うつし世は夢、夜の夢こそまこと

タグ:Ben Monder ( 4 ) タグの人気記事

Gerald Cleaver / Adjust / Fresh Sound New Talent

d0157552_0334550.jpgGerald Cleaver / Adjust / Fresh Sound New Talent

Gerald Cleaver (ds)
Andrew Bishop (cl, ss,ts)   Mat Maneri (vla)
Ben Monder (g)          Craig Taborn (org,key)
Reid Anderson (eb,ab)

リリース:2001.7





拳に漲る血管は伊達じゃありません。

ジェラルド・クリーヴァーの2000年10月に録音されたリーダー盤。年明けぐらいに買った記憶。
ジャケ写の「目力」と拳の気合で興味を引かれつつ、Bill McHenry / Bill McHenry Quartet featuring Paul Motian で聴いた、ベン・モンダーとリード・アンダーソン。クレイグ・テイボーン買いです。

ジェラルド・クリーヴァー、最近ではヤロン・ヘルマンやヤコブ・アンデルシュコフ「Agnostic Revelations」、Jeremy Pelt「Men of Honor」に参加。


ファースト・インプレッション
1曲目からベン・モンダーの熱いギターが炸裂w手持ちの盤でガンガンいってるのが少ないせいか新鮮。続く「The Wheat And The Tares」 は、意味不明系なおどろおどろしい演奏。でもリード・アンダーソンのベースの不気味さがカッコいい。途中、マット・マネリのヴィオラ、ベン・モンダーのソロが狂ったように逝くサウンド。ベン・モンダーでスカッとできるこのコンポジションめちゃいい。フリージャズ、スレスレのスリルとブルックリン系サウンドのカオス。

2曲目との落差・・・「Force Of Habit」はミステリアスでダークな浮遊系なんですが、時おり全員でハモるユーモアさがあります。「Way Truth Life 」ベン・モンダーのネバり系浮遊ソロ?からはじまるアンニュイ感。リード・アンダーソンのクールなソロ。コラージュのようなバラっとした演奏からクリーヴァーがごっつくドライブをかけていき、テンション上がった即興でブツ切り。・・・テーマは、何気にいい曲。

ブルックリン・コンテンポラリーっぽい「Chinese Radio」。ユーモラスなサウンドとドスが効いたリズムの二面性ある表情。各人かなり自由に演ってる感あります。ヴィオラのマット・マネリは超アグレッシヴ。
続く「Sight」は苦手なパターン。前曲をひきづりながらの導入「Veil 」。クリーヴァーのビシバシのリズムの上でもわーっとするフロント。徐々にリズムと融合していく感はカッコいい。5分以降のリズムチェンジからフリーな即興。

熱さと暑さが漲る1枚。




演奏曲
1.Hover
2.The Wheat And The Tares
3.Force Of Habit
4.Way Truth Life
5.Chinese Radio
6.Sight
7.Veil



関連youtube
Yaron Herman Trio "Layla Layla" @ Sunside (Paris)






d0157552_114487.jpg


GWに遊びにきた、友達にちょっと背の高い大きいスピーカーいりませんか?
と聞いたら、持ち運びできるの?と聞かれました。




コントン、、、ジェラルド・クリーヴァーの2000年意欲作、
このまとまり感のなさ、勢い、混沌から何が生まれてきたのでしょうか。
・・・なんかが生まれてんだと思いますw

熱いベン・モンダーが聴ける一枚!





d0157552_118175.jpg

by kuramae2010 | 2012-05-06 01:22 | jazz | Comments(2)

Paul Motian , Bill McHenry

d0157552_0232175.jpgBill McHenry / Bill McHenry Quartet featuring Paul Motian / Fresh Sound New Talent
Bill McHenry (ts)
Ben Monder (g)
Reid Anderson (b)
Paul Motian (d)


録音:2002



60年以上ジャズドラマーとして活動していた、ポール・モチアンが1ヶ月程前に亡くなりました。
ウチにあるリーダー作やポール・ブレイとの盤が何枚かあったので、聴き返してましたが、ECMなどで残っている演奏とはちがう表現を聴きたいと思っていた時に見つけた1枚。

d0157552_0233081.jpgラストに限りなく近い参加作がビル・マクヘンリー(マッケンリー)の「Ghost of the Sun」じゃないかと思います。リリースが今年の11月20日近辺でメンバーは一緒。タイトルはとても微妙。。

「Bill McHenry Quartet featuring Paul Motian」は2002年録音と古いのですが、はじめてポール・モチアンがこのユニットに参加した盤だと思います。アルバムの前半は何とも言えない疾走感と高揚感がある演奏で、ECMテイストとはガラッとかわった、、オーネット・コールマン・グループを想わせたりしてます。


1曲目「Alfombra Magica」・・・ここでのビル・マクヘンリーの自由さ、残響のながいサウンドはエンジニアと本人の意図(たぶん)で、時代を跨る雰囲気がリアル。ポール・モチアンの叩きっぷりもアクセントもカッコいい。ドライブをぐっとかけたリード・アンダーソンが入り、一気に危険な香りが漂う60年代フリージャズの匂い。ベン・モンダーが空間を広げると、今のサウンド。根っこは60年代前半あたりのオーネット・コールマンっぽい演奏。

2曲目の「Social Unconciousness」ではビル・マクヘンリーのテーマとベン・モンダーの並列的な演奏(バッキング)からソロなどは、ベン・モンダーのクールさが良く出ている。5曲目以降は、もわーっとしたフリーミュージックな色合が濃くなり、思索的な雰囲気でちょっと苦手。。。

ポール・モチアン、、20代の頃からピアニストだけでもセロニアス・モンク、レニー・トリスターノ、ポール・ブレイ、ビル・エバンス、ハービーハンコック、チック、コリア、キース・ジャレット、ブラッド・メルドー他多数・・・
60年間に渡ったポール・モチアンの活動履歴はすごいものがありました。




ECM、ビル・マッケンリーやビル・エバンス4作以外の手持ちの盤では、たぶん15,6年前に購入した、スタンダードをリラックスしまくって演奏しているポール・モチアンが地味で良い感じです。ジャケット裏の不気味な笑顔がキュート。プロデュースがイツノヒロシさんです。


d0157552_0233898.jpgPaul Motian / On Broadway Volume 2 / JMT
Paul Motian (ds)
Bill Frisell (g)
Joe Lovano (ts)
Charlie Haden (b)

録音:1989年



d0157552_0234877.jpg

by kuramae2010 | 2011-12-24 00:38 | jazz | Comments(0)

Tim Ries と スピーカー

d0157552_223440.jpgTIM RIES QUINTET / UNIVERSAL SPIRITS / Criss Cross

Tim Ries(ts,ss)
Scott Wendholt(tp)
Ben Monder(g)
Scott Colley(b)
Billy Drummond(ds)


録音:1997.10



d0157552_223698.jpgTIM RIES / ALTERNATE SIDE / Criss cross

Tim Ries(ts,ss)
Greg Gisbert(tp,flh)
Michael Davis(tb)
Ben Monder(g)
Stacey James(harp)
Larry Goldings(p,org)
John Patitucci(b)
Billy Drummond(ds)


録音: 2000.06



ティム・リースのCriss crossでの旧譜。実はこの2枚、かなり相当に魅力的なメンバーで固められいるアルバム。ギターはベン・モンダー。ベースではスコット・コリーとジョン・パティトゥッチ、ドラムはビリー・ドラモンドです。一時期のクリスク・クロスの主要メンバーによるハードボイルドな漢っぽいアルバム。

ティム・リースはローリング・ストーンズのツアーメンバーとして1999年参加していたらしいです。「ALTERNATE SIDE」に収録の「MOONLIGHT MILE」はミックジャガー、キースリチャーズ作。


UNIVERSAL SPIRITS
97年発売のアルバム1曲目「Indeed」このハードバップ曲のギターソロ、バッキングを聴いてベン・モンダーに注目しはじめました。3曲目「Free Three」のベン・モンダーのソロは、浮遊系なフレーズもいかしつつ、トランペット、サックスのフロントが熱くイカずにハーモニーを緻密に重ねていく感じは逆テンション状態。4曲目「Guardian Angel」、曲がいいです。ここでもベン・モンダーのバッキングがかなり目だってます。ソロ終わりのテンション高めの高低感は絶妙なトーン。ビリー・ドラモンド、スコット・コリーもスピード感ある4ビート。4曲目までがティム・リースのオリジナル。5曲目がレナード・バーンスタイン作「Some Other Time」!ソプラノにチェンジ。太めな木管の質感と温度感とテンポがこれまでとガラッと変わり、バラードを歌い上げるアレンジ。6曲目はバッハ「Sonata Nr. 2 Siciliano」。5,6曲目の素材は前半からのギャップがある感じ。。

ALTERNATE SIDE
「COPAKE」抑制されたミステリアス感あるソプラノ、内省的なベース。
「HART'S BEAT」色彩感豊かでハープ、リースのサックス、ベン・モンダーのギターが今っぽい仄暗くも美しいハーモニーが印象的。「ALTERNATE BLUES」ジョン・パティトゥッチがアグレッシブに飛ばし、ソプラノ、ギターの熟練したソロ回しで展開するオーソドックスなバップチューン。「MOONLIGHT MILE」アメリカの古き良き時代~を思わせるアレンジのストーンズ曲。

現代ジャズ職人の仕事。




CrissCrossの職人技や現在のフリー、60年代のビシバシくるソースにハマるRH-3&ガウス&TAD。
アンプの足元に鉄アングルとQRDフラッターフリー板材。ベースに「もどき」な拡散&吸音したセットにしました。

More
by kuramae2010 | 2011-10-31 01:33 | jazz | Comments(0)

Wolfgang Muthspiel / Air, Love & Vitamins , Ben Monder / flux , Håvard Stubø / WES!

d0157552_1191567.jpgWolfgang Muthspiel / Air, Love & Vitamins / Quintin
Wolfgang Muthspiel(g)
Marc Johnson(b)
Brian Blade(ds)

リリース:2004年



ウォルフガング・ムースピール(g)の2004年の旧譜です。
ムースプールは1965年オーストリア生まれでトロンボーン奏者とジャズピアニストの兄がいるようです。
6歳からバイオリンを習い、15歳からギターへ転向。オーストリアグラーツ音楽院でクラシックギターとジャズギターを学んだ後、バークリーへ。。その後ゲイリー・ピーコックやポール・モチアン、ゲイリー・バートンらと演奏し評価されたらしい。パット・メセニー曰く「後継者が現れた」と賞賛したようです。インスピレーションはブルースやビートルズ、バッハなどジャンルを超えて受けてるとのこと。

アルバム『Air, Love & Vitamins』は、ベースにマーク・ジョンソンとドラムがブライアン・ブレイドのトリオ・フォーマットです。一聴、演奏は空間スケールの大きさを感じます。十人十色ですが、パット・メセニーが描く風景が時に眩しい太陽だったり美しい夕陽をイメージすることがありますが、本作は色彩の綾が複雑な雨上がりの夕景を思うイメージ。

ムースプールの淀みない旋律とマーク・ジョンソンのベースライン&ときに旋律による2声対位法(重複対位法?)が、広がりと立体感を伴いゆったりとウォームなサウンドが展開します。マーク・ジョンソンのアイデアもかなりあるんでしょうか。ブライアン・ブレイドの抱擁感あるリズムによる動的作用も聴きどころ。ムースプールのギターは尖った感じがなく優しい音で余韻が印象的。また、ミキシングなどの仕事にもムースプール自身が気を配っていることは、プレイ同様に緻密なことからうかがえると思います。。
荒井公康さんH&Aスタディルーム
「対位法の基礎」







d0157552_120362.jpgBen Monder / flux /songline
Ben Monder(g)
Jim Black(ds)
Drew Gress(b)

リリース:1995


ベン・モンダー、1995年のトリオによる初リーダー作です。TimRiseのアルバムや
FSNTレーベルで参加している演奏を聴き、気になるギターリストでした。リーダー作はどんなにいいかと。。
一聴して音が綺麗で、特異なフレーズ、ときにキュートな一面があるサウンドですが、
構成は捉えどころ、ツボがわかりにくく「小難しくって暗いDr.」という感じ。。
一筋縄でノッて聴く、浸りつつ聴く感じとはなりません。
アルバム後半5曲目以降はリズムの動きがはっきり出てくる演奏になります。
が、なかなかです^^;





d0157552_1372296.jpgHåvard Stubø & Daniel Franck & Hakon Mjaset Johansen / WES! / BOLAGE
Håvard Stubø (g)
Daniel Franck(b)
Håkon Mjåset Johansen(ds)

リリース: 2007.11.25


最近イチ押しのギタリストの筆頭、ホーヴァル・スチューべ(g)の2007年の旧譜『WES!』。
タイトル通りジャズギターのレジェンドをリスペクトしたアルバムです。しかも、かなりソウルな部分で繋がった感がある仕上がりのサウンド。以前購入した「way up(way down)」などの2作、youtube音源などを通して感じた「太い音」、「高いユニゾン」、「跳ねる音」は、ウェス・モンゴメリーの親指ピッキングとオクターブ奏法、コード奏法などがキーとなっているんですね。ホーヴァル・スチューべの魅力は、テクニック以上にぐいぐいドライブしていくブルース・フィーリングにあると感じています。このウェス・モンゴメリーオマージュアルバムでも活きています。



パット・メセニーはウェス・モンゴメリーの演奏について下記のように語っているようです。ストラト!!ジャズギター講座

「ウエスについて最も多く語られるのは、彼のオクターヴ奏法であったり、
親指を使った弾き方だったり、抜群のリズム感だったりする。でも、僕にとって、ウエスが一番素晴らしいと思えるのは、メロディを展開していく上での驚くべき技術であって、それが彼を他の多くのギタリストのみならず、
インプロヴァイザーと区別する一線なんだ。ウエスは必ず1つのアイデアを提示したら、その後に続くフレーズによって、それを可能な限りもって行き、そこで結論をみつけようとする。」

また、N.Yタイムスのインタビューではウェス・モンゴメリーの音量への配慮をグレン・グールドの音量と照らし合わせたり、アドリブをバッハの曲と照らし合わしながら応えたそうです。



ちなみにウェス・モンゴメリーは楽譜を読めなかったらしい。

想像するに、その代わりコードに関して絶対音感があって、曲や弾いたコードからの瞬間的な展開力、派生力、創造性がパーカー以上に天才的だったのかもしれません。十数年前、友人が「ジャズギターで使うコードは1,500種類以上あるよ」と言ってましたが、それらを駆使してアドリブしていくこと自体すごいんですが、フレーズに無駄がないというインテリジェンス感にも驚かされます。

なによりも最上のブルース・フィーリングを遺していったギタリストの一人です。



d0157552_1185028.jpg

by kuramae2010 | 2011-08-22 00:53 | jazz | Comments(0)