うつし世は夢、夜の夢こそまこと

タグ:Albert Sanz ( 4 ) タグの人気記事

Gerardo Nunez / TRAVESIA / ACT

d0157552_22294257.jpgGerardo Nunez / TRAVESIA / ACT

Gerardo Nunez (g)
Pablo Romero (g)
Albert Sanz (p)
Pepe Rivero (p)
and Others
リリース:2012.8



スペインのフラメンコギタリスト、Gerardo Nunez(ヘラルド・ヌニェス)の2012年盤です。

子供の頃、叔父がスペインの赴任先から帰国すると必ず珍しいお土産持参で遊びに来ました。お土産が楽しみで話を聞いてましたが、よく言っていた事で記憶にあるのが、『スペイン人の男は働かない!』 昼休みは自宅へ帰り、奥さんや彼女とワインを飲んでシエスタして、3時ごろに会社へ戻って来て、ひとしきり話して、1時間程仕事をすると、即帰ると嘆いていました。30分ほどでも残業で帰宅が遅くなると、「うちの旦那を殺す気かっ!」と嫁さんが会社に怒鳴り込んで来たとか。1日の労働時間は3,4時間なのに。

ガキの頃に聞いた時は学校と比べてでしたが、夢のような国があるんだな、と思ってましたw
今はスペイン人の旦那のような働き方が理想的ですw 理想ですけど、現実は・・・哀しい。

そんな人間らしい豊かな国のフラメンコ・ギタリスト、Gerardo NunezのTRAVESIAは大人なスパニッシュ・トーンで哀感が漂い、明るい中にもアンニュイな表情が混じるスペイン特有の陰影感があるアルバムとなってます。どの演奏もしなやかなタッチで唄うギターが印象的。
フラメンコも庶民の生が深く刻まれた音楽で、ジャズと同じような背景があります。私的には歌い手達がテーブルに座りアドリブで唄いまわす古典スタイルが大好きです。12世紀~15世紀頃のアンダルシアの祭りから由来し、17世紀頃に古典フラメンコがスタイルとしてまとまってきたようです。

アルバムタイトル曲「Travesia」だけが異質。Milton Nascimentoの名曲とは関係ありません。フラメンコ発祥の地アンダルシアが8世紀頃からイスラム王朝が治めていた事を具象的に想像させるボイス。曲が進むにつれてフラメンコのリズムや楽想があらわれ、ボイスや手拍子にのって床を踏み鳴らす音のコントラストが絶妙なサウンド。時空が横断的な意欲作です。

本盤ではピアノで参加のAlbert Sanzが有名でしょうか。



演奏曲
1. Itaca
2. No ha podio ser
3. Compas interior
4. Checken Dog
5. Tio Pepe
6. A rumbo
7. Tio Perico
8. Travesia


d0157552_2230557.jpg

余談ですが奥さんはフラメンコ・ダンサーだそうです。
by kuramae2010 | 2016-07-10 22:38 | jazz | Comments(0)

Emmanuel Vaughan-Lee / Borrowed Time / Fresh Sound New Talent

d0157552_2327199.jpgEmmanuel Vaughan-Lee / Borrowed Time / Fresh Sound New Talent
Mark Turner (ts) except5
Dayna Stephens (sax) 5(ts)
Erik Jekabson (tp, flgh) 1,3,7,9
Albert Sanz (p, Fender Rhodes)
Emmanuel Vaughan-Lee (b)
Ferenc Nemeth (ds)
リリース:2005.2





エマニュエル・ヴォーン・リーというベーシストの2005年の実質デビュー盤です。

フェレンク・ネメス、アルバート・サンス、ダイナ・スティーブンスからのメンツ買い。ヴォーン・リーは17歳から西海岸でブルース・フォアマン、エド・ケリーらと共演し、奨学金を受けてバークリーに進学し、現在は西海岸を中心に活動中らしいです。

この盤、ヴォーン・リーのウッド・ベースの太さ加減や響きが自然。フェレンク・ネメスのシンバルの粒立ち、タムの響きもいい具合。1曲目はヴォーン・リーのオリジナルで、コンテンポラリー感満点のサウンドでFSNTっぽいノリ。サンスのローズがやたらクールでペシパシ入るネメスとの相性もいい。この2人、昨年から「Ferenc Nemeth Trio」で活動しているようです。「Esperanza」はアルバート・サンスで、曲もいいしピアノもイイ。マーク・ターナーのソロはピーキーに駆け上がっていく曲折的?なフラジオがかなりあって音がヒステリックな感じかなあ。。

5曲目はフェレンク・ネメスが参加した盤ではかなりの確率で演奏されている「Vera」。ダークなテーマや不気味なビート、多層なハーモニーで隠れた?名曲だと思います。この盤ではフロント陣が強力で煩いくらいウネウネ、ぐねぐねしてまして、絡んでほぐれないほど濃いw サンスやヴォーン・リーのクールさが引き立つ感じ。
スティングのバラード「La Belle Dame Sans Regrets」は、トリオで相変わらずベースの音が太くいいミキシング。懐かしい感じの録音でピックアップ・マイクとか付けずにウッドベース全体と空間が響く。サンスが切ないテーマをモーダル感たっぷりにうたう感じも聴きどころ。


不確定ですが、ヴォーン・リーは映画監督やもやっているようで、この盤をリリースして以降「Chaplin-The Ballet 」プロジェクトや何本かの映画を撮って、映像関連の賞をとっているようです。
Emmanuel Vaughn-Lee: Deep Water



演奏曲
1. Bella (E.Vaughan-Lee)
2. Maybe So, Maybe No (E.Vaughan-Lee)
3. I Love NY (E.Jekabson)
4. Esperanza (A.Sanz)
5. Vera (F.Nemeth)
6. La Belle Dame Sans Regrets (Sting)
7. Borrowed Time (E.Vaughan-Lee)
8. Ginny's Place (E.Vaughan-Lee)
9. Shall We? (E.Vaughan-Lee)
10. Low Key Lightly (D.Ellington)
by kuramae2010 | 2013-05-30 00:14 | jazz | Comments(0)

Jordi Matas Organic Trio / Landscape / Fresh Sound New Talent

d0157552_15422457.jpgJordi Matas Organic Trio / Landscape / Fresh Sound New Talent
Jordi Matas (g)
Albert Sanz (B3 org)
David Xirgu (ds)


録音:Live at Jamboree(Barcelona), February 1&2, 2007




ジョルディ・マタス、オーガニックトリオのバルセロナでのライブ盤。
オルガンにアルバート・サンス、ドラムにスペイン出身のデビッド・クシルグ。この盤は松岡さんのフレーズ、『・・・アルバム「DEEP SONG」 (2005)あたりのカート・ローゼンウィンケルが好きな人におすすめの1枚だ。』で、ちょこっとyoutubeでチェックし購入。

かつてのカート・ローゼンウィンケルのような一聴してソソられるフレージングやテクニカルさはあんまり感じさせず、3人の絡み度や浮遊感が濃いサウンド。サンスのオルガンは全曲凝ったプレイです。たぶんはじめて聴くドラマーのクシルグが、けっこうプッシュするドラミングでスパイスたっぷり。アルバムの中でも「Landscape」はコンポジションがクール。カートっぽい響きが出てる感もあります。彼のライブ動画の中で、ソロ途中からカート節が出て、一端プレイを仕切りなおしたのが印象的でしたw



演奏曲(All composition Jordi Matas)
1. Landscape
2. Geminis
3. Seguint La Pista A La Vida
4. Nuvol
5. Malson A La Cova
6. Raco
7. Time's Up
8. Belleza Oculta


Belleza Oculta" Jordi Matas ORGANIC TRIO

by kuramae2010 | 2012-12-30 16:20 | jazz | Comments(2)

David Dorůžka / Wandering Song / Fresh Sound New Talent

d0157552_1930621.jpgDavid Dorůžka / Wandering Song / Fresh Sound New Talent

David Doruzka (g)
Albert Sanz (Hammond B-3 org)
Jorge Rossy (ds)

リリース:2010.3




随分前に購入した盤ですが、どうも暑い時期には聴くきがしなく、11月初旬。。。
ダヴィッド・ドルーシュカ(カナ?)ドルスカ?と呼べぶのかな?わかりませんが、チェコスロヴァキア出身のギタリストがリーダーのトリオ盤。ハモンド・オルガンにスペインのアルベルト・サンス、たぶんバークリーの同級生だと思います。ドラムに元ブラッド・メルドートリオのホルヘ・ロッシーが参加した興味深い盤ではありました。

透明感と陰影あるギターと斬れのある乾いたドラム、新しい感覚のオルガン。ドルーシュカのギターは湿度感、鬱暗さ、停滞感は前作同様w ですが、オルガンのサンス一音、一音がみょうに伸びて弾む心地よさで独特なノリ。ベースレスなんですが、それを補うサンスの浮遊感?あるバッキングの巧さも光ります。
演奏曲はオーネット・コールマン、クルト・ワイルとハービー・ニコルズなどの曲とオリジナルというニクい構成。前作もコルトレーンやビヨークなどの楽曲を織り交ぜてました。


David Doruzka / Hidden Paths より、普遍的です。



演奏曲
1. Els Gats (David Doruzka)
2. Agnessong (David Doruzka)
3. House Party Starting (Herbie Nichols)
4. Wandering Song (David Doruzka)
5. Una Muy Bonita (Ornette Coleman)
6. Liebeslied (Kurt Weill)
7. In a Desert Land (David Doruzka)
8. The Gig (Herbie Nichols)
by kuramae2010 | 2012-11-08 00:58 | jazz | Comments(4)