うつし世は夢、夜の夢こそまこと

カテゴリ:music( 31 )

Tété / A la faveur de l'automne / Epic Europe

d0157552_21492746.jpgTété / A la faveur de l'automne / Epic Europe

EUから英国が脱退する事になりました。日本ではまさか!というニュースでしたが、
当然だという予測をしている方も多かったはず。
日本のニュースの滑稽さは自分のお金の事だけ、株価や円を報道していましたが、日本を一人の人として捉えると自分の財布の事情だけを一生懸命になってめちゃカッコ悪い!ぐ、ぐっと変わりますからw
昨年ヨーロッパの歴史を浅く広く勉強しただけでも、英国という国の成り立ちからして、グレートブリテンに誇りを持った人達の現状の窮屈さは許しがたい事だろう事は想像できます。よく今まで我慢していたと思います。

事の発端と象徴でもある、シリアの空撮を観て絶望しない人はいないはずで、知らない方は、これからも何も知らずに毎日の日々を齷齪してください。でも絶望するだけでは何も生まれないわけで、出来る事はあります。まずは知る事からです。自分にも問いかけつつ。。。

Tétéはナイジェリア、セネガル生まれのフランス人のシンガーソングライターです。
歌ものです。イギリス系ジャズマンのアルバムを紹介しようかと、入手していた盤を探したところ見つからなかったので、アフリカ系移民の彼です。メッセージ性も恋愛モノもいっぱいあります。政治や状況と、音楽を切り離さいと駄目でしょう、なんて、ことはかつての欧州王政か平和な国と錯覚している島国でし通用しない事で、今やちょい先が抜けおちた歌は世界第2位のタックスヘイブンしてる大企業をかかえる国のゴミのような広告かスマホゲームぐらいの価値しかないかなww
ラスト曲はBob Marleyの『Redemption Song』です。

d0157552_2252293.jpg


脱線しまくりますが、最近私の友人が起業しました。中東とパイプがあるのでビジネスを通じて両国の交流の一助になるようなビジネスモデルをつくるんだと思います。思いっきり自由に好きな事をやれば、いいと思います。ビジネスのサイズには関係なく個の喜ぶ顔までわかってコミットできる仕事であれば幸せです。
惰性でやったり、依存していると、それが表情や居ずまいに出ます。

自分自身もここ20年程はある会社の子会社や2つの法人でやっているので、ある種の依存状態からの脱却は良い事です。以前に起こした会社の事業等で5月から新しい事をやり始めたせいか、わりと忙しい状態ですが、ストレスは「0」です。以前ストレスがたまるとハイ状況云々と書きましたが、経営者へ奉仕するストレスではありません。あくまで「事」を収めるためのストレスでしたが、今はそれすらありません。

仕事は言葉の如く「事」に仕えることで「人」に仕えちゃうと、そこで使う側と使われる側という、数千年以上続いたシンプルで、抜け出せない構図にハマります。
欧米が先進しているかどうかは別してそれら先進国と後進国と言われる国々との図式も大きくはズレません。英国はその象徴的な国でもありました。EUという枠に収まる事を良しとしない大英エスタブリッシュメントの爺さん達が今だ多数いたという感じでしょうか。他国にも広がる可能性もありますので、中東の件は収まりを付ける様な動きが出てきそうですね。北アフリカも予断を許しませんけど、もしドイツ等の政権が変わりEU離脱という方向に進んだりすると50年タイムスリップしそうです。

AIが恐ろしスピードで浸透してきそうな勢いがありますので、10年先、20年先のビジネスは大きく変わっていそうですが、変わらない事もあります。現在30代から40代の方は、変わらない事への種を蒔いても遅くない時期です。ちょっと先の事だけしか見ていないと、現状はいつまでも現状のまま。
エッジがたった音楽と同じで先の事を、未来の今をグルーヴさせたいですね!
by kuramae2010 | 2016-07-01 22:57 | music | Comments(0)

Alysha Brilla / In My Head ・Womyn / JVC

d0157552_05353100.jpgAlysha Brilla/ In My Head ・Womyn / JVC
アコースティック・スウィングルーヴのプリンセス!
多国籍グルーヴをキュートに乗りこなす 「アリーシャ・ブリラ」 日本デビュー!

■タンザニア、インド、カナダのカルチャーをバック・グラウンドに持ち、ボブ・マーリーやエラ・フィッツジェラルド、ジルベルト・ジル、ジョニ・ミッチェルなどから音楽的影響を受けたと語るアリーシャ。ワールド・ミュージック、レゲエ、ジャズ、アフリカなど様々な音楽エッセンスをちりばめたキュートなポップスは本国カナダではエイミー・ワインハウスやネリー・ファータドの魂を受け継ぐアーティストと高評価!




上記はレーベル会社の引用ですが、アリーシャ・ブリラというミュージシャンのワールド・デビュー盤でしょうか。
全曲本人の作詞・作曲で、15歳頃からソウルバーやブルースクラブのジャムセッションに毎週出演していたという方。声質はフランスのZAZに似ているような感じ。父親がアフリカタンザニアで母上がヨーロッパ。一時期インドで暮らしていたという。インドでヨガ教師免許(流派とかは忘れました)を取得した人。

自然なルーツ彩色で元気になってしまう盤。本人インタビューも興味深いものでした。





収録曲
・ Womyn
・ Too Soon
・ Rescue
・ Never Gonna Get Me Back
・ Let Me Love You
・ Jenna
・ Immigrant
・ Two Shots
・ Sailor’s Wife
・ Nobody
・ Lifted
・ I Don’t Need The Stars
・ In My Head


d0157552_049063.jpg


ジャケ写の本人も良い感じ♪
ジャズボーカルのアルバムでも似たようなのがあった気がします。
by kuramae2010 | 2016-04-23 01:00 | music | Comments(0)

大移動の末の、7mの攻防

久しぶりのオーディオネタです。

そもそもの軽薄さは相変わらずなのですが、、、


Altec A5 他を置いていた棲み家は、数ヶ月前から
福島県で帰宅困難地域に指定され、移住してきた方の新たな生活の場となりました。
そもそも、いまだに自治体 本体が避難している状況。

・・・僕がグタグタやってる人生なんかと比べることすらできない、ことで

その経験は絶対に無駄ではないと信じるものです。



d0157552_051171.jpg


で、、大移動です。
A5のキモはアル中 仲間のK先生宅へ引き取られ、他にあった機器は自宅へ。。

自宅から1時間とは言え、なかなか行ける時間もなかったけど、、A5がいなくなると、その乾きたるや・・・


d0157552_05244.jpg


191だけしかなかった状況へジェネの15インチ、ちびっこいJBLなど混沌な状態へ。。
ちなみにスタジオモニターのジェネレックと191が醸す音場感は言うほど変わらなくもできたりするところが191の懐の深さ。


それでも、A5の喪失感は、意外と大きく、、、勢いでHARTSFIELDに手をだしてしまい。。
191とハーツがしばらく共存。。。
どちらもスピーカー間は少なくても6mは確保したい。できれば7m。。でも、2セットでは無理。


部屋の狭さや懐の軽さから、そうそうゆうちょに構えていられないので、断腸の思いでソフィア嬢、191、アンプ類をドナドナ・・・・

僕が言うのもアレですが、ハマッた時の191は演奏者の背景、人生までをも物語として
聴かせてるんじゃなかいという感覚に堕ちいる凄いもんです。

・・・はじめて来た時は野獣のような、、、という印象だったんですけど。


A5と191を彷彿とする、1台。JBL HARTSFIELD。 

ぶわーっと前に出てくるヤクザなスピーカー。
私的にスピーカー間が狭いと今イチですけど、、開けて入れてくと豹変してくる。

現在、気温が高くなったので、真空管パワーとかは休んで、
マッキンのコンポでしれーっと演ってます。あんまり音質とかは聴いてませんw 
でも相当にエグいところまで表現してくれてそうな気配。


・・・オーディオの機械について、音について、書くのはむつかしいですね
書くってむつかしいです^^
by kuramae2010 | 2015-06-30 00:54 | music | Comments(0)

David Oistrakh、Yasha Heifetz

クラシックには縁遠いのですが、同居人が良くかけているクラシックが
J.デュプレやYasha Heifetz、David Oistrakhというヒト達、他はよくわからないヒーリング系etc.。

ハイフェッツはロシア名でИо́сиф ("Яша") Ру́вимович Хе́йфец と書くらしいのです。
オイストラフはロシア名でДавид Фёдорович Ойстрах。お二方ともユダヤ系。

d0157552_118395.jpg


バッハの「Chaconne BWV 1004」は有名なヴァイオリン ソロ曲なんだと思いますが、
たくさんの方が弾いていて、演奏者によって面白いほどちがうんですねえ。

家にあるのがハイフェッツの1935年、37年録音のもので、これが真ん中に座って聴くと凄かった。
一音からして、凄いという演奏家(僕自身クラシックは無頓着・・)
David Oistrakhは「Vitali」のシャコンヌも。
一気にロシア・東欧の歴史の扉を開け、物語を垣間知るような空恐ろしいもの (妄想含む^^;

20代の頃、20世紀最後の年、ロシアで1ヶ月ほど仕事をした頃、ヒマな夜は、
仕事で一緒の中国人、ロシア人たちと劇場かホールへ出かけるんですが、そこらじゅうで演奏会があって、
有名無名問わず演奏会には子どもも、人なっつこいおばあちゃんも観にきていた。

表から外れた裏道や街並み、古い劇場の"裏"は時間が取り残されたような古めかしさと危ない香り^^
なかなか更けない夏の白々しい夜空と街並みは古えの趣きがあるものでした。


ヴァイオリンはそれこそ近くで聴くととても過激に聴こえるんですが、、
そこで弾いて居るような、、という形容はしますが、そこに居て、演奏者の弾く、その「楽器」の歴史が
感じられるという恐ろしさがありました(過去形--;;)。

同じソースを現代最強に近い、鬼S/N比でリアルなサウンドステージを誇るいくつかの
システムで聴かせてもらっても、物語の「も」も感じられませんが、
それは古い音源とのミスマッチなのか、他のなにかなのか。。

youtubeで並んで表示される「シャコンヌ」だけを聴くとパールマンという方の音が伸びやかで凄い演奏家。
アイザック・スターンという方も巧いっ。ヒラリー・ハーンという人はとても甘く、あまい。
ギドン・クレーメルはエキセントリックで、テンポが独特な感じですが巧い。

別曲でダヴィッド・オイストラフの演奏「Vitali」のシャコンヌもちょっと良い、ちょっとどころじゃないですけど。
同曲でハイフェッツとオイストラフを聴き比べると.............オイストラフの音も深いです。


d0157552_2131290.jpg



191でクラシックを聴くとすっごい説得力がありました。

・・・ただ僕自身はクラシックをほぼ聴かないので。
by kuramae2010 | 2015-05-26 22:26 | music | Comments(0)

Chilly Gonzales / Solo Piano ll / Gentle Threat / Beat Records

d0157552_0383850.jpgChilly Gonzales / Solo Piano ll / Gentle Threat / Beat Records

Chilly Gonzales(p)
リリース:2012.08.22






仏の奇才、Chilly Gonzalesのソロピアノ盤。
発売すぐに入手してました。

~紹介サイト引用~
フランスを代表する天才音楽家チリー・ゴンザレスは現在ピアニストとしてはもちろん、エレクトロ・ヒップホッパー、プロデューサー、ソングライター、映画プロデューサーと様々な肩書きを持ち、各所でその才能を発揮。第50回グラミー賞にノミネートされたファイストの『レット・イット・ダイ』やiPod nanoのCMに使用された同アーティストの楽曲”1,2,3,4”をプロデュース。さらにはジェーン・バーキン、ビョーク、ダフト・パンク、ドレイク、ジェイミー・リデル、ボーイズ・ノイズなど錚々たる、そして幅広いアーティストたちが彼の才能に惚れ込み、いくつもの驚くべきプロデュースやコラボレーションを実現してきた。



春の深い夜長に似合うピアノ・ソロ小品集。



演奏曲
1. White Keys
2. Kenaston
3. Minor Fantasy
4. Escher
5. Rideaux Lunaires
6. Nero’s Nocturne
7. Venitian Blinds
8. Evolving Doors
9. Epigram in E
10. Othello
11. Train of Thought
12. Wintermezzo
13. La Bulle
14. Papa Gavotte
15. White Litany





d0157552_0422577.jpg


春の夜も深いですが、オーディオの深みも相当に深い^^
その淵を興味本位で眺めると揺ら揺らしてしまってホント、駄目なヤツです。
by kuramae2010 | 2015-04-12 00:47 | music | Comments(0)

D'Angelo & The Vanguard / Black Messiah / RCA

d0157552_3271822.jpgD'Angelo & The Vanguard / Black Messiah / RCA
リリース:2014.12.14







D'Angelo、14年ぶりの新譜。国内では12月23日でした。
タイトルが過激なので『??』でしたが、本人の意図はちがうようです。
ちがうようですが、そのメッセージは尖ったもの。

その思いは5,60年代の一部の黒人ジャズマン達とあんまり変わらないというか、ミズーリ州での射殺事件のように何かあった時に、けっきょくのところ昔と変わってねぇーじゃんみたいなことから一層顕在化しちゃうんでしょうね。でも、そんなリアルな背景抜きでもゾクッとくるドープなサウンド。

たしかに、、一部始終がyoutubeで世界中にながれたミズーリ州の事件は、裁判も酷くて、裁判する陪審員も白人だらけで警官が無実に。重なってくると、そりゃあ『我慢しがたい』状況になるし、今でも変わってないよと諦めもする。昔ならテンションアゲアゲで混沌な即興で切り拓くような表現だったりしましたが(すべてがそうじゃないです)、現代だと、一歩退いて?じわーっと染み込んでくる表現が多いんでしょうか。彼が影響を受けたアーティストはジミ・ヘンドリックス、マーヴィン・ゲイ、マイルス・デイヴィス、ボブ・マーリー、カーティス・メイフィールド、JB、プリンス他。















演奏曲
side a
1. Ain't That Easy
2. 1000 Deaths
3. The Charade
4. Sugah Daddy
5. Really Love

side b
6. Back to the Future (Part I)
7. Till It's Done (Tutu)
8. Prayer
9. Betray My Heart
10. The Door
11. Back to the Future (Part II)
12. Another Life



この盤はリズムが、グル―ヴ感がどうしようもなくカッコエロいんですが、シズル感あるラヴソングもあったりして、これがかつてのニューソウルとプリンス系、ジャジーさ加減が融合してて、オッサンでもグッとくる仕上がりです。また録音からマスタリングまでヴィンテージ機材を使ったとかでオーディオ的にも図太くて面白い盤。

特にReally Love からB面終わりAnother Lifeまでがカッコいいです。このB面は<これまでの俺たちのブラック・ミュージックって、クールだろ>的なノリでまとめた感もあるんでしょうか。ふとグラスパーのBlueNote盤他を思い出した。

「Black Messiah」のカテゴリーはネオソウルとかHiphopですが、今どきな黒っぽさが濃厚に漂うSoul music。表面的な音やスタイルは違えど、魂には5,60年代の黒人ジャズマン達の血が流れてるなぁと感じたりします。


d0157552_23114715.jpg



セルフライナーノーツ
“ブラック・メサイア”は、アルバムに付けるものとしては、とんでもないタイトルだ。容易に誤解を招くであろうし、多くの人は宗教的な事を想像するだろう。人によっては俺が自分自身を“ブラック・メサイア=黒い救世主”と呼んでいるものと決めつけるかもしれない。だが、俺にとってこのタイトルは俺達みんなについての事を意味しているんだ。それはこの世界全体についての事でもあるし、俺達みんなが目指すことのできる考え方を示すものでもあるんだ。俺達は皆、“ブラック・メサイア”になれるように志すべきなんだ。

それは、“ファーガソン”(=ミズーリ州セントルイスにあるこの地で今年8月丸腰の黒人少年を群の警察官が射殺したことをきっかけに起った抗議デモ、暴動について言及している)や、“エジプト”(=’11年に起ったエジプト革命に言及している)や、“ウォール街を占拠せよ”(=’11年にウォール街で起こったアメリカ経済界、政界に対する一連の抗議運動を主催する団体名、またはその合言葉について言及している)その他、これ以上我慢がしがたい状況に対して変化を求めるべく決起している全ての場所の全ての人々についての事なんだ。それは一人のカリスマ性のあるリーダーを称賛するということではなくて、大勢のそういった人々を讃えるということなんだ。このアルバムの全曲が政治的メッセージ色の強いものではないけれど(多くの曲がそうではあるけれども)、このアルバムを“ブラック・メサイア”と呼ぶことがこれらの曲が一番しっくりくる風景を作りだしている。“ブラック・メサイア”は一人の人を示すものではない。それはまとめると、俺達みんながそのリーダーなんだという感覚を示すものなんだ。



d0157552_014215.jpg

by kuramae2010 | 2014-12-28 01:17 | music | Comments(0)

不覚。  JB'sBar

2次会は中洲より「ぜひ、ここへ!」と案内された、博多のJB'S BAR。
中洲の方が、めちゃめちゃ愉しいのですが、、、
この店周辺はダーク感もあって、以前も来た時も記憶にのこった入り口。

d0157552_233987.jpg


ファンキーなマスター(60代後半?)と奥様?がやってるSoul Barで、博多では有名らしいのです。
マスターと話してると、BlueNoteのメジャー盤もあったり、70年代のファンク・ジャズとかの盤など幅広い。
本来はJames Brown!そのJBも来店。ハンコックが来福した際は遊びに来ていた店だとか。


他のお客さんが帰った後、顔つきがビミョウに変わり(・・どす笑い入った感じ)で、
「聴きたいのある?」

お任せの選曲で「これぐらいの音量がいい」と、そこそこな音量。
ボリュームが小さい時はちょっとポコポコしてたJBL4560が絶妙にグルーヴしだす。傍らの奥様も嬉しそう。

ほとんどジャズしか聴かないと、のたまわってたので、
はじめは気を遣ったのか「Cool Struttin'」を手にされましたが、
それ、辞めてっ、1967年のバリバリなOtis Redding「Live in Europe / Rhino Flashback」。
選曲の妙というかブラス炸裂で心地イイ。


d0157552_22414839.jpg

tabelogから


他に○×に○△○など。。テンポがいいDJっぷりで、グルーヴ感たっぷりのイカしまくったsoul music。
まわす盤や選曲があまりにイイのでジャケ写をパチリ.......なぜか撮れてなくて、不覚。
帰ったらAmazonでポチろうと思ってたけど。

機材は4560や山本音響ホーン?ユニットは忘却。アンプがマッキンのナニか、
プレーヤーがテクニクスのDJ用にオルトフォンの何か?年季モノと新しさがミックスされたセット。

・・・にしても、マスターのノリ方、リズムのとり方が玄人はだしで、
さらに、ダンスがいぶし銀でこれまたカッコいい。。眩しい博多の夜は更けていきます。


JB'S BAR
住所 福岡市中央区渡辺通り2-3-35
25時まで 金・土28時まで
by kuramae2010 | 2014-12-05 00:48 | music | Comments(0)

Otis Redding / Otis Blue / Atlantic

d0157552_2336393.jpgOtis Redding / Otis Blue Sings Soul) / Atlantic
Otis Redding (vo)
Booker T. Jones, Isaac Hayes (key)
Steve Cropper (g)
Gene "Bowlegs" Miller*, Wayne Jackson (tp)
Floyd Newman(sax)
Andrew Love (sax)

Donald "Duck" Dunn (b)
Al Jackson, Jr.(ds)
Earl Sims (Vo)
リリース:1965.9.15



Otis Reddingの「Live in Europe 」を出張先の福岡で聴いて、あまりに良かったので仕入れた盤。
オリジナルが3曲でSam Cooke曲が3曲入ってます。オマージュでBlueなのかな。

収録からおよそ半世紀。
曲は誰もがどこかで聴いたことがあると思います。
スタイルも何もかもが古くさいのかもしれませんが、、、
「Down In The Valley」の節まわしとか絶品。

「I've Been Loving You Too Long」 、「You Don't Miss Your Water」も
乾いた時に沁みてきます。
スピーカーの真ん中でぼっーとしてるとグッと腑に落ちてくる声。


d0157552_23362472.jpg



演奏曲
1. Ole Man Trouble
2. Respect (Single/LP Version)
3. Change Gonna Come
4. Down In The Valley
5. I've Been Loving You Too Long (Single/LP Version)
6. Shake (LP Version)
7. My Girl
8. Wonderful World
9. Rock Me Baby
10. Satisfaction [I Can't Get No] (LP Version)
11. You Don't Miss Your Water
by kuramae2010 | 2014-09-04 00:02 | music | Comments(0)

Young Disciples / Road to Freedom / Talkin' Loud

d0157552_2322519.jpg



先日、22,3年ぶりに渋谷の百軒店でバイトしていた店にあった
AltecやGarrard401とかと再会。

いまは四谷にあるバー?パフォーマンススペースかな、四谷茶会記という場所のオーナーさんが渋谷の店を譲り受けて鳴らしている。

夜深かったので佇まいだけのつもりが、粋なはからいで爆音で回して頂き感謝。
張りのある懐かしい音。元気に鳴っているコトに感慨一入。

鳴らしてくれた盤は、高校の頃に背伸びして買った「Meets The Rhythm Section 」。
Art Pepperのアルトを生で聴いた人がどんだけ現存しているかわかんないですが、蒼さ張るいい音だった。

入手した時は既にレガシーな「Art Pepper」っていう響きからしてシビれたw 
なんせ「アートペッパー」です。俯き加減の写真がイカしてるっていうか...

カラオケみたいに真似したくなり、1曲目のテーマ~ソロは中古のオンボロなヤナギサワでど下手でグタグタながらほぼ真似が出来た記憶。


d0157552_23321894.jpg




その頃に聴いてたUKソウルYoung Disciplesの「Road to Freedom」。
レーベルはGilles PetersonのTalkin' Loud。
これも、懐かしい


d0157552_23401646.jpgYoung Disciples / Road to Freedom / Talkin' Loud
Carleen Anderson (key,vo)
MC Mell'O' (rap)
Femi Williams (per, drum programming)




M.C. Bellow (rap)
Maceo Parker (as)
Pee Wee Ellis (ts)
Phil Hudson (g)
K-Gee (scratching, rap)
Masta Ace (rap)
Marc Nelson (og, b-g,g, scratching, melodica, beats)
Spry (per)
Michael Talbot (p, key, clv, Moog syn)
Fred Wesley (tb)
Maxton G. Beesley, Jr.(ds)
Steve White (ds)
リリース:1991~1992


百軒店の裏路地を抜けてくとすぐにあった、ハンズ対面の古いタワレコで入手。
Talkin' Loud盤はカッコよかった。で、つい引っ張り出して聴いてますが、なかなか


CD復刻盤
演奏曲
1. Get Yourself Together
2. Apparently Nothin'
3. Funky Yeh Funki (Mek It)
4. Talkin' What I Feel
5. All I Have
6. Move On
7. As We Come (To Be)
8. Step Right On
9. Freedom Suite
  freedom
  wanting
  to be free
10. Young Disciples Theme
by kuramae2010 | 2014-07-08 23:48 | music | Comments(0)

Bobby Womack / The Bravest Man in the Universe / Xl Recordings

d0157552_2335410.jpg




Bobby Womack..............................

Soul Legend Bobby Womack Dead at 70
RollingStone

28.june.2014. He passed away.
May your soul rest in peace.





出かけた先で知ったニュースで、あまり健康状態がよくないとは
見聞きしてましたが、、ショック。

18年ぶりのアルバム「The Bravest Man in the Universe」 は自宅や他でも聴けるようにしている盤。








ボロボロでてきて止まんない







d0157552_2218980.jpgBobby Womack / The Bravest Man in the Universe / Xl Recordings
Bobby Womack (vo,g)
Damon Albarn (vocal, piano, guitar, omnichord, bass, syn,composer)
Fatoumata Diawara (vo) track 10
Gil Scott-Heron (vo)Sampled
Kwes (Additional production) track 5
Ana Del Rey(vo) track 4

Richard Russell (drum programming, MIDI,drum machine,samples,various)
Harold Payne (Additional production)
リリース:2012.6.8

Produce
Damon Albarn
Richard Russell





演奏曲
1. The Bravest Man in the Universe
2. Please Forgive My Heart
3. Deep River
4. Dayglo Reflection (feat. Lana Del Rey)
5. Whatever Happened to the Times
6. Stupid Introlude (feat. Gil Scott-Heron)
7. Stupid
8. If There wasn't Something There
9 Love is Gonna Lift You Up
10. Nothin' Can Save Ya (feat. Fatouma Diawara)
11. Jubilee (Don't Let Nobody Turn You Around)







Bobby Womack at Glastonbury 2013 Full Resolution

http://bobbywomack.com/
by kuramae2010 | 2014-06-28 23:54 | music | Comments(0)