うつし世は夢、夜の夢こそまこと

タグ:Calvin Keys ( 5 ) タグの人気記事

Calvin Keys / Vertical Clearance / Wide Hive Records

d0157552_23523726.jpgCalvin Keys / Vertical Clearance / Wide Hive Records
Calvin Keys (g)
Sonny Fortune (sax)
Paul Hanson (sax)
Doug Rowen (sax)
Roger Glenn (vib)
Gregory Howe (Moog)
Hednodic (Beat f)
Matt Montgomery (b)
Babek Tondre (b)
Mingo, Jr (conga)
Mike Rinta (tb)
Phil Ranelin (tb)
Cat Ouano (Rhodes)
Ron E. Beck (ds)
Darrell Green (ds)
Babatunde Lee (ds)
Thomas McCree (ds)
リリース:2006.5





1943年生まれのCalvin Keys、2006年盤。
Black Jazzレーベル時代も含めて、おそらく手に入るリーダー盤は入手したような。。
発売当時は忙しすぎて何も聴いてなかったので、この盤がどうだったのかはわかりません。

d0157552_003894.jpg
ジャケ写・これの↑画像が歪んでるわけじゃありません。


ジャケ写の構えからしてキマッてる「Vertical Clearance」。グルーヴ感とダークな浮遊感が漂う・・・・


なんてもんじゃなく、匂いたつ様なブラックネス。



50年代の米レーベル、って言ってもヨーロッパから移ってきたホワイトな連中がおこしたレーベルと
一味も二味もちがうサウンドが今も聴けるという奇跡。

・・・2曲目からが良いです。
2曲目以降はすべていいです!すべて。

ブラック・ミュージックが好きな人で、この盤がNGという稀有な人はいないと思います、おそらく。
どの演奏もリズム&ビートが抜群に弾んだサウンド。

「Proceed With Caution」 はコアなジャズファンならよくご存知かと思いますが、2006年版の演奏のレア・グルーヴっぷりも抜群。新たなテクとかはなし??だけど、たまんないリズムはすっごくクール。
これとか聴いてるとなぜか、心臓がバクバクしてくるほどw

「Secaucus S.Rutherford」や「Seven & Sonny Straight Up」の脱力系グルーヴ感も癖になる音。
カルヴァンとフロント陣の力を抜いたフリーなインプロがカッコいい。「Maximum Height」もRoger Glennとカルヴァンの「よお、兄弟、調子はどーだい?」 「年には勝てねえ、けどよ・・・」みたいな?会話が聴こえるような即興がイカしすぎ。リズムがキマってるのでフロントがナニやっててもカッコいい。

「Blue D」スローテンポのソウルフルかつスピリチュアルな演奏。
何かが溢れ零れてくる切ないブルース。メロウなブラック・ジャズの真骨頂

カルヴァンのこの盤、一部の米国オタの間では絶大な、神盤。日本では??
執拗なまでのリフが云々は置いてといて^^......... 21世紀初頭にキラめく盤(私的にです)。




演奏曲
1. MRKGY
2. Spreading Spirit
3. Unresolved Daydream
4. Proceed With Caution 2006
5. Secaucus S.Rutherford
6. Vertical Clearance
7. Seven & Sonny Straight Up
8. Maximum Height
9. Blue D
10. Drunk Monk
11. Last Exit
by kuramae2010 | 2015-06-03 00:17 | jazz | Comments(0)

David Durrah feat. Calvin Keys / Angelic Stream / Quadraphonic Sound Module - P-VINE

d0157552_0102915.jpgDavid Durrah / Angelic Stream / Quadraphonic Sound Module - P-VINE
David Durrah (Key,Rhodes)
Calvin Keys (g)
Alex Foster (ts,ss,fl)
Don Pate (b)
Buddy Williams (ds)
録音:1975.6 発売:2009




ようやく入手できた、David Durrah 1975年ブルックリンで録音された未発売盤。

【黒き】天使の~タイトル曲「Angelic Streams」 が、否応なしにカッコよすぎのDavid Durrah盤。








演奏曲:all composition David Durrah
1. Angelic Streams
2. Skippin' The Blues
3. Subway Dance
4. Hole In The Pocket
5. African Violet
6. Sweet Diane

Recorded:Brooklyn 1975.6.3,4 Mix:Dubway Studio Quadraphonic Sound Module




d0157552_2331508.jpg







1975年のブルックリンDubwayStudioで録音ミックスされ、2009年 Quadraphonic Sound Moduleからリリースされた盤。当時1,000枚限定アナログプレス&CDで発売。

David Durrahで聴いた事がある盤がTribeの「Doug Hammond & David Durrah / Reflections In The Sea Of Nurnen」と「V.A. / MESSAGE FROM THE TRIBE」だけで内容は濃いモノで、、、濃ゆい。ちなみに「Charles Mingus / Moves」のタイトル曲の作曲者はDavid Durrahです。


David DurrahはStrata East、Black Jazzレーベルのこねくり感がない感じの『うねる』グルーヴがめちゃかっくイイ。演奏はジャズジャズな演り方じゃないところも一癖ある。メンバーにはCalvin Keysが参加。リーダー盤に比べリフレ少な目で、音色は一聴してわかる音。ローズとの相性もいい。デュラーのローズは彫りたてのような音で触れられそう。どの演奏もDon Pateのベースが効いてます。Alex Fosterのサックスが、音もプレイも軽くてフレーズが微妙.....惜しい。


「African Violet」など70's中盤の音というのか、シンバルとかハイハットが擦れジョリっと切れそうな質感。響かせなくカツカツした音像も塊でカッティング?されてて重いまま空間に在るリアルさ。ベースやバススドラムもブオッと来る不自然さは感じるけど、裏拍ノリが妙に心地いい。アルバムラスト曲「Sweet Diane」は、学生の頃アナログ盤で入手したDavid Murray / Last of the Hipmen / Red Record や「Home(Black Sint)」の「Last of the Hipmen」の元曲なったんじゃないかな。サックスは当時のMurrayの方が俄然光りそう。
1975当時、発表できなかった理由は今でも言えないそうです。


『どんじゃり』ジャジー&ファンクネスなレアグルーヴの極みっ。
「Angelic Stream」は年代関係なしにホレてるアルバム
by kuramae2010 | 2014-05-14 00:48 | jazz | Comments(0)

Calvin Keys / An Evening With Calvin Keys / Lifeforce JAZZ

d0157552_2225630.jpgCalvin Keys / An Evening With Calvin Keys /Lifeforce JAZZ

Calvin Keys (g)
Tim Hauf (b)
Gaylord Birch (ds)

2013.1.15 (1994.2.13)






ジャケの眼力がすごすぎな、カルヴァン・キイズの復刻盤。


新譜だと思ってましたが、1994年のトリオでのライブを収めた2枚組でした。。
全編スタンダードで、マイルス・デイヴィスやケニー・バレルの曲などをリラックスした雰囲気で収録。マイルスの曲は「Theme 」、「All Blues」を演奏。

特段、ごいすーなテクで魅了する方ではないと思いますが、シンプルで伸びのある歌いっぷり、
コンポジションも暖かい雰囲気。。勝手に2000年の「Detours Into Unconscious Rhythms」っぽいノリを描いていたので、拍子抜け。。2005年盤の「Calvinesque」的世界。・・・先日お茶の水DUに行ったら「Detours Into Unconscious Rhythms」が平積みになっていたのには驚き・・・

カルヴァンのスタンダードなら、2003年の「Standard Keys」が、程よいテンションと脱力感、Black Jazzレーベル年代のフレージングやブルーズ感が色濃くノった、Calvin Keys / Standard Keys / Lifeforce Jazz が、ほろ苦くも粋でおすすめ




d0157552_22354174.jpg




で、熱烈に再度、復刻して欲しい盤が2010年に一度復刻されたっぽい、
「 David Durrah feat. Calvain Keys /Angelic Stream / Quadraphonic Sound Module」
1曲wしか聴いてませんが、1975年の演奏とは思えない空気感でレアグルーヴ。。





Disc 1
1. Invitation
2. Hi-Fly
3. Chitlins Con Carne
4. Secret Love
5. I Remember Clifford
6. Theme

Disc 2
1. Bus Scene See All 2
2. Stella by Starlight
3. My Funny Valentine
4. All Blues
5. Spring Can Really Hang You Up the Most
6. If I Should Lose You





デヴィッド・デューラーとカルヴァンとのコラボ盤、ほんとイイんじゃないかと。。再復刻してほしい
特に後半、カルヴァンとデューラー、フェンダーローズの絡み具合がエロ過ぎw

David Durrah feat. Calvain Keys

by kuramae2010 | 2013-05-15 22:34 | jazz | Comments(0)

Calvin Keys / Detours into Unconscious Rhythms / Wide Hive Records

d0157552_23454872.jpgCalvin Keys / Detours into Unconscious Rhythms / Wide Hive Records
Calvin Keys (g)
Roger Glenn (fl,vib)
Tim Hyland (fl)
Matt Cunitz (org)
Kat Ouano (Fender Rhodes)
Artis Joyce (b) , Jeff Chambers (b)
Ron E Beck (ds)
Kenneth Nash (per)
DJ Zeph (scratches)
Kevin Carnes (sampling)
Scheherazade Stone (vo) , Kevin Carnes (vo)

Gregory Howe(Producer)

リリース:2001.7




プロの音作りが冴え渡った、カルヴァン・キイズ、2001年のアルバム。
キイズの音色、抑揚、フレージングは時代を超えてグルーヴしてます!艶ッ気、色気が堪んない感じ。「Black Jazz」レーベルを久方ぶりに聴いて仕入れた盤ですが、1日一回は鳴らしてる感じw

「Detours into Unconscious Rhythms」...ヒップ・ファンク?というかファンク・ジャズ系の一枚。濁り系フルートやカット・オウアノの浮遊するフェンダー・ローズ、ベンベン跳ねるベースで踊る色気あるギター。ポリフォニックシンセとDJ.ゼフのターンテーブルが抜群な臨場感を出す演奏があったりと、レーベルオーナー、グレゴリー・ハウのアイデアもかなり出た盤かと思われます。


そしてこの盤、音がいい。躍動感、グルーヴ感に溢れてて、キイズのソロもたつ。スクラッチやサンプリングも馴染んでて巧い。下手なジャズレーベルより、大人w  
ミックスはべン・コンラッド、ディレクションにグレゴリー・ハウ。




この盤とは傾向が違いますが、ベン・コンラッドが中心のVariable Unit 「Liberation」 ワイド・ハイヴ
2002年当初はキイズも参加していた感じ。






演奏曲
1. Potholes
2. Urban Shaman
3. Detour
4. Tierra Naranja
5. Strutting Sole Kicks
6. C.K.Factor
7. Landing Pad
8. Aunt Lovey’99
9. Perfection is Instant Death
10. Isalomatha
11. Calvinology




d0157552_23463942.jpg


来月リリース予定の新譜が楽しみなレジェンド。
by kuramae2010 | 2013-01-29 01:01 | jazz | Comments(0)

Calvin Keys / Shawn Neeq / Black Jazz

d0157552_130184.jpgCalvin Keys / Shawn Neeq / Black Jazz

Calvin Keys (g)
Owen Marshal (fl,etc.)
Larry Nash (ep)
Lawrence Evans (b)
Bob Braye (ds)
録音:1972




年末年始にはまった、カルヴァン・キイズの1972年 デビュー盤。
21,2歳の頃に自作825でガンガン聴いていた盤で、ギターの瑞々しさ、黒っぽさは堪んないサウンド。74年の「Proceed With Caution!」も聴きまくりました。 

特にアーマッド・ジャマルがリーダーでカルヴァン・キイズが参加したハリウッドにある『oil can harry's』でのライブ盤がめちゃイイんですが、当時はアナログ盤(アナログしかなかったと記憶)を持ってました。その頃まわりでジャマルが流行ったノリで買った記憶。。今、あらためて聴くとすごく良いのでびっくり。
このライブハウスはまだ現存していて、ハリウッドに移ったアルテック・ランシング社とは4,50kmの距離! 



演奏曲
1. B.E
2.Criss Cross
3.Shawn-Neeq
4.Gee-Gee
5.B.K.







アーマド・ジャマルとカルヴァン・キイズのライブ盤音源  effendi
この曲出だしからマッコイ・タイナーっぽいので、ググッたらマッコイ・タイナーが初リーダー盤のためにつくったオリジナルっぽそう、たぶん。ジャマルとキイズが演るってところが泣かせます。
今聴いても、曲、演奏ともツボですw



ahmad jamal / oil can harry's / catalyst records
Ahmad Jamal (p)
Calvin keys (g)
John heard (b)
Franck Grant (ds)
Seldon Newton (conga)
録音:1976






Calvin Keys - Aunt Lovey



Calvin Keys / Proceed With Caution / Black Jazz
Calvin Keys (g)
Kirk Lightsey (el-p)
Henry Franklin (b)
Ndugu Chancler (ds)
Owen Marshall (perc)
Charles Owens (ts,ss,fl)
Oscar Brashear (tp,flh)
Al Hall Jr. (tb, bar)






この辺りのグルーヴはアルテックの独壇場なんですが、
なんで288a(24Ω)や515a(20Ω)が、レアな状態になってんのか、
20年越しに理解できたかもしれない。

d0157552_125854.jpg

by kuramae2010 | 2013-01-12 01:10 | jazz | Comments(0)