うつし世は夢、夜の夢こそまこと

こんなイメージ、どんなイメージ?

どんな住空間にしたいか?

いろいろ考えているが、いい意味で「出来上がっていない空間」、『・・・途中な空間』にしたい、
というよりそうなってもいいぐらいの予算しかなし!
良く言えばリノベーションした新品です的な匂いではなく、ザクっとした空気感、ザラっとする質感。
d0157552_1383464.jpg

でも、かっこいいコンクリート剥き出しではなくて。
d0157552_12583386.jpg

でも、自然素材であったかな雰囲気でもなくて。

いろいろイメージしているが、まとまらないままOUTPUTしても面白そう。

いい意味で、暮らしながら合わせていける、融通さを残す。
暮らしてみないと分からないことが多いはず。
これまで4度リフォームしたので、そんな気分です。カタメない。

<現状>
・40畳程と6畳大の着替えスペース→不便
・水周りアウト!      →昭和な水周り
・4台のビルトインエアコン →エコじゃない
・ビルクオリティの躯体   →分譲マンションより格段にいい??
・眺望わりと良い      →これは不変
・予算は極小!       
# by kuramae2010 | 2010-04-29 13:07 | image | Comments(0)

江戸の粋、今の覇気~蔵前・柳橋~

d0157552_12411768.jpg

今からたぶん3百年ぐらい前のこの辺は、
艶っぽく、風流で、豪奢な町だったんだろう。そんなことを想像させる料亭や
町の名残がポツン、ポツンと遺されている。

平日はサラリーマンでごった返す。休日はシーンと静まり返る。
昼間人口と夜間人口のすごい差・・・
人の緩急の激しさが今はチグハグな街として映る。

江戸時代、浅草蔵前は60以上の米蔵が建ち並び、
江戸経済とカルチャーに多大なパワーを発揮していた
札差が肩で風をきる町。

神田川にかかる柳橋から浅草蔵前までは、当代きっての柳橋花柳界。
一流の芸がないとお座敷に上がれないとまで言われた、当時の最先端?!
最近では新しいArtギャラリーが東日本橋~柳橋界隈に出来ている。
セントラル・アート・イーストとかTOKYOアート・イーストとか言うらしい。
ビルの近所にもギャラリーがいくつかある。

そんなエリアの古いビルの事務所を
契約から48日間で住宅とするまでのメモブログ。

# by kuramae2010 | 2010-04-29 12:42 | | Comments(1)