うつし世は夢、夜の夢こそまこと

カテゴリ:image( 5 )

George Nelson for Herman Miller

d0157552_071519.jpg


d0157552_07358.jpg



ここ数ヶ月これまで20年ほど使っていた椅子やテーブルなどをHerman Millerのものに変えてんですが、
国内ではサイドボードがほぼありません。

d0157552_039317.jpg


d0157552_0393034.jpg

George NelsonがHerman Millerで活動していた頃、1955年からのヴィンテージボードですが
ローズウッド仕上げでソソられるブツです。目黒通り沿いの家具屋とかでは見かけたことがない。
『脚』の佇まいや取っ手のシェイプがナイスですねw
時代によってストレートなものに変わったりしてますが、やっぱりこの脚がカッコいい。

Alvin LustigデザインのJBLと合わせると雰囲気あり♪♪


下記は「Nelson Thin Edge Buffet」 のブラジリアン紫檀仕上げで1万ドル.....
ここまで来るとエグい仕上げですが、ローズウッド仕上げは楚々とした雰囲気。

d0157552_0272969.jpg


d0157552_0275923.jpg


d0157552_0293096.jpg




復刻版もあるらしくハーマンミラー・ストアで購入できます。




d0157552_0144215.jpg

by kuramae2010 | 2015-06-16 00:36 | image | Comments(0)

才能

それは、見た瞬間から生命力や懐かしさに溢れていた。
ギャラリーの1画にあった、若き才能の造形物。


d0157552_1318955.jpg


20代前半の陶芸家が作った造形物達がある一画は、人の記憶なんかで満ちていた。
彼は音楽からインスピレーションを受け作っているらしい。

なぜかウチの近所にはギャラリーが多い。そのせいかたまに入る。
若き才能に触れると刺激になる。普段とまったく違うところの脳が喜ぶ。
PCやキカイを通じて聴く音楽も似たようなことなんだろう。


最近、やっとマルチアンプの設定を触らなくなった。
音楽に合わせて10個ぐらいに絞ったファイルから呼び出すだけ。
僕の脳は器用じゃないのでキカイが気になるようだと音楽どころではなくなる。
・・・気になることもあるけど。
d0157552_1310594.jpg




陶芸アーティスト:志村岳哉
作品つくりに常に良いイマジネーションを与えてくれるのは音楽です。
価値観は人それぞれですが、良い音楽というのはヒューマンな温かみがあり、
人の心を豊かにしてくれると思います。
型にはまらず自分の美しいと感じたものを表現する。
これからも僕にとって創造と音楽は切っても切りはなせいないものになるでしょう。

汐花
by kuramae2010 | 2010-12-25 13:55 | image | Comments(4)

ロボットなキッチン  Boxetti

d0157552_2246134.jpg
Boxetti のキッチンユニット。ちょっと近未来なイメージ、、、
d0157552_22381583.jpg

でも使いづらそう。でも男子にウケそうな魅力的なガンダムなフォルム
d0157552_2238301.jpg

ガバッと、開口するらしい、真っ赤なシンク!
d0157552_22391492.jpg

冷蔵庫もビルトイン!
d0157552_22425728.jpg


白という色が映えるコンセプト。
d0157552_22393929.jpg

by kuramae2010 | 2010-06-17 22:42 | image | Comments(0)

デザイン力!

なんともアタマの柔らかい家具。

d0157552_147547.jpg


使わないときは平らに。使うときは使い手の自由に。

これまでフローリングで過ごすことが多かったので自宅には
ソファやテーブルなどが普通にある。

『机に向かう』『ごはんを食べる?』など椅子に座る姿勢は本来、何かをする時の
姿勢かもしれない。家にある15年モノの革ソファ達でダラリとできない。

こんな床は面白い。
日本人のライフスタイルを今様にデザインし直した様なデザイン力!
デザインの本質的なものを感じる。

d0157552_1481266.jpg

d0157552_1483512.jpg

京都工芸大学の学生がデザインしたらしい。



オランダのデザイナーのものと思われるソファ。
d0157552_14321896.jpg

d0157552_14323837.jpg

自由だ・・・
by kuramae2010 | 2010-06-12 14:11 | image | Comments(0)

こんなイメージ、どんなイメージ?

どんな住空間にしたいか?

いろいろ考えているが、いい意味で「出来上がっていない空間」、『・・・途中な空間』にしたい、
というよりそうなってもいいぐらいの予算しかなし!
良く言えばリノベーションした新品です的な匂いではなく、ザクっとした空気感、ザラっとする質感。
d0157552_1383464.jpg

でも、かっこいいコンクリート剥き出しではなくて。
d0157552_12583386.jpg

でも、自然素材であったかな雰囲気でもなくて。

いろいろイメージしているが、まとまらないままOUTPUTしても面白そう。

いい意味で、暮らしながら合わせていける、融通さを残す。
暮らしてみないと分からないことが多いはず。
これまで4度リフォームしたので、そんな気分です。カタメない。

<現状>
・40畳程と6畳大の着替えスペース→不便
・水周りアウト!      →昭和な水周り
・4台のビルトインエアコン →エコじゃない
・ビルクオリティの躯体   →分譲マンションより格段にいい??
・眺望わりと良い      →これは不変
・予算は極小!       
by kuramae2010 | 2010-04-29 13:07 | image | Comments(0)