うつし世は夢、夜の夢こそまこと

タグ:Aaron Goldberg ( 4 ) タグの人気記事

Fabio Zeppetella / Handmade / jando music - Via Veneto Jazz

d0157552_22572349.jpgFabio Zeppetella / Handmade / jando music - Via Veneto Jazz
Fabio Zeppetella (g)
Aaron Goldberg (p)
Matt Penman (b)
Greg Hutchinson (ds)
リリース:2012.5




いつ購入したのか忘れましたが、イタリアのギタリスト、Fabio Zeppetellaのアメリカン・クァルテット盤。
参加メンバーに魅せられて仕入れました。

普段仕入れた盤で、今イチなのはログらないんですが、たまには私的な『NG盤』です。


Fabio Zeppetella / Handmade
歯車が噛み合ってないのか、参加メンバーから想像していた演奏とはかけ離れてる。
冒頭数曲のオリジナル曲もコンポジションも凡庸・・・狙いなのかわかりません。




で、・・・ナニかがおかしい。


遠近感のギミック?全体の空気感がヌメッとしてて、ギターがデカすぎる上、リバーブがかかるのでキモいw
さらにドラムスのミックスも奇妙で、マルチマイクなんだと思いますが、タムが遠くて空気感だして
しかも、音がヌルい。Aaron Goldbergのピアノも遠くてサイズ感が奇妙。。。フルレンジのCSLⅡで聴いてもわからない感性です。

コルトレーンの「Moment’s Notice」でも、このメンツじゃなくてもいい感ぢ^^ 2012年のジャズとしてはなにかのっぺりと寂しい。ベースのMatt Penmanは、Kurt RosenwinkelやMike Morenoとも共演してますが、比べてはいけません。さらにPenmanはNir Felder盤にも参加してましたが、あの盤の惜しさ、未完の原石とも根本的にちがいます。
かと言って、Wolfgang MuthspielやJohn Abercrombie、Tobias Sjogren、Ulf Wakenius らの一聴でわかる個性も希薄・・・過去にFabio Zeppetella / Jobim Variations も聴いていたみたいですが、記憶の彼方。
僕には向いてない方、というコトなんだと思います。


演奏曲
1. Ubi
2. Choro Pra Gianlu
3. Via Manzoni 7
4. Reunion
5. Across The City
6. The silence of the mind
7. How Deep
8. Moment’s Notice (John Coltrane)
9. Waltz For Lu
by kuramae2010 | 2014-03-16 23:01 | jazz | Comments(0)

Matt Penman / The Unquiet / Fresh Sound New Talent

d0157552_162448.jpgMatt Penman / The Unquiet / Fresh Sound New Talent
Matt Penman (b)
Kurt Rosenwinkel (g)
Chris Cheek (ts, ss)
Aaron Goldberg (p,fender rhodes)
Jeff Ballard (d)
リリース:2002.1



昨年購入した「 James Farm 」にも参加していたベーシスト、マット・ペンマン2002年のリーダー盤。
この盤は、購入してしばらく眠っていたので、なんで仕入れたのか不明のまま聴きました。

ギターがカート・ローゼンウィンケルそっくりなサウンド!
2曲目「 Treehugger 」とかマーク・ターナーっぽいコンポジションだとか思いながら、気だるさ加減がよいので、ジャケットの薄い印字を見ると、もろカート・ローゼンウィンケル参加でした(恥)。かなり不気味なアートワークでしたが参加したメンツ買い、ということを思い出しました。

アルバムタイトル曲「 The Unquiet 」 10分超の演奏。ダークでマイナーなクリス・チークの音とカート・ローゼンウィンケルの浮遊系ギターのユニゾンからはじまり、アーロン・ゴールドバーグの「力」が入ったソロが聴きどころ。。これはいいソロだし、リズムの躍動感もダイナミック。後半の全奏も迫力あります。
6曲目「Wanton Ways」デヴィッド・ビニーっぽい雰囲気も感じさせる曲想。ラスト曲「Desert Storm」4分弱の演奏ですが、疾走感あるサウンドでN.Y.Cのカウボーイみたいな駆け抜け感。


一聴目、1,2度ソロをとったりしてましたがマット・ペンマンの主張がほとんどわかりませんでした。。。
なので?ライナーにも記載がなかったので不明ですが、たぶん全曲マット・ペンマンのオリジナルで、統一感あるコンポジションが彼の仕事になるんでしょうか。クリス・チークとカート・ローゼンウィンケルのハーモニーやカート、アーロン・ゴールドバーグのソロにスポットライトがあたった2002年ブルックリン・サウンド。

「 James Farm 」をじっくり聴くとまたちがうイメージになるかもしれません。。
by kuramae2010 | 2012-02-11 01:25 | jazz | Comments(0)

joris Roelofs / Live at the Bimhuis / JJR RECORDS

d0157552_2255586.jpgJoris Roelofs / Live at the Bimhuis / JJR RECORDS
joris Roelofs (as,bcl)
Gregory Hutchinson (ds)
Aaron Goldberg (p)
Joe Sanders (ds)

リリース:2011.10



ラース・ディートリッヒやアリ・ホーニグなどの動画を探していると、よく右メニューに出てくるヨリス・ルーロスの新譜(ライブ盤)。パッケージははじめて購入します。多々あるライブ音源を聴いてると、巧いけど懐かしい音がするアルト奏者。かと思えば、瞬間、デヴィッド・ビニー?と思うような55サウンドなど、現代的な柔軟性と面白さが混在する魅力があります。でも根っこはバリバリのビ・パッパーじゃないかな??と思わせます。

本作の録音は2010年11月15日、アムステルダムのビッムハウス。ある種のコアな場所です。
この人のライブ音源はyoutubeなどにかなり上がっていて、
Jesse van Ruller, Joris Roelofs en Clemens van der Feen spelen Cow Daisy in het Bimhuis
Joris Roelofs Quartet feat. Ari Hoenig, Aaron Goldberg, Johannes Weidenmüller
Jesse van Ruller,Clemens van der Feen ,Joris Roelofs
以前も「Lower Space」のライブリンクを張った記憶がありますが、アルトだけじゃなく図太いバスクラリネットも吹きます。

ちなみに今晩も(12月2日)20:30~ビッムハウスでライブを演ったようです。メンツは下記。。
JORIS ROELOFS TRIO FEAT. MATT PENMAN & TED POOR
PRESENTATION CD LIVE AT THE BIMHUIS
http://bimhuis.com/home

来週の週末はAtomicが出演。来年早々にはヴィジァイ・アイヤー、グレチェン・パーラトも出演予定の羨ましい箱。。。
by kuramae2010 | 2011-12-02 23:21 | jazz | Comments(0)

 Daniel Zamir Shai Maestro  <独立>

Shai Maestro  Daniel Zamir
Daniel Zamir, Shai Maestro, Mark Guiliana and Hagai Cohen Milo - Shir Hashomer Part 1
Daniel Zamir, Shai Maestro, Mark Guiliana and Hagai Cohen Milo - Shir Hashomer Part 2

このyoutubeのマエストロの演奏は、グループとはどっか違う方向へと流れていく感じがします。ソロを聴いてると彼がクラシックピアノをながくやっていたことや影響を受けたミュージシャンが伝わってきます。
・・・方向のズレ<Part 2>からのプレイはプレーヤー的には勝負かな?この流れの中であえて単純に繰り返すローテンションで推進力がない左手のヴォイシング(素人耳・知識だけで聴き取れてないのかも)、たぶん綺麗なコード展開と流麗なフレーズがいつまでも続いてしまう。。。マエストロはどこ行きたいんだろう?と感じながら聴いてると、ようやく遥か向こう側にあったテーマを繊細なアイデアで提示する手法にリスナー的にはゾクッとします。さらに一気にこの演奏の世界観に戻すことで劇的な沸点が訪れます。激しくはないが印象深い転結。このユニットのレギュラーピアニストOmri morとは正反対のスタイルで、困難なアプローチでソロを展開するなと。これはアリ・ホーニグのグループでも感じたところ。こういう反作用はマエストロの強みになっていけばいいなと思う、末楽しみなピアニスト。



Daniel Zamir, Shai Maestro, Mark Guiliana and Hagai Cohen Milo - 5 Madregot Baneshama


Daniel Zamir(ss)
Shai Maestro(p)
Hagai Cohen Milo(b)
Mark Guiliana (ds)

Tel Aviv 12/6/2011



youtube
Daniel Zamir - שיר השומר - דניאל זמיר
ניאל זמיר, ניתאי הרשקוביץ ואיתמר דוארי 2011.3


דניאל זמיר ואביתר בנאי - שיר געגוע לכא
ボーカルも歌ってるパッケージ音源。。。いろいろぐぐるとどんどん歌ってます。

‎ Israeli Groove- AllStar Sextet & Ravid Kahalani
オマー・アヴィタル&ダニエルザミールですが、癖のあるボーカリスト??
Daniel Zamir, Omer Avital , Avi Lebovich, Omri Mor, Aviv Cohen & Ravid Kahalani (singing, clapping, moving...)
Tel Aviv, 18 Jan. 2010. 途中でend

The Israeli AllStar Sextet- poem 54 (D. Zamir)
Giants at work : Daniel Zamir, Omer Avital ,
Itamar Borochov, Avi Lebovich, Omri Mor & Aviv Cohen.
Tel Aviv, Nov. 2009


Amos Hoffman Quartet & Avishai Cohen, Tel - Aviv
Cool middle-eastern vibes with Amos Hoffman, Ilan Salem (flute), Gilad Abro(bass), Amir Bresler (drums) & Avishai Cohen (as the sweetest Kinder Surprise of the evening), all tasting Brown Sugar @ Shablul Jazz Club, Jan. 2010





Aaron Goldberg Trio - Lambada de Serpente - San Vito Jazz'10

Aaron Goldberg Trio
Aaron Goldberg ( piano )
Omer Avital (bass)
Gregory Hutchinson ( drums )
07.30.2010
ベースがオリジナルのアルコじゃないパターン・・・
by kuramae2010 | 2011-09-06 01:58 | jazz | Comments(0)