うつし世は夢、夜の夢こそまこと

タグ:Bill Stewart ( 2 ) タグの人気記事

Idlewild / Lage Lund / Criss Cross

d0157552_2344341.jpgIdlewild / Lage Lund / Criss Cross
Lage Lund (g)
Ben Street (b)
Bill Stewart (ds)
リリース:2015.2.17





Lage Lundの新譜です。久しぶりに入手したような・・・
ジャケ写のアメリカの少年っぽい風貌フォトが気になりますけど、、演奏曲はスタンダードが多いし、オリジナル曲ってあまりいい印象がないという......

1曲目のオリジナル「Rumspringa」はイントロからしてアコギをオーバーダブしたコンポジション。オリジナル曲ではすべてですね。で、Bill Stewartがすごい手数^^;  でも、それがとてもしなやかでウネる様なドラミング。

「Come Rain Or Come Shine」はスタンダードですがルンドのプレイはシングルノートにピアノの左手を随所にかましてるようなヴォイシングや一音なんだけど2音分鳴ってる風。さり気ない中で、超絶テクを聴かせたいんじゃないか、と思ったりしました(ルンドに限りませんけど)

「So in Love」でも同じ感じのサウンド。しかしBill Stewartは多種多様なアクセントを随所に付けていってますね~。このアルバムは音となりが暖かでヌルい(いい意味で)感じがしてます。


d0157552_23481957.jpg



最近わりと聴きなおしている70年代のBobby Hutchersonなんですが5曲目の「Isn't This My Sound Around Me?」は、ルンド版もすごくカッコいい♪♪ Ben Streetのウォーキングベースにルンドがメロディとは別に随所でぐわっとグルーヴさせる"左手効果?"を入れつつ、上昇フレーズと下降フレーズでダメ押しw ソロはメカニカルなパッセージも健在で、全体のサウンドはクールにキメてくるニクいまでの演奏。この盤で曲の良さもあって一番好きな演奏。

Cole Porterのスタンダード「Just One Of Those Things」は微妙なテンポの揺らぎとグル―ヴ感が絶妙。メロディに浮遊感を出す音を同時にのせるテクニックは凄いものがありますね。
11曲目「Straight Street」のソロはいいですっ。メカニカルかつウォームトーン。このトリオは好きです^^
ラストがアルバムタイトル曲 の「Idlewild」はアコギとエレキを大胆にダブらせて、これまでのサウンドとちがうサウンドに仕上がっています。ギターがちがうんですかね。
肩の力が抜けたまったり感あるサウンド。


おそらくギター弾く方は、スゲえ、、かも、っていう印象なんでしょうかね。
僕はけっこう、このトリオ盤が好きです♪




演奏曲
1. Rumspringa (Lage Lund)
2. Intro To Rain (Lage Lund)
3. Come Rain Or Come Shine (Harold Arlen)
4. So In Love (Cole Porter)
5. Isn't This My Sound Around Me? (Bobby Hutcherson)
6. Mirrors (Joe Chambers)
7. Just One Of Those Things (Cole Porter)
8. Intro To Chance (Lage Lund)
9. Chance (Kenny Kirkland)
10. Good Morning Heartache (Irene Higginbotham / Ervin Drake / Dan Fisher)
11. Straight Street (John Coltrane)
12. Idlewild (Lage Lund)
by kuramae2010 | 2015-03-16 23:51 | jazz | Comments(0)

Jesse Van Ruller / Views / Criss Cross

d0157552_11592.jpgJesse Van Ruller / Views / Criss Cross
Jesse Van Ruller (g)
Seamus Blake (ts)
Sam Yahel (Hammond B3 org)
Bill Stewart (ds)

リリース:2006.12





一昨年なんですが、ネット・ラジオから流れてきた、よく弾んだ艶と活き。憂いさを帯びたギター。
「Jesse Van Ruller - Amsterdam」。 スタンダードのアレンジかと思ったら、ジェシ・ヴァン・ルーラー本人の作曲。生まれた街をイメージした曲なんでしょうか。

2006年12月にリリースされた、ジェシ・ヴァン・ルーラー リーダーのクリス・クロス盤。リアルタイムで聴いてないですが、これはヒットしたでしょうね。演奏は全演奏カッコいい。ジェシとサム・ヤヘルのハーモニーはクールなのにあたたかな感触。ジェシの流れるような運指、抑揚と色気のある音色。伸び広がるオルガン。ヘンに凝った演奏ではないストレートさ。よく聴くと細かいコンポジションがされているのかも?!

このアルバムはベースレスなのでヤヘルは時にリズムの役割や”ノリ”を担う感じ。ジェシやシーマス・ブレイクとのハーモニーなどもあって重要。自身のソロ、シーマス・ブレイクのソロ時に裏をいくリズミックなバッキングや空間を浮遊させるとか手抜かりなし。聴いていて何?と感じたのが、バスドラと遅れ重ね気味にすっごい低いうねりのような低音。このちょっとボヤけて聴こえる(まっとなシステムだとちゃんと聴こえる)のがヤヘルの仕業だと思います。ジェシは全体の響きを重要視するギタリストで、この厚みが出るサウンドがないと匂いの希薄ななものとなる。ドラムのビル・スチュワートも斬れのいいプッシュで演奏全体を引き締めてる感じでいい。

以前書いた、ラージュ・ルンド盤と同じくドラムがビル・スチュワート。プロデューサーとマスタリングスタッフは同じでレコーディング・エンジニアがマイケル・マルシアーノではなく"マイク・マルシアーノ"
・・・じつは同一かな? ジェシ盤のほうがまるで好み。




演奏曲
1.Silk Rush (Jesse van Ruller)
2.Super Dry (Jesse van Ruller)
3.Holistic (Jesse van Ruller)
4.Sway (Jesse van Ruller)
5.Amsterdam (Jesse van Ruller)
6.Gladiator Glamour (Jesse van Ruller)
7.Tear Jam (Jesse van Ruller)
8.Strung Out (Jesse van Ruller)




d0157552_1114438.jpg







Ramon Valle / Flashes From Holland / RVS MUSIC
Ramon Valle - Piano
Jesse van Ruller - Guitar
Omar Rodriguez Calvo - Double-bass
Owen Hart Jr. - Drums

昨年の音源ですが、ラモン・ヴァレ(レイモン・ヴァッレ?)とのユニット。スタイルががらっと変わったジェシがかっこいい!
このレーベルはヴァレ自身のオランダのレーベルだそうです。動画のトラックは「Amsterdam Party Time」。

Promo film for Ramon Valle's Flashes from Holland.

Promo film for Ramon Valle's Flashes from Holland.
Recording Session for the tune: "Amsterdam Party Time".
by kuramae2010 | 2012-12-10 00:56 | jazz | Comments(2)