うつし世は夢、夜の夢こそまこと

タグ:Ari Hoenig ( 7 ) タグの人気記事

Sam Yahel / Jazz Side of the Moon: Music of Pink Floyd / Chesky Records

d0157552_013384.jpgSam Yahel / Jazz Side of the Moon: Music of Pink Floyd / Chesky Records
Sam Yahel (B3 org)
Mike Moreno (g)
Ari Hoenig (ds)
Seamus Blake (ts)

リリース:2008.5




jazz worksさんところで聴きながら、即注文し、翌日到着したサム・ヤヘルの「Jazz Side of the Moon」。
メンバーにマイク・モレノが参加してます。マイク・モレノ、、、つい最近来日してました(ます?)。
最終公演のチケット争奪戦に3時間程乗り遅れ、SOLD OUT。初日Pit Innの日は知らずにという体たらく。ピアノにアーロン・パークスで、ドラムがこの盤では渋い演奏のアリ・ホーニグ。ジャズを聴いてる人なら外せない、気になってしょーがないメンツじゃないでしょうか。


この盤は彼此2ヶ月程、深夜にかけてることが多く、気がつくと、ヤヘルとモレノのハーモニーが心地いい。
「Time」のシーマス・ブレイク、テーマ終わりからの、モレノとヤヘルの無機的とも有機的とも言えない絶妙な浮遊感!!オルガンとギターの揺れ感が気持ちいい。・・・この浮遊感を聴くとサックスの生々しい音色が浮く感があって、トリオでもっとダークにいってしまった演奏も聴きたくなります^^ もしくはヴィブラフォン・・・
「Money」は、原曲の灰汁が旨いこと抜けてジャズっぽいチューン。


演奏曲はピンク・フロイドの1973年「The Dark Side Of The Moon」から。
ボーカルがなかったり、電化系ピコピコ音がなかったりで、かなり違うんですが、音の匂いが同一線上にありながら一層ダーク感漂う緻密なカバー。ジャケの雰囲気も似てますね。


ベースレスでヤヘルはB3オルガンだけで、シンセなど使ってないのが凄いです。さらに教会での一発録音!
このあたりは音の良さにも現れてます。マイク・モレノは音に甘みがあって、ガッつかない温度感に独自の美学を感じます。ライブでは変わるのかもしれませんが、、この盤を聴きはじめてから、「Tird Wish」とかも聴き始め、ニワカモレナー度がアップしてますw




演奏曲
1.Breathe
2.On The Run (Part 1)
3.Time
4.Any Colour You Like
5.The Great Gig In The Sky
6.Money
7.Us and Them
8.Brain Damage
9.On The Run (Part 2)




d0157552_017407.jpg


購入した盤はSACDで、192KHzなんちゃらみたいなので、パソ音源専用になってしまったRDA560で聴くといいのかな・・・ 
by kuramae2010 | 2013-06-08 00:28 | jazz | Comments(2)

Tigran Hamasyan / World Passion / Nocturne・harmonia mundi

d0157552_23242391.jpgTigran Hamasyan / World Passion / Nocturne・harmonia mundi

Tigran Hamasyan (p,el-p)
Rouben Harutyunyan (duduk,zuma)
Ben Wendel (ss,ts)
Francois Moutin (b)
Ari Hoenig (ds)
リリース:2006.4



地に足がついた17歳の音楽。
音が鳴った瞬間から期待できる、、、2006年のティグラン・ハマシャンのアルバム。
最近の盤やライブ映像で聴かせる自由奔放なアプローチは感じませんでしたが、いい盤。
アルメニア古典・民族音楽からの発想とワールド・ワイドなリズムのシンクロ。

1曲目の「 World Passion 」、フランソワ・ムタンとアリ・ホーニグは最高!斬れも、うねりも、変化するリズムもドライブ感もすごい。ムタンのベースってなんとも魅力があって埋もれない弾力感。リズムが際立ったタイトなテーマからハマシャンの渋いフレージング。途中から楽想がガラッと変わり民族色がのったベン・ウェンデルのソプラノに当初のタイトでドライなリズム、という変わったコンポジション。2曲目も変わったリズムで拍子が複雑に変化。演奏に躍動感や一体感が生まれる、リズムと呼応する(ズラす)ハマシャンの左手は17歳時にやってたんですね。

民族色が強い「 These Houses 」で、尺八のような音色を奏でるルーベン・ハルテュニアン(カナ?)。
楽器は『ズゥズク』かなあ?これの音色が矢鱈といい!壊れそうなビブラート、揺らいだ音、すごい存在感。憂いあるハマシャンの粘ったタッチ、一音一音の粒立ちは17年しか生きてない人生の音だろうか?浮ついた音がない。。。2人を支える、うねりは骨太なムタンと繊細で大胆なホーニグの技。1,2曲目のコンポジションや聴かせどころをガラッと変えるあたりは録音のちがいにもあらわれているようです。たしかに楽曲や楽器のちがいも大きいのですが、ハルテュニアンと洗練されたテクニックを駆使するウェンデルとは、伝える技術が大きくちがうようです・・・

9曲目「 What is This Thing Called Love 」のハマシャンのフェンダー・ローズ、ムタンの妙に跳ねるベース、中低域の筋肉感。ホーニグのブラシが冴えたトリオは疾走感たっぷりのアレンジ。メンツに恵まれているのも彼の才能の故か。サックスで参加のベン・ウェンデルとは6年前からプレイしていたんですねぇ。ウェンデルの音色は細めでなぜかピーキーに感じる。


d0157552_23121294.jpg



ハマシャンはタッチの粘りや"線"の重さに耳をとられる。薄くない、浅くない感覚。迸る躍動感も魅力で2011年、母国エレヴァンでのアリ・ホーニグ、サム・ミナィエ(カナ?)とのライブ後半は圧倒的。リズムとスリルある絡みがたまんなく良いです!イケイケだけでなく、しなやかな感性で哀感あるオリジナリティも展開。



・・・10代後半ですでに独自なサウンドを獲得していたピアニストと再確認した盤でした。
ハマシャンのインタービュー記事で忘れられないのが、
「グローバル、ワールドワイド化していく世界の中で、自分の立ち位置を確認する音楽・・・」


今も、これからも進行形でその可能性は無限大。
同世代ではギターのジュリ・レイジとかぶります。。

ティグラン・ハマシャン、録音時17歳のときのリーダー盤。



演奏曲
1. World Passion
2. What Does Your Heart Want
3. These Houses
4. Part 1 : The Fruit of the Truth
5. Part 2 : Eternity
6. The Rain is Coming
7. Mother's Lament
8. Frosen Feet
9. What is This Thing Called Love
10. Native Land
by kuramae2010 | 2012-10-20 00:18 | jazz | Comments(0)

Tigran Hamasyan / a Fable  , Tigran Hamasyan / New Era

d0157552_1952481.jpgTigran Hamasyan / a Fable / Verve
Tigran Hamasyan (p,vo,etc)

リリース:2011.1.28





d0157552_1952458.jpgTigran Hamasyan / New Era / Nocturne Plus Loin
Tigran Hamasyan (p,key)
François Moutin (b)
Louis Moutin (ds)
Vardan Grygorian( duduk-M4,8 shvi-M4 and zurna-M8)

リリース:2007.11.20




昨年、イギリスのサイトでポルティコ・カルテットと一緒に紹介されていた、アルメニア共和国出身のピアニスト、ティグラン・ハマシャン(1987年生まれ)。ルイ・ムタン(ds)で探し、ひかかってきましたが、凄い若者。


好き嫌いもあるかもしれませんが、抜群な感性、才能に驚いた。
既に5年前に登場してるんですね・・・



・・・このピアノどっかで聴いた記憶。




Ari Hoeing PUNKBOP / Live At Smalls / SMALLS LIVE

この時もよくわかんないけど、印象に残ったピアニストでした。


そんなティグラン・ハマシャンのトリオとソロ盤。
トリオ盤「New Era 」に込めたコンセプトは、グローバル、ボーダレスしていく世界の中で自身のルーツや立ち位置が流されていくことに対するアンチテーゼらしいです。
・・・自分が20代前半の頃はボケーっと終わってしまいましたが、考える根っこが違うわ。。。


ピアノが鳴って数十秒でごっつい才能をみせつけられるピアニスト。演奏によっては音数が半端なく多くて煩く感じる、クドく感じることもありますが、アグレッシヴで百花繚乱。トリオ盤はオリジナル曲とアルメニア民謡、スタンダードという構成。ソロ盤もオリジナルと中世のアルメニア曲などがある構成。民族色よりもピアノやボイスに魅了されるおすすめ盤。

ソロ盤でも演奏してましたが、昨年演奏したYoutubeの180度ちがうアレンジの「Someday My Prince Will Come」。リズムの面白さに好き嫌いあるかもしれませんが、テーマを弾いた後の即興が原曲を飛躍していく感じは感動的で旋律のバリエーションも多彩です。ロバート・グラスパーの「Enoch's Meditation」にインスパイアされたか?




Tigran Hamasyan Trio "Someday My Prince Will Come" @ La Maroquinerie (Paris)
Tigran Hamasyan (piano) playing "Someday My Prince Will Come"
at La Maroquinerie in Paris on November 21, 2011.
Sam Minaie (bass), Nate Wood (drums). A Fable variations concert series.


1時間ほどですが、2曲後半、3曲目からのティグラン・ハマシャンとアリ・ホーニグのタイム感、即興は鳥肌ですw

Tigran Hamasyan Performs at the Cafesjian Center for the Arts 2011


Tigran Hamasyan ' Shogher ' live in Yerevan 20 09 2011

Tigran Hamasyan (p)
Sam Minaie (b)
Ari Hoenig (ds)



Tigran Hamasyan & Aratta Rebirth #1
Tigran Hamasyan (piano)
Areni (voice)
Ben Wendel (sax)
Nate Wood (drums)
Sam Minaie (bass)
11/21/2009 Portes les Valence (France)



Tigran Hamasyan ' What the waves brought ' live in Yerevan 20.09.11
Live concer in Yerevan 20 september 2011

両盤を聴いて感じることは、音量の強弱。
さらにシーツ・オブ・タッチ?の如く降り奏でられるメロディ。
若きピアニストのダイナミズム。





そう言えば本日、東京マラソンがあり、近所でトップを走るマイケル・キピエゴ(ケニア)選手や
ハイレ・ゲブレシラシエ(エチオピア)選手、藤原選手らが走る姿を間近で観ました。

人があんなにも、しなやかに速く、遠くまで走ることに驚きます。

昨年は友達が出たりと、応援するようになりましたが、
トップ選手や市民ランナーの方々(着ぐるみ系のヒト)には感動を覚えます。



・・・しなやかで美しく躍動美が溢れるピアニスト、
ティグラン・ハマシャン。




d0157552_20591599.jpg

by kuramae2010 | 2012-02-26 19:56 | jazz | Comments(0)

Jonathan Kreisberg , Aaron Parks

d0157552_0133197.jpgJonathan Kreisberg / Trioing / New For Now Music
Jonathan Kreisberg(g)
Johannes Weidenmueller (b)
Ari Hoenig (d)

リリース:2011.11(再発)




ジョナサン・クライスバーグの再発もので、アリ・ホーニグが参加のトリオ盤。
Playボタン押して、一音からノックアウトされてしまうギターの音色。演奏はスタンダード曲でリラックスしたムードすが、腕と才能が集まるとトリオは濃密。

4曲目に収録されている「Ifall love too Easily 」のはじまりの音が何かわかりませんが(恥)、原曲に忠実なのにクライスバーグの選ぶコードが絶妙な感じで凛々しい甘さ。
当時の、このアルバムのアリ・ホーニグは抑制したプレイ、と思ったらアートブレイキーっぽくお茶目に叩いたり、5曲目ハービー・ハンコックの「Sorcerer」では、現在を彷彿させる緩急あるプレイや多彩な音が出てきます。
7曲目「A Cild is Born」の歌心溢れるギターも、ブラシのフォローもちょっと鳥肌もの。演奏のダイナミズムはアリ・ホーニグが激烈に生み出している感じ。ラスト曲はセロニアス・モンクの「Ugly Beauty」をベタつかない情感でゆったりといきます。乾いたベースの音がキマってる。原曲をさほどいじらずとも巧さを感じさせる一枚。







再発もの、スタンダードが多目ということで16歳時点のアーロン・パークストリオ。
d0157552_0133544.jpgAaron Parks Trio / The Promise / Keynote Records

Aaron Parks (p)
Evan Flory-Barnes (b)
Eric Peters (ds) 

録音:1999.8~9  再リリース:2011.12



アーロン・パークス1999年、16歳デビュー作の再発売ものです。
2曲のオリジナル以外の5曲はすべてスタンダード曲。オリジナルもスタンダードな風合いが濃い。3曲目の「Early Entry」は少し今っぽい雰囲気が感じられます。英文ライナーノートを斜め読みすると14歳の頃に作曲し、コードが云々ブルースコードで云々、、、ハイスクールをぶっ飛ばし、14歳でワシトン大学に在学中。。で、ジャズ。ピアノをはじめたのが10歳。

5曲目の「Autumn Leaves 」のイントロはマイルス・デイヴィスのBlueNote盤とまったく同じ、それをベースが担い、リズムはラテンという風変わりなアレンジ。ここでの演奏スタイルはビル・エヴァンスを解釈し、時にパウエルのフレーズを出したりする16歳の枯葉。


6曲目「footprints」

才能の片鱗がビシバシ詰まってて、

他演奏曲とは明らかに違うテンション。



ラスト曲がコルトレーンの「The Promise」。当時のこのトリオの好きだった曲のようです。
コルトレーンが演奏する痺れる感覚は希薄、、、いい曲です。



1. Billie's Bounce
2. Everything Happens to Me
3. Early Entry
4. Double Tall Latte
5. Autumn Leaves
6. Footprints
7. Well You Needn't
8. It Could Happen to You
9. The Promise






ジョナサン・クライスバーグのアートワークは奥さまみたいです。
アーロン・パークスのジャケ写は、今の彼なら見られたくない感じだと想像します。。

d0157552_18264992.jpg

by kuramae2010 | 2012-01-07 00:23 | jazz | Comments(0)

Diego Barber / The Choice / Sunnyside

d0157552_1513470.jpgDiego Barber / The Choice / Sunnyside
Diego Barber(g)
Mark Turner(sax on M-2,4,6)   Seamus Blake(sax on M-3,5)
Larry Grenadier(b on M-2,4,6)
Johannes Weidenmuller(b on M-1,3,5)
Ari Hoenig(ds)
リリース:2011.5.20



今年前半ベスト3に入るギター系アルバムじゃないかと感じている、ディエゴ・バーバーのリーダー2作目。
1曲目冒頭から選び抜いたフレーズを丁寧に静かに重ねていくプレイはこの人の人柄が出ているのか、素晴らしいクオリティ。ディエゴ・バーバーの音をサポートするアリ・ホーニグと近しい、ヨハネス・ワイデンミューラーの職人的なベースは好きです。

2曲目のマーク・ターナー参加曲の演奏も静かですがかなりハッてますw
3曲目のシーマス・ブレイク参加曲はコテコテのコンテンポラリーですが、ディエゴのソロが微妙にテンポ外したりノッてたりするところがキュート。シーマス・ブレイクソロ時に裏で奔るアリ・ホーニグのアクセント、刻み方やヨハネス・ワイデンミューラーのグルーヴはクールすぎ!


サックスはシーマス・ブレイクとマーク・ターナーが参加で曲想や絡み具合が変わってます。またマーク・ターナーはいつにも増してガンバってる感だしてます!1枚目と比較してジャズ色がかなり強く一般的にノリやすい造りです。特にシーマス参加曲。ギターの音色もなんだかガッツが出てきてる風。独自のハーモニーはより洗練されているように思います。

アリ・ホーニグとヨハネス・ワイデンミューラーの参加はかなりプラス作用が出ていいるようで、、前作と比較してもテンションの緩急、ダイナミズムが魅力。しかし、ディエゴ・バーバーの本領は後半のソロギター曲で展開される、仄暗くも遥か彼方に届く色彩豊かな音色。キャンバスにふっと表れる幾重もの音のパンドラ。
by kuramae2010 | 2011-10-10 23:42 | jazz | Comments(0)

Gilad Hekselman / Split life / Smalls Records

d0157552_0222553.jpg

先月・今月など直近に購入した盤をレーベルやカテゴリー毎に並べるのに役立ってます。
聴いて良かった盤は、棚へ。
またいつか聴く感じのCDは自室へと。。。
自主規制として、1列におよそ25枚入るので1ヶ月に1列までにすれば駄々買いすることもなさそう。


そんな中で、マイルス・デイビスの「Sorcerer」を初めて購入しました。アレンジが抜群に光って聴こえます。ウェイン・ショーターとマイルス・デイビスのソロを聴くと、二人のジェネレーションが感じられます。。2曲目の「pee wee」の演奏にはなんとも言えない共時性を覚えます。「Masqualero」のハンコックの出だしのフレーズが40年前以上だとは信じがたいものがあります。トニー・ウィリアムスの手数もかっこいい1967年の作品。鮮度が高い才能をコンポーズしていくマイルス・デイビスの求心力ゆえのアルバムなんでしょうね。2000年代以降の若手ジャズマンのモーダルの見本かと思うサウンド?当時、このアルバムはどれだけセールスできたのか疑問です。

一方、ハンニバル・マービン・ピーターソン(チルドレン・オブ・ザ・ファイア・リイシュー盤)、学生時代、この辺は一時期、ガチガチに聴いていた記憶。日本で手に入る発売されたレコードはグルッと探し回って全作あったと思います。。よく聴くので2枚とかもってたと記憶してます。ハンニバルを起点にジョージ・アダムスやデヴィッド・マレイなどのSoul note時代のレコードも懐かしい。今はCDだけが残ってます。。

今聴くと、博多で食べるトンコツラーメン的な味わい。毎日はいらないですが、時たま無性に思い出し、食べたくなる。







d0157552_023652.jpgGilad Hekselman / Split life / Smalls Records
Gilad Hekselman(g)
Ari Hoenig(ds)
Joe Martin(b)

リリース:2006.09.12




ギラド・ヘクセルマン(g)の2006年初リーダー作「スピリット・ライフ」。アリ・ホーニグトリオ&シャイ・マエストロの動画を見てリーダー作を購入。アリ・ホーニグ・グループのライブ映像では、相当演奏回数が多いのか、アグレッシブで複雑なドラミングに即応する上手いアグレッシブなギタリストという印象が強いです。

このアルバムではじめて知りましたがギラド・ヘクセルマンも、、イスラエル出身(1983年2月3日生まれ)。
マエストロがアリ・ホーニグ・グループで演奏しいる映像では、正直ヘクセルマンとの違和感を感じましたが、技術面で耳をひかれました。

これもライブ盤ですが、限られた音源の私的な印象ではこれまでアグレシッブさ、小難しいイメージがありましたが、リーダー作ではやさしいストレートなサウンドでややこしいフレーズや耳に難解なコードはなく、ヘクセルマンの原点を聴いた感じです。随所にアリ・ホーニグの自由なドラムが目立ちますが、ギラド・ヘクセルマンの歌ゴコロが妙に新鮮です。一音一音に込めた音、ゆったり目にグングン展開する!

発売当時のインタビュー記事では、ジム・ホールやビル・エバンス、アーマド・ジャマルからの影響を受けているとのこと。アーマド・ジャマルの影響はジャズだけに限らずヒップ・ホップ系のピアニストからのリスペクトがほんと多いです。たしかにSmalls Recordsレーベルの紹介でもあった、ヘクセルマンのピアノっぽいボイシング、左手と右手の役割を演奏中もやっています。特に低音などはその効果、厚みが出ていますね。アリ・ホーニグが煽るブラシや独特なポコポコサウンドがきても、速いアルペジオを重ねていっても危うい、粗い感じがしないです。

「Suite for Sweets」はヘクセルマンのオリジナルで、スイーツな曲です。が、とてもよく練られた構造とアレンジ、演奏です。
「When Will the Blues Leave」オーネット・コールマン曲。平行移動してくようなソロや跳ねる演奏など楽しげなトラック。
「Breatless」ヘクセルマンの2分ちょっとのオリジナルバラード曲。この曲もそうですが、ヘクセルマンのオリジナルは2つのちがうテーマが融合した感じです。


最近発売した新作も聴いてみたくなるデビュー作。


youtube
Gilad Hekselman Quartet - Hazelnut Eyes


メンツが新作と同じでしょうか。
Live @ The Jazz Gallery, March 2010
Gilad Hekselman - Guitar
Mark Turner - Sax
Joe Martin - Bass
Marcus Gilmore - Drums
by kuramae2010 | 2011-09-20 00:32 | jazz | Comments(0)

Håvard Stubø , Ari Hoenig

d0157552_2144596.jpg



Håvard Stubø Quartet / Spring Roll Insomnia / BOLAGE
Håvard Stubøの4月の新譜です。2月に来日していたそうでたくさんのレビューがあります。・・・近所の神田岩本町で演奏していたとは!ヨナス・クルハマーの競演を観てリーダー作を探してきました。

Spring Roll Insomnia
1曲目の「Ringormens Vals 」頭のトルビョルン・ゼッターバーグのシンプルだけど難しそうな一定の弾むベース、縦横無尽に飛ぶクヌート・リースネスのサックス、ホーコン・ミョーセット・ヨハンセンのドラム、、、サイドプレーヤーのテクニックが充分聴き取れる憎い演出でこのアルバムに期待大。
1曲目の中盤から割り入るホーヴァール・ステューべのギターはフレーズではなく、一音、一音に弾みがついたような弾力感で跳ねる音。彫が深い音色というのか?弦が太く感じる。
ベースのトルビョルン・ゼッターバーグの弾力性も演奏に弾みをつけていきます。このグループは全員のベクトルが同じっぽくて気持ちいい。2曲目以降の演奏も素人耳でもこのグループの演奏レベルが尋常じゃなさそうな気配を感じまくるのでぐぐってみるとサイドを固めるメンバーはノルウェー北欧JAZZの猛者達でした。



d0157552_21451329.jpgHåvard Stubø Quartet / Spring Roll Insomnia / BOLAGE
Håvard Stubø (g)
Knut Riisnas (ts)
Torbjorn Zetterberg (b)
Hakon Mjaset Johansen (ds)

録音:2011.4.23



Håvard Stubø Quartet - Kivran!
Havard Stubo Quartet 26.03.2010.









d0157552_21493685.jpg


Ari Hoeing PUNKBOP / Live At Smalls / SMALLS LIVE

アリ・ホーニグ(ds)のSmallslive盤がようやく手元に。
一聴はジョナサン・クライズバーグ(g)とウイル・ヴィンソン(as)が印象的。やっぱ、クライズバーグのギターかなという印象・・・
2人がテーマを演奏しはじめると漂うクールさ加減がハンパないです(3.Rapscallion Cattle) 。

ところが、2回目に聴いた時の印象はガラッと変わった。


今度はドラムに意識がいくのですがこれ見よがしではなくリズム、拍子が細かく複雑に面白いように変化していってます。そこに絶妙に合わせていく、時に挑発(アプローチをいろいろ変える)してるのはピアノのTigran Hamasyan(カタカナ?)のテクニック。やはりアリ・ホーニグを核としたインプロビゼーション・ユニットだという感じです。特にピアノとアリが面白い。
4.Green Spleenはファンキーなナンバーですが、Tigran Hamasyanの強目の響き、コリコリしたシングルトーンなどアリ・ホーニグのリズムによる遊び方も普通じゃない!
6.Skaはベースのソロテーマからはじまり徐々にスカのリズムが顕れてくる。カタチが出来てくるプロセスが面白いです。

僕は、デスクトップオーディオで聴いている時、アリ・ホーニグがやっているドラムがわからなくなりました、余裕でw。クライズバーグ(g)のソロの裏で走るピアノ、、千変万化のリズムの上で全員でいろいろやってるようです。

・・・このグループの中で演るのは大変だろうなと感じる。。
あえて長尺なドラムソロを取り入れないところにアリ・ホーニグの自信、凄さがあります。なので、どの演奏も聖徳太子のような耳と処理能力があればもっと楽しめそう。たぶん都コンブ以上に噛み飽きないJAZZです、これ。




明日も聴くと何か発見しそう。

d0157552_21514020.jpgAri Hoeing PUNKBOP / Live At Smalls / SMALLS LIVE
Ari Hoenig(ds)
Will Vinson(as)
Jonathan Kreisberg(g)
Tigran Hamasyan(p)
Danton Boller(b)

Recorded on February 8th, 2010



Ari Hoenig and Punk Bop (New York) live at Road Trip, London

Live At Smallsとの演奏とは違う一面。
Ari Hoenig - Microcosm For Two - Zoom Q3 HD
大学でのワークショップだと思います。
Intro To Polyrhythms - Ari Hoenig and Johannes Weidenmueller
ドラム教則本のDVDからイントロ。4ビートとポリリズムの違い。60年代にマイルスが取り入れた?
Ari Hoenig - Moanin こんなコトするドラマーって。
テーマ、メロディをドラムで叩いている?
by kuramae2010 | 2011-06-12 21:56 | jazz | Comments(2)