うつし世は夢、夜の夢こそまこと

タグ:Adam Rogers ( 5 ) タグの人気記事

John Patitucci / Line by Line / Concord Records

d0157552_1854356.jpgJohn Patitucci / Line by Line / Concord Records
Adam Rogers (g)
John Patitucci (b, 6-string,eb)
Brian Blade(ds)
Chris Potter(ts)
Richard Wood(vln)
Elizabeth Lim-Dutton(vln), Lawrence Dutton(vla)
Sachi Patitucci(clo), Jeremy MacCoy(b)






John Patitucciの2006年盤。ずいぶん昔にライヴへ行った記憶。
当時、あまりの凄さにぶっ飛びました。

先日ちゃんと聴いてない盤を分けるためCD棚を整理したところ.....
約4年で1,100枚程増加。。。久しぶりに見つかった『Line by Line』^^/

「Line by Line」を入手したのは3年ほど前で、当初はその変貌ぶりに放置してたのですが、
ある時期から「The Root」にはまりヘビロテ盤になってたのですが、紛失。。
弦楽四重奏が入ったトラックもちょっとエキゾチックで6-stringベースとのアンサンブルはゾクッとする演奏。

入手したのはAdam RogersやBrian Bladeの参加が決め手だったと思います。
ヘビロテになった最初はヨコシマですが「音」が良かったッ。深い時間帯に聴くとちょうどよくて、
夜な夜な聴き浸りする盤にはもってこいのテンション。
ですが、7,8曲目でだんだん眠くなる魔法でもあるのか全曲通しで聴くのは久しぶり。
良い曲と職人のような演奏でクオリティ感漂う盤。



演奏曲
1. The Root
2. Agitato
3. Circular
4. Folkore
5. Dry September
6. Nana
7. Theme And Variations For 6-String Bass And Strings
8. Line By Line
9. Evidence
10. Jesus Is On The Mainline
11. Incarnation
12. Soaring
13. Tone Poem
14. Up With The Lark
by kuramae2010 | 2015-03-29 18:57 | jazz | Comments(0)

Clarence Penn / Dali In Cobble Hill / Criss Cross

d0157552_0335634.jpgClarence Penn / Dali In Cobble Hill / Criss Cross

Chris Potter (ts , ss , bcll)
Adam Rogers (g)
Ben Street (b)
Clarence Penn (ds,Per)

リリース:2012.9.25



マジな職人が造った道具やデザインは、箸でもカバンでも、リモコンでも使っていて気持ちいい。
余計なことを思わせず、なんてことない行為に没頭できる。ふとした瞬間に良さに気づく・・・
アダム・ロジャースの長年の相棒、クラレンス・ペンのリーダー盤を聴きながらそんなことを感じた。



アダム・ロジャースがフル参加ということで早く聴きたくて購入した盤ですが、かなり前に予約したつもりが先週ようやく到着。クラレンス・ペンはクリス・クロスのロジャース、リーダー盤2009年「 Sight 」、2003年「 Allegory 」、2001年「 Art of the Invisible 」などに参加。ベースはスコット・コリーではなく、ベン・ストリート。

一聴して、フロントのソロバックでペンのアグレッシブなことw
カッコいいのがポッターソロバックの右ch寄り定位のロジャースとペンの密度&スリルある躍動感。ロジャースのソロは入りのタメ、抑えた太いダーク系から、後半のメカニカルながら温度感あるクレバーな展開、そして、ペンががっつり絡んでドライブがかかっていく展開は快感。

クリス・ポッターはペンも参加しているロジャースの「 Art of the Invisible 」で共演。今盤でも安定して上手い。脂がのってるトーン感w 2曲目「 Cobble Hill 」のポッター、ロジャースソロのバックで暴れるペンのこれでもか攻撃w 現実的な路線の遥か上をいくこれでもかプッシュ。「 A Walk On The B-H-P 」のぶっとく響くポッターのバスクラは良い感じ。ポッターのバスクラははじめて聴きましたが野生、動物的ぶっとさ。
どのへんがダリってるか、ダリっぽい分解と現代ブルックリン・サウンドを融合?ポッターとロジャースの音の対比、ミステリアスな「Dali」。


「 Mr.C 」はやたらかっこいいコンポジション!!
ポッターのかっ飛びぶり、ベン・ストリートのズンズンいく力、ロジャースのトーンを補うペンのバランス&緊密感。ポッターとロジャースのユニゾンへの移行でガラッと転換。このあたりのセンスは好きです。最後、ポッターが熱の入った『今から、いくでー』という雄たけびからのフェードアウト、ってありですか?

余裕な展開ではじまる「 My Romance 」情感たっぷり目な歌心。ポッターは直球ストレートで余計なフレーズを入れず、崩さずハマってます。フロントの喋りっぽい掛け合いで始まる「 Solato's Morning Blues 」でベン・ストリートの貴重なソロw、ってぐらいミックスダウンがNG。ロジャースは、らしい速いパッセージとペンのサウンド。ラストがファンクなコンポジションでロジャースのサウンドも変貌。



d0157552_0593655.jpg



・・・私的に残念なのが、エンジニアのマイケル・マルシアーノ。ヤバいほど音が悪い。リーダーのクラレンス・ペンがあんなにホットに大胆かつ繊細にいってるのに惜しい。ワイドに振ったパーカッションはまだしも、潰れて濁ったシンバル、輪郭に乏しいバスドラ・・・。ベン・ストリートはどうしたの?という儚さ。複数のシステムで聴きましたが、残念。サックスは太くて前に出張って悪くないし、ロジャースもそれっぽいので、フロントへ寄り過ぎ?惜しい感じ。昨年のユリシーズ・オーウェンズ(カナ?)のドラムは良かったのに、この仕事はなぁ。アダム・ロジャースのクリス・クロス盤を聴き返しましたが「 Sight 」のマルシアーノは、ここまで酷くない。職人のワザは何処へ・・・



録音はともかく、過去10年程、共にアルバムを制作しているクラレンス・ペンとアダム・ロジャースの相性の良さ、安定したトーンで魅了するクリス・ポッターが印象的。ペンの魅力はフロントとの対話力、演奏の躍動感&展開?みたいなところかな。

アルバムは、脂が乗り切った驀進力あるハードバップから、一聴、ストレートでも一癖あるスタンダード&バラード、ミステリアスで陰影ある変拍子浮遊系、さらにファンクまで、まさに職人の域、プロの奥深さ。単一的なコンポジションではなくバラエティ豊かなのに聴き終わった時にはバラバラさがない、まとまり。

若者たちのちょっと不器用で一途な表現とはまたちがう、
酸いも甘いも知った大人達がスタジオで愉しんでつくった感があるアルバム。
・・・中年の苦みばしった感性から生まれるサウンド、これからも出し続けて欲しいものです。




演奏曲(コンポジション:クラレンス・ペン)
1. The B 61
2. Cobble Hill
3. A Walk On The B-H-P
4. Dali
5. I Hear Music (Burton Lane / Frank Loesser)
6. Mr. C
7. Persistence Of Memory
8. My Romance (Richard Rodgers / Lorenz Hart)
9. Solato's Morning Blues
10. Zoom Zoom







Clarence Penn Quartet: Live From 92Y Tribeca 【NPR】
サックスがシーマス・ブレイクに変わっているライブ

Set List
All compositions by Clarence Penn unless otherwise indicated.

"The B61"
"I Hear Music" (Burton Lane)
"Dali"
"Persistence of Memory"
"A Walk on the BHP"
"Zoom Zoom"

Personnel
Clarence Penn, drums
Seamus Blake, saxophone
Adam Rogers, guitar
Ben Street, bass

Credits
Producer and Host: Josh Jackson
Audio Engineer: David Tallacksen
June 16, 2012 at 92Y Tribeca in New York, N.Y.
by kuramae2010 | 2012-10-21 01:13 | jazz | Comments(0)

Sight / Adam Rogers / Criss Cross

d0157552_030401.jpgSight / Adam Rogers / Criss Cross

Adam Rogers (g,p:M1)
John Patitucci (b)
Clarence Penn (ds)

リリース:2009.06



アダム・ロジャースはコルトレーン、パーカーが好きなんだそうです。
乱暴な見方をすると、現在、活躍するジャズマンがリスペクトするレジェンドはかなり共通している感があり、
僕らは50年程の時空をリンクさせて聴くこともできます。

50年前の演奏に新たな感動が生まれます。




アダム・ロジャースの2008年12月録音の旧譜。気がつくとアダム・ロジャースのCriss Cross盤は全て仕入れてました。本盤はオリジナルとスタンダードに取り組んだアルバム。スタンダードの演奏が深い。

ベースはジョン・パティトゥッチ、ドラムはクラレンス・ペンとのトリオ。アダム・ロージャースのリーダー作ではスコット・コリーとの演奏が多く、ジョン・パティトゥッチが参加した盤は初めてじゃないかと思います。

ジョン・パティトゥッチ自身のリーダー作は、好き嫌いは別として、いつもアイデア&体力?を総動員して念入りに1枚の作品を創り上げる人。この2人、故マイケル・ブレッカーグループで共演してます。2007年コンセプトワークががっつり入ったアルバム「John Patitucci / Line by Line / Concord 」ではアダム・ロージャースが参加してます。かなりの愛聴盤。



ファースト・インプレッション

1曲目「Sight」:オリジナル・コンポジションでピアノも披露。アダム・ロジャースのサウンドは、速いのに「クレバーな安定感」と「完璧なタイム感」。この曲、4分前後あたりのソロ!ライブだと20分ぐらいの演奏になりそうですが、、トランスすると思われます。
そして、クラレンス・ペンのドラム!

2曲目「I Hear A Rhapsody」:どスタンダード。テーマから派生するコードを徹底的に分解した上で、紡いでいくフレージングがクリエイティブ。ぶち壊す分解でなく、原曲の良さを新たな方法で引き出す試み。と、テンポの変化。
ジョン・パティトゥッチは引き締まった音でかなりの弦高、指力じゃないかと。

4曲目の「yesterdays」:クラレンス・ペンのドラミングがアグレッシブで、しかも多種多彩なアプローチ。。
テンポの緩急。アダム・ロジャースの湧き踊るフレーズが凄すぎ。。

8曲目「The Moontrane」:ジョン・パティトゥッチの重い刻みの上で奔るアダム・ロジャースの太い音、アドリブのアイデアが抜群。

9曲目「Beautiful Love」原曲を大きく崩さずにいくアコースティック・ギターがよく歌うこと。ナイロン弦なんですかね。。



クラレンス・ペンとの緊密感はちょっとやそっとで生まれない感じです。
あ・うんの呼吸みたいな、もしくはまるで、、、。



収録曲
1.Sight(オリジナル)
2.I Hear A Rhapsody
3.Kaleidoscope (オリジナル)
4.Yesterdays
5.Memory's Translucence
6.Let's Cool One
7.Hourglass(オリジナル)
8.The Moontrane
9.Beautiful Love
10.Dexterity


youtube
Adam Rogers Quartet at The Baked Potato "Impressions" 2011


ADAM ROGERS and PEDRO SIMAO - Fotografia 

凄まじい違い。。





先週、鋭い耳を持った方に1コのユニットの配線違いを数秒で指摘されました。「臨場感」ってこれかい!!独特のライブ感・・・って、微妙に定位が曖昧なわけです。楽しいと感じたりしたことはナニ??

・・・でも、「Hot」の色は合ってるので、JBL工場からの出荷当時からやと思われます。
オーディオ的スキル、経験値がめちゃ低いので平気で誤爆してしまいますが、なんとなく安定期っぽいので倉庫と化している自室で惰眠を強いられてるスピーカーとかユニットをオクに出しました。

本来の音までイカずに、知らずに、さよならする事に莫した感が過ぎります。
by kuramae2010 | 2012-01-25 00:52 | jazz | Comments(0)

Edward Simon /LA BIKINA , Adam Rogers /Art of the Invisible

何枚か気になる新譜(再発売含む)を仕入れました。
まだ1、2度しか聴いていませんが、ホーヴァール・ステューべ(g)リーダー作、アリ・ホーニグ(ds)スモールLive、ヨナス・クルハマー(ts)ビッグバンドは聴き応えがある作品!!他etc...梅雨の時期ということもありちょっと奮発。
d0157552_23143730.jpg




Edward Simon / LA BIKINA / Recorded

ヴェネズエラ出身のエドワード・サイモン(p)の6月に発売された新譜(再発売?)です。
数日前にDUの平置で山積み・・・

このアルバムはメンバーが強力でマーク・ターナー(ts)とデヴィッド・ビニー(as)、アダム・クルーズ(ds)が参加。クインテット構成でありながら、しっかりとエドワード・サイモンの個性が光ってます。対象物の中だけが青白く燃え広がるようなピアノという感じで、ひき込まれ度は楽しい。
・・・メンツがすごい1枚。

曲はオリジナル半分、他半分ほどで、「La Bikina」、「Quinta Anauco」、「El Manisero」は新鮮に聴こえます。アルバムタイトルにもなった、La Bikinaの演奏はコンポーザとしての凄さも感じさせ、各人が際立つ構成が見事です。なかなかの名曲。

やはり、エドワード・サイモンは後ろに周ったときに各プレーヤーのソロを引き立たせる技、引き出しが多彩です。NY55(?)とラテンの血も混ざった密度ある1枚。


d0157552_23182018.jpgEdward Simon / LA BIKINA / Recorded
Edward Simon(p)
Mark Turner(ts) , David Binney(as)
Diego Urcola(tp)
Ben Street(b)
Adam Cruz(ds,steel ds,per) ,Pernel Saturnino(per)
Milton Cardona(vo,bata ds)





Adam Rogers / Art of the Invisible / Criss Cross
アダム・ロジャースとエドワード・サイモンのオーソドックスな演奏を聴きたくて旧譜を購入。。
このアルバムは、クリス・クロス盤初期のリーダー作です。地味だという評価もありますが、
先日の「ALLEGORY」からクリス・ポッター(ts)がいない分、2人の絡み密度が濃いものかと思います。
職人肌のギタリストらしく、ツボを押さえた1枚。

d0157552_23184332.jpg
Adam Rogers / Art of the Invisible / Criss Cross
Adam Rogers(g)
Edward Simon(p)
Scott Colley(b)
Clarence Penn(ds)
Recorded in Brooklyn,December 13,2001
by kuramae2010 | 2011-06-08 23:33 | jazz | Comments(2)

Adam Rogers / Allegory , Omer Avital / "Live at Smalls"

d0157552_2354627.jpg




Adam Rogers / Allegory/ Criss Cross

Criss Crossレーベルのアダム・ロジャース(g)の旧譜です。他は「SIGHT」しかなかったので。。。アダム・ロージャースは、マイケル・ブレッカーグループで数度、日本にも来日しています。2002年の「アレゴリー」は全10曲(9曲)アダム・ロジャースのオリジナル曲の構成。アルバム通してギターは太目な音色なのに、、低体温で内側へと浸透していく感じが印象的で、クリス・ポッターの熱目なブローとの対比が新鮮です。


d0157552_23113095.jpg1.Confluence好きな曲想で、息が合ったギターとテナー。エドワード・サイモンのピアノをキーに拍子が変化していくアレンジがクール。アダム・ロジャースのソロへのきっかけ、その後の展開が見事です。職人です

3.Was テーマを反復しながら熱くなるクリス・ポッターにあくまでクールに呼応していくアダム・ロジャースのフレーズがかぶり、超モーダルなピアノ。かっこ良すぎ。

4.Genghis とっつき難い旋律、、、ギターの音色がガラッと変わります。ハードブローするクリポタ。。。エレピです。エドワード・サイモン(p)とのセッションが聴きたくて購入しましたが、ここまで割と地味なバックに終始。

6.Orpheus エドワード・サイモンのピアノとアダム・ロジャースの現代?NYジャズ系な内向きフレーズを織りかさねてから、変拍子の多様から疾走感が出てくる好演奏。中盤からのピアノソロ、、、音がいい。

8.Cleveland クリス・ポッターとのユニゾンからはじまるエキセントリックなテーマからシーツ・オブ・ギターサウンドwなど、流石にご指名が多いと言われる多彩な技をもったギタリスト。

9.Purpose 4ビートでコンテンポラリーに疾走する太目のギター、ドラム。サイモンのアクセントから圧巻なソロへと展開する冴えるピアノ。・・・ここでも体温高目なクリス・ポッター。






デスクトップオデオで聴きましたが、全曲わりと難曲だなあと思います。



d0157552_23214584.jpgAdam Rogers / Allegory/ Criss Cross
Adam Rogers(g)
Chris Potter(ts)
Edward Simon(p)
Scott Colley(b)
Clarence Penn(ds)
リリース:2003年9月


youtube
Adam Rogers @ 55 Bar 7/16/10 - Dice
Casa del Jazz - "Reputation and Character"
Michael Brecker&Adam Rogers 4tet - Song For Bilbao [2003]

Pere - Edward Simon Trio
Edward Simon - "Double Rainbow" 2010





Omer Avital / "Live at Smalls"
スモールライブからはこの1枚です。CDの「Play」ボタンを押して数十秒でやられる人もいるんじゃないかと思われます。

ごっついサウンド。これぞ漢ぞ!という骨太JAZZサウンド。
15インチダブルウーファーでフルサイズの金属ホーンにでっかいドライバーみたいな世界ですw
音場や情報量が云々、よりまず、ともかく再生エネルギーが必要なLIVE盤?
演奏は以前、youtubeで聴いたものかと思います。。
大陸的な大らかさ、旅をイメージしてしました。意識を「外」へと働きかけるような作用
があるように感じます。後半はじっくりと聴かせる構成です。


d0157552_23143243.jpgOmer Avital "Live at Smalls"

Omer Avital(b)
Avishai Cohen(tp)
Joel Frahm (ts)
Jason Lindner(p)
Johnathan Blake(ds)


Producer: SPIKE WILNER
Recorded on April 5th & 6th, 2010 live at SMALLS JAZZ CLUB, GREENWICH VILLAGE, NYC.
by kuramae2010 | 2011-05-24 23:24 | jazz | Comments(0)