うつし世は夢、夜の夢こそまこと

タグ:Gilad Hekselman ( 7 ) タグの人気記事

Gilad Hekselman / Homes / Jazz Village/harmoni

d0157552_23544261.jpgGilad Hekselman / Homes / Jazz Village/harmoni
Gilad Hekselman (g)
Joe Martin (b)
Marcus Gilmore (ds)
Jeff Ballard (ds on M3.10)
リリース:2015.8.25




かなり前から予約してようやく届いたGilad Hekselman新譜。
パウエルやメセニーの曲もやってますが、やっぱりオリジナル曲の「Verona」がいい。ちょっと名曲じゃないかとw Live動画で観た画はヒクものがありましたが、、Hekselmanの内省的なサウンドとリズム陣のディープなインタープレイが何とも言えない萌えるような青々しさ。深めなリバーヴをかけているサウンドでしょうか。Marcus Gilmoreも靄っと録れてる様な気配。。

d0157552_23542350.jpg


本盤ではメンバーが替わっていますけど、Ferenc Nemeth、Reuben Rogersとの演奏の方が好み.......「KeeDee」聴き馴染める今様な演奏。間奏2曲を挟んで11分超の「Cosmic Patience」。微妙な音でまったりなスペース感からテンションが上がっていく演奏。「Eyes to See」もスローテンポで聴かせてくれます。これまでほぼ全曲ギターのトーンやドラムスの処理など音作りがちがっています。

エンジニアはMichael Peres-Cisnerosで、Hekselmanのリーダー盤はすべてですね。
パウエルの「Parisian Thoroughfare」これはけっこう好きな曲ですが、、Hekselmanが低体温症なのかグルーヴ感とはほぼ遠い逆の新鮮さ。後半のテーマも新鮮。リズムが太いサウンドなんですけど。Hekselmanを聴いてて思うのは"うねる"しフレージングもカッコいいですけど、グルーヴ感は感じないという。メセニーの曲もアレンジは軽快ですけどギターが重い憂いがあるんですかね。彼の持ち味ですが。
ラスト曲「Place Like No Home」 ........切なすぎるタイトル 良く歌うフレージング

僕的にはこの盤は「Verona」に尽きます。
しつこいですけど、Ferenc Nemeth、Reuben Rogersと出して欲しかった。


演奏曲
1.Homes
2.Verona
3.KeeDee
4.Home E-minor
5.Space
6.Cosmic Patience
7.Eyes to See
8.Parisian Thoroughfare
9.Samba Em Preludio
10. Last Train Home
11. Dove Song
12.Place Like No Home





PVです
by kuramae2010 | 2015-11-07 00:08 | jazz | Comments(0)

Ferenc Nemeth Group / Chris Potter "Creep" @ 55 Bar.

d0157552_23162989.jpg
Ferenc Nemeth Group / Chris Potter "Creep" @ 55 Bar.

Sam Yahel
Massimo Biolcati
Gilad Hekselman
Ferenc Nemeth

Gest
Chris Potter

55 Bar, May 20, 2015

いいメンツ!!
僕的には、Ferenc NemethにMassimo Biolcatiというだけで、
どんな盤でも入手するんですが、、さらにSam Yahel にGilad Hekselmanです。
音源がリリースしてほしいメンツ。



動画はおそらくスマホで録られたものかと。。P2は歪み多し。




Gilad Hekselman Trio
こちらはヘクセルマン・トリオですが、、ヘクセルマンっぽいスイーツな楽曲に耽美なインタープレイ。


Gilad Hekselman - Guitar
Reuben Rogers - Bass
Ferenc Nemeth - Drums


Gilad Hekselmanの新譜が出ているんですが、ドラムスがFerenc Nemethじゃないんですよねえ、、、
最近のイスラエル勢ではShai Maestro Trio のゲストにKurt Rosenwinkel & Avishai Cohenとか大出世?です。
by kuramae2010 | 2015-10-17 23:28 | jazz | Comments(0)

Gilad Hekselman / This Just In / Jazz Village

d0157552_2250297.jpgGilad Hekselman / This Just In / Jazz Village
Gilad Hekselman (g,syn,glockenspiel)
Joe Martin (b)
Marcus Gilmore (ds)
Mark Turner (ts) 2, 9, 13

リリース:2013.4.8




先日、御茶ノ水DUで棚を小一時間ほど眺めている時にかかった盤。

これまで流れていたジャズから一瞬にして空気が変わった感覚。
ダークな抑鬱ぎみなテーマから、波動と抑揚が迸るリズム、テンポがどんどん変わる演奏。
なんか、美貌と激しさ、意外性が均衡した麗しい・・・

しばし、手を止め聴き入った「Avove」。選んでる音がミラクルなギラッド・へクセルマン、新譜の1曲目。


のっけから採れたての新鮮さが伝わるサウンド。メロディが新しいどころか聴きやすい、けど、音のチョイスの斬新さ、フレージングのスイーツ感はヘクセルマン。過去のリーダー作とヘクセルマンのスタイルは大きく変わってない感じですが、すこぶるいい演奏!
この辺りの磁力はマイク・モレノにも感じますねぇ。ってか、たしか来日中なんですよね。。。

新譜「This Just In 」は、なんといってもマーカス・ギルモアの存在が大きい。ミキシングにも表れている感じ。2006年「 Split life 」のドラマーはアリ・ホーニグ(来日中....)ですが、2008年「 Words Unspoken 」 、2011年「Hearts Wide Open」 と同一メンバー。3作を続けて聴くとまた印象はちがうかもしれませんが、本盤はマーカス・ギルモアとへクセルマンの稠密ぶりが圧巻。マーカス・ギルモアのセンスがちょっとすごい。。

この盤は曲間に10~50秒ぐらいほどのニュース速報という実験的なトラックがあります。。
3曲のみにマーク・ターナーが参加、9曲目の「 Nothing Personal 」はレトロなテーマにタイトな演奏でマーク・ターナーのハードなブロウが快感。3曲目の「 This just in 」は、マーク・ターナーも参加したかつてのカート・ローゼンウィンケルを彷彿とさせながら、後半、ぶち壊していくような歪んだサウンドが面白い。13曲目の「This just out」 でoutする、という凝った感。

録音からミキシング、マスタリングまでの全工程は、おなじみのマイケル・ペレス・シスネロスが担当。時に煩いほど手を変え品を変え叩くギルモアが、かなり太い目にうねりますw シンバルもスペーシーになったり、カツ、カツ来たりと面白いミキシングです。ジャケットのアートワークも印象的なコラージュ。

私的にスタジオ盤は若干、音にスィーツ感が仄かに香るへクセルマンという感覚ですが、この新譜はアタリメじゃないかと思います。特に「 Above 」は2010年以降にしか生まれてこない感じのジャズ(ここ数年しか聴いてないけど ・・;)




演奏曲
1. Above
2. Newsflash #1
3. This just in
4. Newsflash#2
5. The ghost of the North
6. Newsflash#3
7. March of the sad ones
8. Newsflash#4
9. Nothing Personal
10. Eye in the Sky
11. Newsflash#5
12. Dreamers
13. This just out



d0157552_2315812.jpg

by kuramae2010 | 2013-05-08 23:38 | jazz | Comments(0)

Ben Van Gelder , Seamus Blake , Ben Wende , julian Lagel

一昨年ぐらいから時たま仕事中に聴くWBGO。
最近聴いた気になるメンツ、セッション。




Studio Session: Ben Van Gelder
Recorded November 11, 2011 at WBGO.

Ben Van Gelder – alto saxophone
Aaron Parks – piano !
Peter Schlamb – vibraphone
Rick Rosato – bass
Craig Weinrib – drums

アーロン・パークス参加盤 Ben Van Gelder / Frame Of Reference / NED  からの。






Seamus Blake at Berklee
Recorded December 7, 2011 in Boston, MA.

Seamus Blake – tenor saxophone
Dave Kikoski – piano !
Matt Clohesy – bass
Ari Hoenig – drums !

シーマス・ブレイク、アリ・ホーニグ、デヴィッド・キコスキーというメンツ!
Criss Cross「Bellwether」、Smalls「Smalls AT Live」ではビル・スチュワート。
このセッションではアリ・ホーニグへ。ギターのラージュ・ルンドが抜けました。






Studio Session: Ben Wendel
Recorded January 13, 2012 at WBGO.


Ben Wendel – tenor sax, bassoon
Gilad Hekselman – guitar !
Gerald Clayton – piano !
Joe Sanders – bass
Nate Wood – drums

ギラッド・ヘクセルマン、ジェラルド・クレイトンという旬なメンツ。
この盤予約中・・・





npr
Julian Lage On 'Piano Jazz: Rising Stars'
February 9, 2012

Julian Lage

ソロです





http://www.wbgo.org/
by kuramae2010 | 2012-02-18 01:47 | jazz | Comments(0)

Gilad Hekselman / Words Unspoken / LateSet Records

d0157552_1233546.jpgGilad Hekselman / Words Unspoken / LateSet Records
Gilad Hekselman (g)
Joe Martin (b)
Marcus Gilmore (ds)
Joel Frahm (ts) (M4,6,7,10)

リリース:2008.06




ギラッド・ヘクセルマンのリーダー2枚目のアルバムを仕入れました。現在3枚のリーダー作とアリ・ホーニググループに参加した3枚を聴きました。クラブでの動画はまたちがうスリルある一面をみせてくれます。
若手ギタリストでイチ推し。ディエゴ・バーバー、ジュリアン・レイジ、ラージュ・ルンド、ホーヴァル・スチューべ、デイヴ・ジャレズ、そしてギラッド・ヘクセルマン。




ファースト・インプレッション
Ga'agua(オリジナル)
瑞々しいエフェクトから、ブルースな懐かしさを覚えるテーマ。
ジョエル・フラームのサックスは一聴目はなんとなく定型な感じでピンと来なかったんですが音色は暖色系。バッキングのヘクセルマンのクール目な音との対比が面白い。デビュー盤「Gilad Hekselman / Split life」 で感じた歌ゴコロも、速いけど安定した音も健在。ラストは最初の水のエフェクトへ戻ります。故郷かなんかをイメージしてるかもしれません。


New York Angels(オリジナル)
洗練されたテーマとクールなギター。ニューヨークの天使・・・Gilad Hekselman / Hearts Wide Open のHazelnut Eyesの原曲となったようなコンポジションっぽい。この演奏の方がごっいソロでチャレンジ感あります。

April In Paris 
演奏、ギターでもろピアノ。

Words Unspoken(オリジナル)
悶々とするもどかしい曲想、さりげなく美メロ。ジョエル・フラームのサックスが絡む々。

Countdown
イントロのちょっと変わったリズムから4ビートのスタンダード。

Someone to Watch Over Me
基本、バラードな演奏でじっくりと歌う中で、上下感が心地いいです。

Yo Mama’s Blues
上手すぎです。

Will The Song Ever End ?
なんとなく4曲目の曲想と似かよった密やかさ加減。フラームとヘクセルマンが会話のような雰囲気でテーマをユニゾンしていくサウンドは濃蜜w


この盤の録音もギラッド・ヘクセルマンの良さをひきだしてるなーと思います。
シャープな「Hearts Wide Open」より太いサウンド。


収録曲:オリジナル5曲・スタンダード5曲
1.Ga'agua
2.New York Angels
3.April In Paris
4.Words Unspoken
5.Countdown
6.Someone to Watch Over Me
7.Yo Mama’s Blues
8.Time After Time
9.How Long Has This Been Going On
10.Will The Song Ever End?






スピーカー、、、Patrician800。エンクロージャの素材や仕上げ、艶ある響きは別格でした。ネットワークはほぼ復活できるようですが、どーしても使えない事情が出てきてしまい、早い別れ。たった数ヶ月、部屋に置いただけで、本来の音は知らないまま。

・・・我ながら呆れます。。


スピーカーはしばらく、RH3/TAD無垢材エンクロージャとDD55000。パワーアンプはAmpzilla 2000、ML2Lで落ち着きそうです。

IKEMIはピックアップ交換と電源周りの劣化部品を交換して復活!
このプレーヤーのサイズや動作が気持ちいい。
by kuramae2010 | 2012-02-05 01:28 | jazz | Comments(0)

Gilad Hekselman / Hearts Wide Open / Le Chant du Monde

d0157552_23345272.jpgGilad Hekselman / Hearts Wide Open / Le Chant du Monde
Gilad Hekselman (g)
Joe Martin (b)
Marcus Gilmore (ds)
Mark Turner (ts) M-3,5,6,8
リリース:2011.10




ギラッド・ヘクセルマン(『ギラド』ではないようです)の10月の新譜、リーダー3作目です。
全作オリジナルで自身のプロデュースで力作な1枚!!どの演奏、構成も魅力溢れるアルバムに仕上がってます。テーマの魅力もあるし、ピアノっぽい特徴あるボイシングも活きてます。

One More Song
この曲、、マーク・ターナーのテナーとフォーカスが合ったうれしい曲です。ギラッド・ヘクセルマンがマーク・ターナーのために書いた曲かな?と感じます。マーカス・ギルモアの意外と繊細なシンバルワークが小さな花火のように小気味がいい。聴き応えあるギターソロもありますが、この演奏の魅力はマーク・ターナーとどんどん引き立てていくギラッド・ヘクセルマンとマーカス・ギルモア。

Hearts Wide Open
アルバムタイトルにもなっている曲ですが、前後半にマーク・ターナーとギラッド・ヘクセルマンのユニゾンからテンポが変わっていく二人のハーモニーが印象的な構成です。

The Bucket Kicker
3人よるコンテンポラリーな演奏。スタンダードのフレーズが時折り顔を見せます。


Understanding
この演奏のマーク・ターナーは恐ろしく「裸」な音色で、浸透力がすごいと感じます。派手でスーパーテクニカルな運指とかではないですが、音楽家としての凄さ底深さを覚えました。真にソウルフルな音でマーク・ターナーという人を内側で感じられる演奏。




このアルバムのエンジニアは、録音からミキシング、マスタリングまでの全工程をマイケル・ペレス・シスネロスが担当。
手持ちの音源ではカート・ローゼンウインケルの「Heartcore」や「The Remedy - Live At The Village Vanguard」やDanny Fox Trio、他にオマー・アヴィタル、OAMトリオ、フィレンク・ネメス、ジェイソン・リンドナーなどの録音を手がけるブルックリン在住のエンジニアの仕事。

マイケル・ペレス・シスネロスの起用は、ギラッド・ヘクセルマンのこだわりだと思います。「split Life」とは当然コンセプトもちがうのでしょうが、より解像度が高く、ダイナミックで何よりギターの音色に躍動感が出ています。

マーク・ターナーが指の事故をしてから参加した作品の中では「Hearts Wide Open」の演奏が私的にベストです。








d0157552_012237.jpg

by kuramae2010 | 2011-12-02 23:46 | jazz | Comments(7)

Gilad Hekselman / Split life / Smalls Records

d0157552_0222553.jpg

先月・今月など直近に購入した盤をレーベルやカテゴリー毎に並べるのに役立ってます。
聴いて良かった盤は、棚へ。
またいつか聴く感じのCDは自室へと。。。
自主規制として、1列におよそ25枚入るので1ヶ月に1列までにすれば駄々買いすることもなさそう。


そんな中で、マイルス・デイビスの「Sorcerer」を初めて購入しました。アレンジが抜群に光って聴こえます。ウェイン・ショーターとマイルス・デイビスのソロを聴くと、二人のジェネレーションが感じられます。。2曲目の「pee wee」の演奏にはなんとも言えない共時性を覚えます。「Masqualero」のハンコックの出だしのフレーズが40年前以上だとは信じがたいものがあります。トニー・ウィリアムスの手数もかっこいい1967年の作品。鮮度が高い才能をコンポーズしていくマイルス・デイビスの求心力ゆえのアルバムなんでしょうね。2000年代以降の若手ジャズマンのモーダルの見本かと思うサウンド?当時、このアルバムはどれだけセールスできたのか疑問です。

一方、ハンニバル・マービン・ピーターソン(チルドレン・オブ・ザ・ファイア・リイシュー盤)、学生時代、この辺は一時期、ガチガチに聴いていた記憶。日本で手に入る発売されたレコードはグルッと探し回って全作あったと思います。。よく聴くので2枚とかもってたと記憶してます。ハンニバルを起点にジョージ・アダムスやデヴィッド・マレイなどのSoul note時代のレコードも懐かしい。今はCDだけが残ってます。。

今聴くと、博多で食べるトンコツラーメン的な味わい。毎日はいらないですが、時たま無性に思い出し、食べたくなる。







d0157552_023652.jpgGilad Hekselman / Split life / Smalls Records
Gilad Hekselman(g)
Ari Hoenig(ds)
Joe Martin(b)

リリース:2006.09.12




ギラド・ヘクセルマン(g)の2006年初リーダー作「スピリット・ライフ」。アリ・ホーニグトリオ&シャイ・マエストロの動画を見てリーダー作を購入。アリ・ホーニグ・グループのライブ映像では、相当演奏回数が多いのか、アグレッシブで複雑なドラミングに即応する上手いアグレッシブなギタリストという印象が強いです。

このアルバムではじめて知りましたがギラド・ヘクセルマンも、、イスラエル出身(1983年2月3日生まれ)。
マエストロがアリ・ホーニグ・グループで演奏しいる映像では、正直ヘクセルマンとの違和感を感じましたが、技術面で耳をひかれました。

これもライブ盤ですが、限られた音源の私的な印象ではこれまでアグレシッブさ、小難しいイメージがありましたが、リーダー作ではやさしいストレートなサウンドでややこしいフレーズや耳に難解なコードはなく、ヘクセルマンの原点を聴いた感じです。随所にアリ・ホーニグの自由なドラムが目立ちますが、ギラド・ヘクセルマンの歌ゴコロが妙に新鮮です。一音一音に込めた音、ゆったり目にグングン展開する!

発売当時のインタビュー記事では、ジム・ホールやビル・エバンス、アーマド・ジャマルからの影響を受けているとのこと。アーマド・ジャマルの影響はジャズだけに限らずヒップ・ホップ系のピアニストからのリスペクトがほんと多いです。たしかにSmalls Recordsレーベルの紹介でもあった、ヘクセルマンのピアノっぽいボイシング、左手と右手の役割を演奏中もやっています。特に低音などはその効果、厚みが出ていますね。アリ・ホーニグが煽るブラシや独特なポコポコサウンドがきても、速いアルペジオを重ねていっても危うい、粗い感じがしないです。

「Suite for Sweets」はヘクセルマンのオリジナルで、スイーツな曲です。が、とてもよく練られた構造とアレンジ、演奏です。
「When Will the Blues Leave」オーネット・コールマン曲。平行移動してくようなソロや跳ねる演奏など楽しげなトラック。
「Breatless」ヘクセルマンの2分ちょっとのオリジナルバラード曲。この曲もそうですが、ヘクセルマンのオリジナルは2つのちがうテーマが融合した感じです。


最近発売した新作も聴いてみたくなるデビュー作。


youtube
Gilad Hekselman Quartet - Hazelnut Eyes


メンツが新作と同じでしょうか。
Live @ The Jazz Gallery, March 2010
Gilad Hekselman - Guitar
Mark Turner - Sax
Joe Martin - Bass
Marcus Gilmore - Drums
by kuramae2010 | 2011-09-20 00:32 | jazz | Comments(0)