は今では有名な事。このアルバムが登場した時、極東の島国のリスナーは酷評したそうです。A&M盤はソフト路線だと。これまで長尺のグロイ絡みOKだったのに、チラ見しかできない欲求不満爆発w
・・・NYCのクラブではとんでもない演奏をしていたと思います。

「あなたは、自分の理想だけで食えてるのか?」

Wes Montgomeryが言ったかどうかは知りませんが、今の時代から顧みると1960年代後半の合衆国ではよっぽどサポートされてないと無理っす!グラスパーのあの路線は極上のBGMとしてアリ。クラブやライヴでは尖った演奏もしています。そういう事情は今も昔もあまり変わらないかもしれません。。
聴き手は、聴く時だけは、自由だから、どう感じても自由です。
by kuramae2010 | 2016-08-01 00:23 | jazz | Comments(0)

Grant Green / Feelin the Spirit / Blue Note

d0157552_22292082.jpgGrant Green / Feelin the Spirit / Blue Note

Grant Green (g)
Herbie Hancock (p)
Butch Warren (b)
Billy Higgins (ds)     Garvin Masseaux (tambourine) 1-4 

録音:1962.12.21 Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, Hackensack, N.J.






グラント・グリーン、1962年の奇跡の1枚。
はじめは、ムード歌謡のようなサウンドと古くささ満点で嫌いでしたが、ハマッてます。


d0157552_22322412.jpg







とくに耳にコビリつく昭和な香りが漂う、ムード歌謡っぽい2曲。

真っ黒なグラント・グリーンとハンコックの差。しかし、ハンコックの存在がデカい。
2.Joshua Fit De Battle Of Jericho
4. Go Down Moses

ちなみに1曲目のファンキーなクリスマスソングのような演奏は未だNG。。。
1. Just A Closer Walk With Thee




マジで絶妙にかっこいいハービー・ハンコックとグラント・グリーンの1曲。そしてビリー・ヒギンズですw
5. Sometimes I Feel Like A Motherless Child




ソウルフルに、メロディを唄うディープ・リバー。ボーナストラックでも最高の音源のひとつ。
6.Deep River





演奏曲
1. Just A Closer Walk With Thee
2. Joshua Fit De Battle Of Jericho
3. Nobody Knows The Trouble I've Seen
4. Go Down Moses
5. Sometimes I Feel Like A Motherless Child
6. Deep River (ボーナストラック)





シンプルで実直なギターリフ、、、奇跡かどうかはわかりませんが、
20代のグラント・グリーンがのこしたクールで古くさい1枚。




d0157552_22322613.jpg

by kuramae2010 | 2012-02-22 22:45 | jazz | Comments(0)

Mile Davis / My Funny Valentine - In Concert - / CBS Sony

d0157552_162248.jpgMile Davis / My Funny Valentine - In Concert - / CBS Sony
Miles Davis (tp)
George Coleman (ts)
Herbie Hancock (p)
Ron Carter(b)
Tony Williams (ds)



Recorded 'live' at The Philharmonic Hall, Lincoln Center, New York City,
Februrary 12, 1964




この盤は、以前レコードとCDでもってましたが、あげたりどっかにいってしまったため、
先月あらためて買ってみました。この辺りのライブ盤は学生の頃、かなり入手したと思います。

一番好きな頃かもしれません。これで中古のトランペットとミュート買って真似しまくりました。
しかも、夜中に帰ってきて、ワンルームで衝動的にミュートで吹いたり近所迷惑なヤツ



My Funny Valentine - In Concert -  1964年マイルス・デイヴィス30代後半のクールな1枚。
はじめて聴いたのはドラムで起用されたトニー・ウィリアムスと同じ年頃。世界にはすごいヤツがいるんだなぁ、と感動した記憶。。
自分が生まれる随分前の演奏とは思えなかったことや、スーツ姿のマイルスの指が印象的だった記憶。


たくさんのうろ覚えな記憶。



マイルスの力ある音、存在感もさることながら、半世紀前の18歳のトニー・ウィリアムス。天才的な速くて歌うシンバルレガートのグルーヴ。しかも、そのバリエーション、テンポなどは驚き!ジョージ・コールマンのフレーズのセンスも洒落てます。またMy Funny Valentine ...最初のハンコックは今聴いてもフレッシュ。
同じように感じている筋金入りのジャズ&ジムランフリークの方も居られましたw


・・・1964年2月は黒人解放運動の象徴でもあったマルコムXがアフリカ系アメリカ人統一機構を設立した時期と重なります。マルコム・リトルとマイルス、当時、異なるフェイズに位置すると思われますが、記された言動の一部だけを重ねると似てたりしてます。
マルコムX、翌年暗殺されましたが、アメリカのテンションは今より遥かに高かったのかもしれません。



1964年2月、演奏から半世紀近く聴き継がれたライブ盤。
ショボイわけがありません。




d0157552_1192155.jpg




CDからプリまでのケーブルがNordost のキリ、 Blue-heavenになりました。
しばらく借りてる時、聴いた瞬間は「 かわんねー 」と、思いましたが、2,3日して手持ちケーブルに戻すと、
聴こえない、はっきりしないトコロが出てきました。

すごくいいかどうかは、わかりません。
by kuramae2010 | 2012-02-08 01:08 | jazz | Comments(0)